日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 哲学 > 心理学 > 成果物情報

新規範発見塾 Lecture Memo vol.28

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


開発活動のおもしろさを知る
 最後は四番目、これで終わりますが、自分の世界を持つ。これは自分個人の世界ではなく、社会と結構つながっている。行動によってできた友達があるからです。「開発活動」というのは、開発でまだないものをつくり出すことです。ないものをつくり出すのは、ほんとうにおもしろいことで、これをアクションと言います。
 アクトというのは、こちらから積極的に働きかけることです。時には人を縛ることもある。だから、法律のことをアクトと言うわけです。それからアクションは社会の支配階級がすることで、ワークというのは下々がすることです。
 そんな分類がありますが、ともあれアクションのおもしろさを知る人間になってほしい。それは、すなわち自己実現ですね。自分が「これがいいぞ、みんなどうだ」と言っているのだから、自己実現につながる。それはアイデンティティになります。アイデンティティは自然にそこでできます。
 ところで、アメリカ人にはアイデンティティがないらしいという話を前回しました。アメリカ英語というのは寄せ集めの英語であって、それを母国語と思っていない。みんな多かれ少なかれ記号だと思ってしゃべっている。だからアメリカ人にはアイデンティティが育たない。心は不安である。だからアイデンティティという言葉をしょっちゅう使っているが、それを確立するためには共同の敵が必要である。だから次から次へと敵をつくって、戦争していると心が安らぐとは面倒な人たちである。
 それに比べると、日本人はみんな心が安らいでいる。ただし細かく見ると、東京でも至るところ、郷土料理屋があります。土佐料理とか、秋田料理とかがあって、そこへ行くと、やっぱりそういう人が集まってうれしそうに酒を飲んでいますね。そこへ行くと心が落ちつくらしい。方言をしゃべっていると心が通じるらしい。
 世界はそういうふうになっていくんだと思います。
 自分の世界を持って、かつ社会に対して働きかけるというのは、大げさに言えば神様の仕事を人間がすることである、というのはヨーロッパ的な物の言い方です。東洋的に言えば、人間が人間のことをしている。特に日本的に言えば、神様が人間の仕事をして田植えをするじゃないか。天照大神は機織りをするじゃないか。嫉妬もすれば人殺しも神様はやっているじゃないか。ギリシャ神話もそうですね。神と人間とをそんなに分けない。そういう世界にいると、相互扶助を実感する。誰かにやっておけば、いつかは自分にも回ってくる。自分に回ってこなくても、自分の子供に回ってくるかもしれない。こなくても、まあ、いいじゃないか。これは仏教の教えでもありますが。そういう相互扶助の幸福を知った人間になれる。――これは倫理、道徳のほうで言われていることです。
 このごろの人は理屈ばかり言いますから、理屈のほうで言うと、法律はどうだとなる。このところ、急に日本人は法律が好きになりまして、テレビをつけても、弁護士に聞きましょうという番組が増えました。
 きちんとした弁護士に話を聞くと、法律は決して万能ではない。結局は常識だと言います。常識で出た結論を、過去の法律用語を使って説明する。過去の法律用語をたくさん知っていて、異論の多いところをうまくすり抜けて、だいたい多数意見のところを通って、最後に常識的に無罪とか有罪を主張する。最後のところは常識と同じに合わせなければいけない。こんなことらしいんですね。
 だから、やっぱり世の中を知らなければいけない。
 では、どうやって世の中を知るのか。これは歩き回らなければだめです。いろいろな人と話をし、自分も経験しなければだめです。そうすると、何かを知る。あっ、前は知らなかったな、と思う。知ってみれば、目からうろこが落ちたという喜びがあるわけですね。まずは、その喜びから始めて、だんだんだんだんその先へ、ということで始めたのがこの新規範発見塾でした。
 どうも長い間、ありがとうございました。(拍手)
 
