日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶関係法規

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 この条約は、会議に出席した48カ国中31カ国が、受諾を条件に署名している。

 日本は署名のための会報期間中の1969年12月10日に署名し、長期間の国内調整を 経た後、1980年7月17日に受諾したことにより、発効用件を充足し、1982年7月18日に発効した。

 その後、我が国に置いても条約を実施するため、船舶のトン数の測度方法を 全面的に改め、条約に基づく測度方法を取り入れた「船舶のトン数の測度に関する 法律」を昭和55年5月6日に制定公布し、条約が発効する日、昭和57年7月18日から 施行している。

 これに伴い船舶積測度法及び関係省令は廃止されたが、昭和57年7月17日以前に 建造に着手された船舶(以下「現存船」という。)の総トン数の測度の基準に ついては、なお、船舶積量測度法及び関係省令が適用されることとなっている。 ただし、現存船のうち、昭和57年7月18日以後に特定修繕(大改造)を行った船舶に ついては、トン数法が適用される。

2. トン数法の体系と概要

 この法律は、トン数条約の実施及び海事に関する制度の適正な運用を目的とした ものであるため、トン数条約に従って船舶のトン数の算定に関して用いるべき 技術的規則を定めるとともに、トン数条約の適用を受ける長さ24メートル以上の 船舶のトン数の測度に必要な事項及び、国際トン数証書又は国際トン数確認書の 発給に関し必要な事項を定めている。

 我が国の海事制度の適用の基準となっていた船舶のトン数としては、以前は 「総トン数」と「純トン数」があったが、「純トン数」においては、トン数法が 新しく成立しこれに伴い船舶法が改正されたことにより、抹消されることとなり、 我が国の海事制度の適用の基準となる船舶のトン数は「総トン数」のみとなった。

 この総トン数は、船舶法に置いて、船舶の登録に使用されるトン数であり、また 船舶国籍証書に記載されるトン数である。

 なお、現存船の総トン数は船舶積量測度法に基づき船舶の内法容積を測度し 「総トン数」が算定されていたが、新造船(現存船であっても特定修繕を行った 船舶)の総トン数は、トン数条約に基づく「国際総トン数」の数値に運輸省令で 定めた計数を乗じて算定している。

(1) トン数法制定の趣旨等

 トン数条約を批准し、同条約を我が国において実施するため放るような法制度を 整備することを目的としており、同時にトン数によって大きさ、稼働能力などの 船舶の基本な特徴をより適切にに表すため従来の制度を改善し、トン数を基礎として運営されている海事に関する制度の適正な運営を確保するものである。(第1条)

 また、トン数を使用する他の法令との関係を明確にするため、他の法令に特別の 定めが無い

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
271位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
40,404

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から