日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


さて、それでは、こうした補聴器の役割は何でしょうか?補聴器の役割と考えられることをあげてみますと、図5のように音のトライアングルができあがります。私たちは、こうした音のトライアングルの中で、日々を過ごしているのです。しかし、何といっても、補聴器の最大の役割は、話しことばをきくことです。その場合、補聴器は、他人の声だけでなく、自分の声もきく(フードバック)ことができるのです。その結果、補聴器がうまく調整できている場合には、自分の声の明瞭さが向上していくと考えられます。

 

005-1.gif

図5 補聴器の役割からみた音のトライアングル

 

2. 補聴器の適応と限界

 

補聴器はどのような聴力の人に適応できるのでしょうか?基本的には、30dB以上の聴力の損失がある方で、補聴器使用のデメリットよりもメリットのほうが大きい時には、補聴器の適応があるといえます。いいかえれば、音の増幅によりききやすくなる方全てが適応と考えられます。補聴器の種類や大雑把な特徴とそれに対応した適応範囲を図6と表2に示しました。

 

図6 会話能力からみた補聴器の形と聴力レベルの関係(小寺、1995に加筆)

005-2.gif

 

表2 代表的な補聴器の適応

005-3.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
127位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
101,209

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から