自由討論
 感想がある方どうぞ。多摩大学名誉教授の大槻博先生が手を挙げておられます。どうぞ。
【大槻】 私はある家庭教育振興協会の一会員です。先ほどおっしゃったスポック博士の誤りを一生懸命、二十七年間もかかって正しているいい団体だと思うのですが、NPOです。それを通じて感じることは、今の子供は心の栄養失調になっている、感動がない。それで、いろいろな具体的な母親教育をやっています。今のお母さんは、お乳をあげるときに、片手でメールを打ちながら、あるいはテレビを見ながらあげている。それは非常によくない。目と目を合わせて、安心させながら、語りかけながらお乳をあげるのが、情緒安定にすごく大事だということを具体的に教えております。
 さて、私が手を挙げましたのは、伝統というものの保守と、それを廃棄して革新するという一線の仕切り方について一つ提案してみたいと思ったからです。保守か革新かを論ずるときに、多くの方は、その後の結果がもたらす影響のよしあしを論じて、その二つをてんびんにかけ、保守すべきか、破壊・変更すべきか検討されるのが通常です。
 今日の私の提言は、そういう結果のよしあしから論じるのではなくて、別の角度から考えましょうというものです。答を聞けば何だと言われるようなことで申しわけありませんが、次の提案です。
 一度やってしまうと二度と復元できないような伝統の変更は、とりあえずやめておきましょうという提案です。そのかわり、破壊・変更しても、また後でその気になれば何とか復元できるようなことはためらわずにやってもよいという、そういう仕切り方です。
 例えば国立駅の取り壊しや日本橋の景観などは、悪かったなと思えば、これは復元できるわけですね。ヨーロッパで第二次大戦のとき破壊された都市は、金閣寺もそうですが、ほとんど元通り復元できるわけですね。そういうものの破壊と改善とはやってもいい。
 ところが、復元不可能な事例というのがあるわけです。ここでこういう例を挙げたら語弊があるかと思って、ちょっと躊躇するのですが、天皇制を男系でいくか、それをやめるかという選択の話は、これは一たん実施すると二度と復元できない問題です。遺伝子上の問題があるようですし、万世一系の天皇といった精神性にかかわる問題もあります。とりあえず女系を入れてみて、それからまたもとに戻したりすることは、物理的にも精神的にも不可能なことです。したがって、軽々に実施に移行すべきではないというのが私の意見です。
 今日はそういう復元可能か否かということを、保守か革新かの一つの仕切り線にしたらどうでしょうかという、提言をさせていただきたいと思って挙手した次第です。
【日下】 どうもありがとうございました。今の大槻先生の意見から広がってもいいですし、また別でもよろしいのですが、どなたかありますか。
【質問】 今日のお話とあんまり関係ないかもしれないのですが、仕事で先日、アブダビに行ってまいりました。そのときショッピングセンターに行きますと、そこの二階にダイソーと書いてあったのです。もしかして、これは日本の一〇〇円ショップか、それは違うだろうと言いながら仲間と行ってみると、日本のダイソーのショップがあったんですね。大きなショップです。
 たまたまその中をずっと見ていたら、日本人の女性の店員さんがいらして話を聞いたんです。ここだけではなくクエートにもあるし、アフリカのほうにもある、パキスタンにもある。何でそんなにダイソーがあるのかと聞いたら、実はインド人がやっている。あの辺は全部、インド人の商圏ですから、インド人商人がアフリカにしろ中東にしろ、どこにでもいるんですね。彼らが日本に来て、何か商売のネタはないかといって発見したのがダイソーの一〇〇円ショップなんです。ダイソーは経営に全然タッチしていなくて、あくまでフランチャイズでやっている。
 そのとき思ったのが、日本だと藤田田さんがアメリカに行ってマクドナルドを見て、あっ、これをやろうとか、あとは鈴木敏文さんがセブンイレブンをやろうということを、アメリカに範をとって始めたわけです。ずっとみんな、ビジネスのシーズはアメリカに求めていたわけですね。ところが最近は、何かないか、新しいものはないかというと、外国人が日本に来て、そういうものを発見する。
 昔、日本人がアメリカに行ったように、日本にもそういう形で海外の人がビジネスのチャンスを見つけに来ている。何かそこら辺から、また日本人は新しいビジネスチャンスとか、見方を変えて、「あっ、日本にもこんな世界に通用するビジネスチャンスがあるんだ」ということも考えて見直すとよろしいかと思います。
【日下】 おもしろいご指摘ですね。思いつくことを言いますと、中国人に海外観光ブームがこれから起こるだろうと思います。行きたいのは日本です。なぜ日本に行きたいかといったら新幹線と温泉につかりたい、と言っているらしい。新幹線とは何かと聞けば、車両とレール、スピードですね。中国人の想像はそれで終わりです。しかし、日本のJRの人に聞くと、あのビジネスはそのほかにSuicaというカードがある。これからどれだけ広がるかわからない。それから駅の中でショッピングがはやっていますが、今後は学校だってできる。エキナカビジネスとカードと、それからレールという三点セットのビジネスである。そう思っていると言っていましたが、こういうことは外国の人にはわからないでしょうね。これが今おっしゃった例かなと思います。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,432位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
964

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
9.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
18.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
19.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
20.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
21.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
22.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
23.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
24.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
25.日越関係発展の方途を探る研究
26.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
27.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
28.日本にとっての難民・避難民対策の研究
29.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
30.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
31.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
32.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
33.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
34.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
35.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
36.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
37.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
38.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
39.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
40.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
41.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
42.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
43.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
44.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
45.地域金融と地域づくり
46.南・北朝鮮、同時崩壊か?
47.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
48.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
49.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
50.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
51.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
52.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
53.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
54.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
55.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
56.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
57.SYLEF The First Twenty Years
58.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
59.2005年キャラクター創造力研究会報告書
60.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.2007年度犯罪被害者に対する直接的支援活動の普及と定着
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から