日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


カンピロバクターの下痢を起こした人がみなこれになるのかと心配する必要はありません。

 

4)黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌は毒素型食中毒を起こします。この菌は手の指などの皮膚軟部組織に化膿を起こしたりします。黄色ブドウ球菌の中には,吐き気や下痢を起こすエンテロトキシンという毒素を持っているタイプの菌があるわけです。そのような黄色ブドウ球菌およびその毒素で汚染された食物を食べることによって胃腸炎を起こすことがあります。調理士の手が黄色ブドウ球菌の感染で化膿したりしている場合には,食物の汚染の危険性が高くなります。この毒素であるエンテロトキシンは熱に強く,100℃以上の加熱にも耐えるので,加熱しても予防できないことが多いです。潜伏期は2〜4時間で,食べてから2時間か4時間後に,急性胃腸炎の症状,すなわち吐き気,嘔吐,腹痛,下痢の症状を呈します。発熱はあまり見られません。治りもよく,大体1日で治ります。抗菌剤はとくにいりません。これは予防が大切で,手の指などに傷があったり化膿をしている人は調理をしないことです。

 

5)ウェルシュ菌

ウェルシュ菌は人や動物の消化管内や土の中にいる菌で,土や消化管内の内容物や汚染された食物等を介して感染することがあります。これは嫌気性菌の一つで,酸素がないところでむしろ増殖する菌です。耐熱性の時期があって,ある程度加熱しても生き残っている場合があります。調理したあとに汚染のある食物を長く室温放置したりすると,リスクが出てくる可能性があります。先日,千葉県のある精神発達遅滞の人々のいる施設で下痢の患者が12人出現し,この菌が検出されたそうです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
285位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
39,133

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から