日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


でも治りがいい菌で,自然に1日か2日で治ることが多いです。

 

6)セレウス菌

これは環境の中によくいる菌で,これも毒素型食中毒を起こします。調理したあとの食事を長く放置しておくことによって,その菌が入り込んで毒素を出す。そしてその毒素がたまった状態になると,それを食べた時に発病することがあります。ですから早めに冷却保存するか,十分加熱することが必要です。

 

7)ボツリヌス菌

発症例はまれですが,発症するとかなり重い症状を起こします。この菌は土の中や農産物,動物,海産魚の腸の中などに見いだされることがあります。ハチミツなどに汚染された例があります。自家製缶詰,スモークサーモンなどが汚染されて起こった例とか,あるいは東北地方の飯鮨とか魚を使って発酵させてつくった御飯プラス魚の料理を介して感染した例,あるいは熊本のからしレンコンから感染した例があります。いまはマス鮨やからしレンコンなどは,調理にあたってはこれを予防するような処置をしているので,安全になっていると思います。

しかし,先日,輸入のオイスターソースがボツリヌス菌で汚染されて発症した例がありましたが,幸いなことに大事には至らなかったようです。発症すると起こる症状は,複視,すなわちものが二重に見える,視力障害,口腔内乾燥,嚥下障害(飲み込みが悪い),構語障害など脳神経麻痺の症状が出現します。そして麻痺が徐々に下のほうに進行し,上肢下肢の筋力低下が生じることもあります。それから乳児に起こることがあります。乳児の場合は1歳未満ではハチミツを食べさせないということが原則的です

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
285位
(32,806成果物中)

成果物アクセス数
39,133

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年1月16日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から