日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


5.2 深海地球ドリリング計画の歩み

1959年に地殻とマントルの境界であるモホ面(モホロボチッチ境界面)への到達を目指した「モホール計画」が発表されて以来、カス1号からグローマーチャレンジャー号に引継がれ、1975年に米DSDP計画が国際共同プログラムIPOD計画に発展して日本(文部省海洋研)が参加。1985年に現在のジョイデスレゾリューション号によるODP計画が開始されています(図17)。

このような日本の取り組みを踏まえて、1990年海洋開発審議会第3号答申において新しい掘削船の開発を含む国際深海掘削計画への取り組みの強化がうたわれました。

海洋科学技術センターでは1990年にライザー掘削技術の研究に着手、1992年に要素技術開発の開始、1995年に全体システムの研究を開始、1998年に海底掘削システム試験機の製作を開始しています。

この間、ODPとの間では、1994年にODP執行委員会が日本のライザー掘削船構想を支持し、1996年にODP長期計画書でライザー掘削船と従来型科学掘削船の2船体制が明記されました。

 

014-1.gif

図17 深海地球ドリリング計画の歩み

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
550位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
18,348

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
9.OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から