日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

台湾映画祭 資料集−台湾映画の昨日・今日・明日−

 事業名 台湾映画祭の開催
 団体名 現代演劇協会 注目度注目度5


 

台湾映画の輝ける星たち〜彼らの進路〜

◎文・暉峻創三

139-1.gif

 

139-2.gif

 

◎チャン・チェン…………………………兵役

139-3.gif

しかしそのチャン・チェンは、この作品を最後に2年間の兵役入り。せっかく上昇気流に乗りつつあった芸能活動をいったん休止せざるをえなくなったというニュースは、ファンを大いに悲しませる。

けれども兵役入りしてしまったからといって、僕らはこれから2年間彼の姿に接するチャンスを奪われてしまったと考えるのは早とちり。たしかに映画では、早くても99年半ばまで彼の姿に接しられる可能性はない。でも、入隊している部隊をオッカケよろしく突撃訪問、なんて方法をとらなくとも、彼は存分世間と接することが出来るのだ。本書に収録されている写真だって、兵役中の11月に、台湾で撮られたものなのだから。

チャン・チェンが配属された部隊は、国防部芸術工作総隊、略称芸工隊。陸軍にも海軍にも空軍にも属していない独立した部隊だ。その役割は芸術関係の領域で他の隊員たちを元気づけたり、一般国民に軍隊のPRをしたりといったこと。銃や大砲の発射訓練に明け暮れているのかと思いきや全くそうではなく、日々歌って踊って演技しての―それはそれで何でこんなことしてるのか考えだすと虚しくもなろう―毎日を過ごしているようなのだ。忙いときは忙しいらしいが、いつも部隊の中で生活させられているわけでもない。本書収録の写真を撮影した前後一週間の内、少なくとも3日は休日ということで家でゴロゴロしていた。そんなところがチャン・チェンクンの近況だ。

139-4.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
377位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
27,896

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.「台湾映画祭」のチラシ
2.「台湾映画祭の開催」の報告書
3.平成10年度笹川科学研究助成募集チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から