日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


補聴器購入に際して知っておくべき予備知識

 

神戸大学名誉教授

服部 浩

 

1. はじめに

 

1998年度1年間に補聴器を購入した人(新規および買替え)の90%内外が60歳以上で占められ、高齢化に向け更にその割合は増えることが予想されます。(18歳以下は、3.2%前後)以下はこの圧倒的多数を占める老人を対象としてお話しします。

最近家族からテレビの音が大きすぎると言われたり、教会やお寺で牧師さんの説教や住職の法話がききとりにくい、習い事の会で先生のことばがよく分からないなど、自分の耳がどうも少し遠くなったように感じながらも、日常生活には余り支障がないので、そのまま過ごしている人が少なくないと思います。そのような場合、家族に勧められたり、たまたま、新聞や雑誌で補聴器の広告が目にとまったり、街を歩いていて、偶然補聴器の看板に気付いたり、または親しい人が自分も耳が遠いので補聴器を使っているが、貴方もどうですかなどと勧められたら、どうしたらよいでしょうか。

 

2. 補聴供給体制の現状

 

先づ現在我が国で補聴器がどんな経路で販売されているかを説明します。(図1)

 

図1

補聴器供給ルート(1997.1〜12)

015-1.gif

 

60歳以上で身障等級非該当(聴力レベル35〜69dBの老人400〜500万人は潜在的補聴器候補者と考えられる(60歳以上2800万の14.3〜17.8%とした概算値)

身体障害等級6級以上の難聴成人は42万人(H.8)

*全国補聴器販売店協会 780店

内 認定補聴器専門店368、認定補聴器技能者460人(1998.4)

(参考資料:Fitting vol 11 No2.)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
101,177

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から