日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶関係法規

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


2.2 日本船舶の権利

 日本船舶は、日本の国旗を掲揚することができ、また日本の不開港場に 寄港したり、日本各港の間で貨物や旅客の運送をする特権を持っている。 (法第2条及び第3条)

2.3 日本船舶の義務

 日本船舶には、2.2も述べたような特権を有する一方、その船舶の 所有者は次の(ア)〜(ケ)のような義務が課せられている。 ただし、総トン数20トン未満の船舶及び端舟その他をもって運転 する舟には適用されない。(法第20条)

(ア) 船籍港の設定及び総トン数の測度

日本船舶の所有者(以下「船舶所有者」という。)は、日本に船籍港を定め その船籍港を定めその船籍港を管轄する管海官庁(地方運輸局、 海運管理部または同海運支局)に船舶の総トン数測度を申請し、総トン数の 測度を受けなければならない。(法第4条)  船舶の総トン数の測度は船舶のトン数の測度に関する法律(昭和55年法律第40号) の規定に従って管海官庁が行い、総トン数計算書及びせんぱく件名書が作成 される。(細則第12条)  同法及びその手続きについては、第2章に述べる。 総トン数の測度の終了後船舶所有者に船舶件名書の謄本が交付される。 (細則第12条の2)

(イ) 船舶原簿への登録

船舶所有者は、前号の船舶件名書の謄本が交付を受けた後登記を行い、更に 船籍港を管轄する管海官庁に備えてある船舶原簿に登録の申請をしなければ ならない。登録後、申請者に船舶国籍証書が交付される。(法第5条)  船舶の登録は申請書に登記簿謄本を添えて申請することを要する。(細則第17条) 船舶原簿には次の事項が登録される。

1. 船舶番号

2. 信号符字

総トン数100トン以上の船舶(総トン数100トン未満の船舶に付いては、船舶所有者の 申請により点附される。)

3. 種 類

汽船及び帆船の別

4. 船 名

5. 船籍港

6. 船 質

鋼、木、木鋼、アルミニウム等

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
271位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
40,404

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から