日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 哲学 > 心理学 > 成果物情報

新規範発見塾 Lecture Memo vol.28

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


日本英語が一番いい理由
 最近出た本で『日本語はなぜ美しいのか』という新書があります。黒川伊保子さんの書いた本です。感心したのは、母国語というのはほんとうに大切なものなんだと書いている。日本人は母国語を話している。だから小学生に英語を教えてはいけない。母国語が完全に身についてから英語を教えなさい、中学校からで十分ですという主張です。
 そこで例証として出てくるのが、アメリカ人には母国語でない人がたくさんいる。イギリスから来た人は、まあまあ母国語でしょうけれど、あとはだいたい寄せ集めで、お互いにコミュニケーションをするのに、しようがないから英語を使っている。だから言葉は単に「記号」なんですね。そういう理由だから、心がこもっていないのがアメリカ英語である、と書いてある。
 それで思い出したのは、地方から東京に来た人は標準語を無理に話しているわけですね。それで「奥さんは同じ田舎がいい」なんて言って、うちへ帰ったら方言で話している。あるいは飲み屋でも郷土料理屋へ行って、方言で話している。しかしそれ以外は、表面ではみんな標準語でつき合っているから、あんまり心が通わない、というのと同じかなと思いました。例えば「お父さん、お母さん、おはようございます」と教科書にはそう書いてあるけれども、実際にそうしゃべっている人はいますか? これは書く言葉、聞く言葉であって、自分がしゃべる言葉ではないでしょう。最近は知りませんが、私の世代ではそんなことを自分の家で言う人は一人もいませんでした。
 だけどそれが正しい日本語だということは知っている。建前として知っている。これは本日のテーマでいう、お上と世間様というところへつながる話です。
 アメリカ人は標準語的に英語を使っていて、心がこもっていない人が多い。それがだんだん心がこもってきたかな、というところです。ある日本人の国際的に活躍する人がこう言っていました。大学はケンブリッジヘ行った。イギリスで仕事をしているときはケンブリッジ英語でよかった。ところがアメリカヘ来て仕事をしだすと、「おまえは何を気取っているんだ」と言われるので、あわててアメリカ風英語を別に覚えた。するとまたロンドン支店へ戻ることになった。ロンドンに戻ったら「なんという品のない英語をしゃべるんだ。アメリカ英語などはだめだ」と言われる。悩みに悩んで、どうしたと思いますか?
 ケンブリッジ英語もアメリカ英語も両方使えるが、結局一番いいのは日本式英語を話すことである。そうすると相手も安心する、と言っていました。見るからに日本人という人が両方しゃべれるというのは、気持ちが悪いらしい。つき合いにくい。日本式英語のほうが、相手も自分もよっぽど住み心地がいいと気がついた、と、こういう話です。
 
日本人らしくしているのが相手に対してもいい
 両方やったあげく、日本式英語が一番だという点に到達した。ピンとくる話ですよね。というのは、私に会いにくる外国人が、変な日本語を使う。日本語上手を見せようとしてしゃべると、それが女性の日本語や学生の日本語になる。すると何か弱みを隠そうとしているように見える。
 もっとたどたどしい日本語を使っていたほうが、かえって取引きがうまくいくのにと思のう経験が少なからずあるものですから、私もちぎっては投げちぎっては投げというような英語を話すことにした。それで別に不自由はない。別に流暢になる必要はない。母国語というのはみんな持っているものであって、それを出した日本風英語やスペイン風英語やアメリカ風英語のほうが話はうまくいく。相手もかえって安心する、というようなことがあります。
 つまり、日本は自分の地で行ったほうがいい。たどたどしくたって恥ではないんです。あんまり高級な英語を言うと、かえって向こうがびっくりします。
 というと私が高級な英語を話せるみたいですが、それは相手によるわけで、ロンドンヘ行ってデパートなどで買い物をするとき(学校で習った英語を使うと、これは周りに比べて格段に正しいわけです。だから相手がびっくりする。自分が習った英語はそんなに立派なのかと、こちらもびっくりします(笑)。
 これは雑談ですが、私が分詞構文で話すと、それはずいぶん高級らしかった。それで向こうのデパートの店員は、私をインテリだと認めたらしい。当時バーバリーのレインコートというのはまだ日本になかった。だからロンドン土産にバーバリーのレインコートを買って帰ろうと思ったのです。当時買って帰って自慢にしている人は、べージュ色を着ていました。いまでもそうですね。あの薄い茶色のようなのをみんな着ていますから、私は紺色を買って帰ろうと思って、「これをください」と言ったら、彼女は真顔になってとめたんです。「あなたはこれを買ってはいけません。あなたは大学卒業生でしょう」。突然そう聞かれたので驚いたが、ともあれ「イエス」「グラデュエーテッド・フローム・ユニバーシティ」とフロームをつけたら、彼女は大いに満足して、「そういう人はべージュ色を着る。紺色なんか絶対着てはいけません。これはLaborerやWorkerが着る。デスクワークをするOfficeの人はべージュ色を着る」と言われました。しかし日本はそういう身分差がない。自分が好きなものを、自分が好きに選んで着ればいい国です。という説明は通じたかどうか不明ですが、「悪く思わないでくれ。ともかくこれを買って帰るから」と紺色を買って帰ったことがあります。そのとき、ああ、日本は身分差がないんだなと改めて思いましたね。
 その後十年ぐらいたって、アメリカのダラスが世界中のエキジビションを集めるという、ものすごく立派な空港をつくったので、その見学に調査団で行きました。そのとき説明してくれた女の人が、ここはファッションセンターになるんですと言う。「世界中のファッションを集めてきて、ここのダラスで見せる。あなたがたはその勉強に来たのでしょう。それなのに、みんなドブネズミ色の背広を着て、カチカチのネクタイを締めて、そんなことではファッションセンターについて考える資格はありません。立派で非の打ちどころがない格好をしていますが、個性が出ていません。生活を楽しんでいるのが現れていません」と言いました。その通りです。だから日本には身分差はないが、何かがある。何かあって、みんなその型にはまっているわけですね。そう思ったことがあります。
 ともあれ外国とつき合ってみると、外人に笑われないようにと一流ぶるのはかえってよくない。結局は日本人らしくしているのが一番相手に対してもいい。自分でもいい。本来の純力が発揮される・・・これは日本人全体が、だんだんそういう気持ちになってきていると思います。
 
