日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


図14 人工中耳の作動原理

014-1.gif

 

6. 今後の開発課題

 

最近のコンピュータ技術に代表されるデジタル技術の進歩は、補聴器にも急激な変化をもたらしてきています。特に、デジタル補聴器の登場には、目を見張るものがあります。これからの補聴器は、1)形状:CICのような小型化、2)音声処理技術:雑音下での目的音声の取り出し(定常的な雑音は、次の変動を予測してキャンセルしてしまう、あるいは指向性をもたせることで周辺部の雑音を抑制するなど)、子音部分の強調、一定のラウドネスレベルの確保、3)最重度への対応(ハウリングの防止を含む)4)種々の入出力端子をそなえている:補聴援助システムの幅広い利用の可能性の拡大5)人にやさしい補聴器とシステム:老人性難聴への対応6)使用場面に応じた特性の自動切り替え7)簡便でわかりやすい調整システムなどが可能になってくるものと思われます。

いずれにせよ、従来あきらめていた聴覚の世界が一段と拡大され、より豊かな音の世界が開けてきているといえましょう。

 

文献

1. 大沼直紀(1997):教師と親のための補聴器活用ガイド、コレール社

2. 小川 仁・谷 俊治・出口利定 編集(1991):聴覚障害児の診断と指導、学苑社

3. Frederick S. Berg(1987):FACILITATING CLASSROOM LISTENING, Taylor.

4. 小寺一興他(1996):補聴器の選択と評価、メジカルビュー社

5. 補聴研究会(1995):補聴研究会資料「補聴器」、日本聴覚医学会補聴研究会

6. インテグレーション研究会(1993):難聴児の理解と指導II、インテグレーション研究会

7. JOHNS編集委員会(1995):JOHNS」1995.Vol.11.No4

8. JOHNS編集委員会「JOHNS」1995.Vol.11.No9

9. 徳島県立聾学校編 高橋信雄監修(1992):昔遊びの聴覚学習、学苑社

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
100,515

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から