日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


こうした状況を受けて、労働省では、働く人のメンタルヘルス対策を企業に要望するために、「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」を発表しています。この中で導入することが望ましい4つのケアとして、

・労働者自身による「セルフケア」

・管理監督者による「ラインによるケア」

・事業場内の健康管理担当者による「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」

・事業場外の専門家による「事業場外資源によるケア」

を挙げています。

このうち、管理監督者による「ラインによるケア」は、上司が部下に対して心のケアの面で配慮をするというものですが、この取り組みが職場でのメンタルケアにおいては、かぎを握っているといえます。職場で労働者の心のケアをするには、毎日接している直属の上司がかかわるのが一番自然であり、一番対応もしやすいからです。

普段から、自分の部下が働き過ぎではないか、心の問題を抱えていないかなどということに気をつけながら、コミュニケーションを図っていき、もし何らかの問題を抱えているようであれば、早期発見、早期対処につなげるということが重要となっています。

このようなメンタルケアという観点でもカウンセリング・マインドの必要性はますます増してきていると言えます。

 

(7) 一人一人を尊重するのがカウンセリング・マインド

ところが、ここで気をつけなければならないことがあります。それは、前述のようにストレスフルな環境になったことによって、労働者がみな心理的にパワーダウンするようになったと思い込んでしまう危険性があるということです。確かに、「環境の激変→働く人が心理的に苦しくなる」という構図はあるのですが、短絡的に決めつけてしまっては、職場におけるカウンセリング・マインドは成功しません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から