インフォメーションよりインスピレーション
 そこで時事問題をいえば、そのまんま東氏が宮崎県知事に当選した。その瞬間人が思ったのは、そのまんま東氏の職業歴とか犯罪歴とかで、えーっというわけです。データから考えて「これは意外だ」と驚いたわけですね。しかしデータは過去の死んだ話です。
 それで、テレビをつけてみたら、そのまんま東氏が一生懸命頭を下げて歩いている姿が映った。その瞬間、この姿に感動したんだとわかりました。これはデータではありません。ナマのインフォメーションです。宮崎県の有権者は、人間はかくまで生まれ変わることができるものかと感動したのでしょう。それで投票にいった。きっといい知事になるだろうと、その未来を想像したのはインテリジェンスか、インスピレーションです。
 つまり「データ」の上に「インフォメーション」があって、インフォメーションの上に「インテリジェンス」があって、その上に「インスピレーション」がある。こういう違いのわからない人が、データ、データと言ってありがたがっているわけですね。
 データなんてものはどうでもいい。過去ですから。未来をつくるのが指導者です。データの上にインフォメーションがあるが、これがありがたかったのは昔の話です。早耳で聞いたって、それは周りよりは早いだけであって、立派かどうか、ありがたいことかどうかはわからない。学生は「パソコンをたたくと、データがたくさんとれます。インフォメーションもあります」と言うから、「あなたがた学生は、未来に仕事をするんだろ、未来に仕事をする人がインフォメーションなんか聞いてどうする。そんなものはみんな軽蔑して、その上のインテリジェンスを出せ。そのためにはインスピレーションが出なければいけない」と教えます。
 ひらめきが出なければいけない。「だから、パソコンなんか捨ててしまえ」と言ったら「いや、これは便利です。捨てられません。レポートがすぐ書けます」(笑)。それは教授の程度が低いのです。教授が並のものしか書けないから、そういうのを出しておけば通るが、それで通ったからといって喜んでいてはいけない。
 さて、宮崎県の有権者はインテリジェンスやインスピレーションが湧いてきて、投票に行った。つまり浮動票が出てきた。今までの棄権票も出てきた。地下のマグマが出てきたわけです。
 地下のマグマを引っ張りだしたのは、そのまんま東氏の、あの一生懸命な態度です。彼は「そのまんま」を見せた。自分を見せたということです。自分が昔あまり評判がよくない芸能人だったというデータはもう消せません。隠しても、みんな知っていることだからです。ただ、「今はこういう人間です。早稲田大学へ行って三年間勉強したらこんなになりました」と、ありのままでやって、それが人を感動させた。
 テレビを見終わって翌日、政治評論家が五〜六人集まっている会に出ると、みんなしたり顔で言っていることは、彼の選挙公約がわかりやすかった。彼の対抗馬が、もとお役人だった。等々ですが、しかし、それは昔から何回も言っている型どおりの批評です。そんなものは棄権票には通用しない。全く新しい票が出てきたのであって、あなたがたは棄権票のことを知らない。あるいは浮動票のことは今まで見ていないだろう、と言いました


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,432位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
964

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
9.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
18.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
19.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
20.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
21.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
22.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
23.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
24.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
25.日越関係発展の方途を探る研究
26.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
27.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
28.日本にとっての難民・避難民対策の研究
29.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
30.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
31.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
32.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
33.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
34.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
35.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
36.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
37.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
38.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
39.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
40.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
41.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
42.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
43.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
44.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
45.地域金融と地域づくり
46.南・北朝鮮、同時崩壊か?
47.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
48.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
49.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
50.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
51.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
52.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
53.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
54.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
55.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
56.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
57.SYLEF The First Twenty Years
58.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
59.2005年キャラクター創造力研究会報告書
60.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.2007年度犯罪被害者に対する直接的支援活動の普及と定着
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から