日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?カウンセリング・マインドの育て方?

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


特に、職場では、人の話を聞かないことによるトラブルがたくさん生じています。

日本には、「あうんの呼吸」という言葉があり、「できるだけ言語にしないで分かりあえることがよいことだ」という価値観もありますが、ときにはそれがトラブルや誤解を生んでいます。

上司が部下に「あれ、やっといてくれ」と言い、部下は「ああ、あれですね」といって受ける。ところが、上司の意図していたことと部下の受け取ったことが違っていたために、数日後に上司が激怒。そこで両者の人間関係が悪化し始めるというようなことも起こりがちです。

「あうんの呼吸」というのは、重要なコミュニケーション法の一つであり、親密な人どうしの間では十分に機能するコミュニケーション方法ではありますが、だれに対してもこのコミュニケーション法を取れるわけではありません。人はみな、自分の価値観で相手の言ったことを受け取ろうとする傾向がありますから、お互いが違った価値観をもっている人の間では、「言いたいこと」と「受け取ったこと」が違うということはどうしても起こってしまいがちなのです。

立場や世代が違えば、当然のことながら、価値観や考え方も違ってくる可能性が高くなります。例えば、上司の側は、「仕事をする以上、残業するのは当たり前」と考えていても、部下のほうは「アフターファイブは自分の時間」と考えているかもしれません。こういう場合に、上司が一方的に自分の価値観を押し付けるようなコミュニケーションをとっていてはトラブルになってしまいます。逆に、部下のほうも、上司の意見を一切受け付けず、自分の意を通そうとするだけでは、トラブルを生んだり、自分の評価を下げてしまったりすることになります。

コミュニケーション・ギャップが生まれてしまうと、どちらにとっても不幸な結果を招いてしまう可能性があるのです。

また、職場における男性と女性の人間関係においても、これは当てはまります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
197,483

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?職場のストレスとメンタルヘルスを考える?
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?事例でみるメンタルヘルスへの対応?
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド?
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から