日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(c) 磁気コンパスヘの影響

表示器には、種々の鉄系磁性体部品を使用しているので、磁気コンパスに影響を与える。表示部のケースには、それぞれ安全距離が明示されているが、これは磁気コンパスボウルの中心と、表示部ケースの最も近い部分までの許容された距離である。

本件については各レーダーメーカーと相談するとよい。装備後に磁気コンパスの自差修正を行うことになっている。

(d) サービススペース

サービススペースは、それぞれのレーダーの工事用図面に明記されているが、これは点検や保守のときの最低限必要な空間なので、可能な限り広くとった方がよい。

安定したと称される機械であっても、これは統計的な話であって、定期的な開放点検を実施しなければならないことは論をまたず、サービススペースを十分にとることは必要なことなのである。

 

2・3・3 送受信部

(1) 取付場所の選定

(a) 送受信部やそのケーブルからの漏えい電波が無線機器等の受信機に妨害を与えることがあるので、原則として無線室内に装備してはならない。やむを得ない場合には、対策を施した送受信部であるかどうかを、事前にメーカーに相談の上設置のこと。

(b) 表示器と同じように、高温、高湿の場所に設置してはならない。

(c) 放熱効果をよくするため、外気と遮断されているような部屋に設置してはいけない。

(d) 保守点検が容易な場所に設置すること。(階段の上などは避けること。)

(e) 導波管長を短くするためには、レーダーマストの真下か、なるべくその近くに設置するのが望ましい。

(f) 窓からの風が直接当たらない場所に設置した方がよい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
748位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
13,172

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から