日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


2. 朝倉町のまちづ<りの方向

 

(1) 生活空間のうるおいや都市住民のやすらぎとなる田園風景や風土、豊かな自然環境が残っている

耳納連山を借景とした水車、水田を中心とする田園風景をはじめ、北麓に拡がる斉明天皇ゆかりの史跡群や渓流、筑後川流域の豊かな自然環境などは景観資源としての評価も高い。このように豊かな自然景観が良好な状態で現在に受け継がれているのは、町土の約半分(48.1%)が農業振興地域農用地区域に指定されていることから、土地利用の制約により大規模・無秩序な開発、整備が行われなかったということが背景として考えられる。

また、旅行代理店のインタビューでは、「実働する水車のイメージをアップ」と「豊かな自然や史跡の活用」により、近年ブームとなっているウォーキングニーズや体験学習への可能性についての示唆があった。

 

(2) 豊かな自然を舞台にした様々な暮らしや産業(生業)がある

200年前から実働している水車による農業生産、筑後川の恵みによる酒づくり、大地の恵みによる蜂蜜づくりなど豊かな自然が人々の産業(生業)や生活の源となっている。

また、出荷量日本一を誇るねぎを中心に高い営農技術の蓄積がある。

 

(3) まちづくりへの参加意識、問題意識、目的意識をもった人々の存在

従来の組織の枠を飛び越え、今日的な課題に対し社会貢献的な活動をしたいと思っている人や、実際に組織化して積極的に活動を展開しているグループが既に存在している。

 

(4) 福岡都市住民の生活居住及び観光レクリエーションの受け皿としての可能性

福岡市からの交通利便性(車で60分)が高く、福岡都市圏の外延化(ベッドタウン化)が近隣(三輪町、夜須町)まで拡大してきており、福岡都市圏の生活居住地となりうる可能性がある。

今後の魅力的なまちづくりの展開により、近隣の秋月城址の甘木市、原鶴温泉の杷木町には訪れている年間100万人の観光客を吸引することが期待される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
897位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
10,000

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
6.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
7.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から