日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


ていくことが大切ないなります。その意味からすれば、「この補聴器が絶対によい」とは現段階ではいいきれませんので、「他のよりもよさそう」ということになります。

こうした短期的な評価の後は、長期にわたって定期的にフォローするなかで、きこえや補聴器の管理をし、コミュニケーションやハンディキャップ度の改善などの生活の質(QOL)の向上をはかることが大切になってきます。

このようにして、補聴器が適用されていきますが、これらの一連の過程の中で補聴器の日常的な保守・管理のしかたについても説明します。

 

4. 新しい補聴器

 

これからの新しい補聴器としては、デジタル補聴器、周波数圧縮変換型補聴器、人工内耳・中耳などがあげられます。

また、これらの補聴器全体に共通的に係わるものとしてFM補聴システムがあげられます。

 

図8 新しい補聴器の関係図

009-1.gif

 

1)デジタル補聴器

デジタル補聴器には大きく分けて2種類あります。調整器の部分がデジタル化されたデジタル−アナログ式のものと増幅部までデジタル化されたフルデジタル式のものです。デジタル補聴器のメリットは、複雑な信号処理が可能になることです。これにより、感音性難聴者の持つリクルートメント現象や、時間分解能および周波数分解能の低下などの問題を軽減できる可能性を有するものです。

具体的には、

(1)音声信号の加工と処理

・雑音の抑制と除去

・聞き取り能力の向上(周波数の変換、時間の変換、ホルマントや子音部の強調、補充現象の補償、など)

・ハウリングの抑制

・指向性の改善

(2)補聴器の特性を簡単にかつ任意に調整できる

・周波数特性、音量、音質、出力制限

・任意のフィッティングルールでの自由な設定

(3)調整条件の記憶

・複数の特性設定が可能で、使用環境によって切り替えて使い分けられるなどがあげられます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
100,926

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から