日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「深海地球ドリリング計画フォーラム」予稿集

 事業名 海外における海洋科学技術情報の収集
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


資料4-3

 

審議の経緯

 

深海地球ドリリング計画評価準備会(7/21)

・計画の概要説明

・自己評価結果の説明

 

第1回深海地球ドリリング計画評価委員会(8/11)

・技術的妥当性

・科学的、社会的意義と緊急性(気候と地震を中心に)

・国際的な検討状況

・検討状況の報告について

・評価フォーム及びレビュアー案

 

航空電子等技術審議会総会(8/27、検討状況の報告)

 

第2回深海地球ドリリング計画評価委員会(9/28)

・科学的意義についての追加説明

気候変動と深海掘削

多田隆治 東大大学院理学研究科地質学専攻助教授

全地球ダイナミクス

木川栄一 JAMSTEC深海研究部研究副主幹

地殻内生命

加藤千明 JAMSTEC深海環境フロンティア代謝・適応研究チームリーダー

・総合的な研究推進方策

・評価の取りまとめ方法の審議

 

第3回深海地球ドリリング計画評価委員会(10/15)

・研究体制についての追加説明

平朝彦 東京大学海洋研究所教授(JOIDES執行委員会日本代表代理)

・レビュアーの意見の紹介

・評価結果の取りまとめ案の審議

 

第4回深海地球ドリリング計画評価委員会(11/5)

・レビュアーの意見の紹介(追加)

・ 評価報告書案の審議

航空電子等技術審議会地球科学技術部会(11/30、評価報告書の報告)

航空電子等技術審議会総会(12/7、評価報告書の報告)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
551位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
18,355

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.OTC’98調査報告書
2.OMAE’98調査報告書
3.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Proceedings
4.International Symposium Acoustic Tomography and Acoustic Thermometry Program and Abstracts
5.International Symposium TRIANGLE’98 Proceedings
6.International Symposium TRIANGLE’98 Program and Abstracts
7.「深海地球ドリリング計画フォーラム」ポスター
8.「深海地球ドリリング計画フォーラム」プログラム
9.OD21 Forum’99「深海地球ドリリング計画フォーラム」報告書
10.「海外における海洋科学技術情報の収集」の報告書
11.横断的手法による21世紀の海洋利用技術創出に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から