日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


セクシュアル・ハラスメントというものも、その主な原因は、男女間のコミュニケーション・ギャップと言われています。男性の側が、「女は男の補佐をするもの」という価値観をもっていて、それを一方的に女性に押し付けたりすれば、ハラスメント(嫌がらせ)が生じる可能性が高くなります。逆に、女性部下が男性上司から服装などの注意をされた場合に、就業規則に則った業務上の理由で注意を受けたのにもかかわらず、それをセクハラと誤解して受け取ってしまうようなケースも生じています。

これらは自分の価値観を中心に考えてしまい、相手の立場や価値観を認めあっていないために起こっているトラブルといえます。

いずれのケースの場合でも、お互いがまず先に相手の話を聞くということを心掛けていれば、相手の価値観も少しずつ分かるようになり、それが相手を理解するコミュニケーションヘとつながっていったはずです。相手と同じ価値観になるということは無理な話ですが、価値観の違いが分かっていれば、少なくとも無用な行き違いや誤解などは防ぐことができたはずなのです。

このような態度を日常から取り入れていけば、人間関係をよりよいものにしていくことも可能です。

 

(4) 社会構造の変化と働く人の心理

人間関係をよくするということは、昔からの普遍的なテーマです。それでは、なぜ今、改めて、カウンセリング・マインドの必要性が叫ばれているのでしょうか。

それは、社会構造の変化とも無縁ではありません。

ここ数年で、働く人のマインドは大きく変わってきました。それは、アメリカから始まったといってもよいでしょう。

アメリカは80年代に、経済的に苦しい時期を迎えました。80年代初頭には、企業倒産が多発し、失業率も10%に迫りました。半導体を中心とした大企業も、日本企業に押されて国際競争場面で苦戦中でした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から