日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集

海洋科学技術センター

平成10年度

mokuji-1.gif

 

目    次

3. 深海地球ドリリング計画の概要

 

1. 生きている地球

2. なぜ海底を掘るのか?

3. これまでの深海掘削で何が分かったか?

4. これまでの深海掘削での限界は何か?

5. 新たな深海掘削の提案(深海地球ドリリング計画)

5.1 ライザー掘削とは?

5.2 深海地球ドリリング計画の歩み

5.3 深海地球ドリリング計画の目的

5.4 地球深部探査船の開発・運用・研究体制

5.5 社会における役割

 

(参考資料)

用語集

 

4. 深海地球ドリリング計画評価報告書

 

要 約

序 文

1. 深海地球ドリリング計画評価委員会の設置

1.1 深海地球ドリリング計画の経緯

1.2 大網的指針による評価

 

2. 評価の実施体制と方針

2.1 評価の実施体制

2.2 評価の観点

2.3 評価結果の扱い

2.4 評価結果等の公開

 

3. 評価内容

3.1 本計画についての確認事項

3.2 評価結果

3.3 検討の経緯及び補足事項

 

(評価委員会について)

資料4-1 深海地球ドリリング計画評価委員会の設置について

資料4-2 深海地球ドリリング計画評価委員会の委員構成等

資料4-3 審議の経緯

資料4-4 レビュアーの意見

 

Sean C.Solomon (全米地球物理連合会長、ワシントン・カーネギー研究所、地球電磁気学部門教授)<仮訳>

鳥羽良明(前日本海洋学会会長、東北大学名誉教授)

門田元(前微生物生態学会会長、京都大学名誉教授)

小松正幸(日本地質学会会長、愛媛大学理学部長)

石弘光(政府税制調査会特別委員、一橋大学経済学部教授)

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
513位
(28,943成果物中)

成果物アクセス数
17,780

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年7月8日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
9.OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から