日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 哲学 > 心理学 > 成果物情報

新規範発見塾 Lecture Memo vol.28

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


砂漠の民と森の民
 それから砂漠の民と森の民という分け方もあります。これはもう皆ご存じのことでしょうが、砂漠に住んでいると天が見える、星が見える。だから星占いを信ずるようになる。天上には何かいるような気がする。神様はお前たちの髪の毛一本まで数えているぞと聖書に書いてありますが、そう言われればそんな気がするほど夜は満天の星空です。しかし、森に住んでいると、天なんて見えない。特に日本はしょっちゅう雨が降るし、山があるから、天という考えは日本人からは出てこない。
 天は、中国から輸入したんですね。中国では天と地の間に人間がいる。「天地人」という考えは中国から入ってきたので、日本ではあまりそういうことは思いつかない。誰かが思いついてもあまり広がらない思想です。
 森に住む人は、森の中ならではの考えが身に付く。これはアジアのジャングル地帯へ行ってみたときに思ったのですが、植物がものすごい勢いで伸びている。そこに動物の死骸があっても、一週間もすれば植物がみんな餌にして食べてしまう。表面を隠してしまう。だから死骸も何もない。植物のほうがよほど侵略的です。攻撃的です。動物のほうが弱々しく見える。
 これは法則がありまして、同じ猿でも南のほうの猿は小さい。ひょろひょろで脂がついていない。北へ行くほど脂がつく。熊でも北極熊はでっかい。丸々としていないと寒さのために死んでしまう。脂がついていなければ寒いところでは生きていけない。同じ熊でも、マレー半島の熊はひょろひょろやせています。体も小さい。人間も同じです。
 というふうに南へ行くと動物が弱々しいんです。そういうわけで、インドの森の中に住むと輪廻転生を信ずるであろうなと思います。要するに植物のほうが元気がいい。動物もお互いに食い合いしていますが、スケールが小さい。砂漠のほうへ行くと、これも動物は小さくて、その中間地帯にはライオンとかトラという強い動物がいて、弱肉強食です。
 そういったことは宗教や思想に影響するでしょう。和辻哲郎は乾燥地帯と、日本のように年中モヤがかかる湿気の高いところという分類で書いています。まさに砂漠と森、乾燥地帯と雨が降るところという違いを立てて日本を見ると、確かに日本はかなり極端に「雨が降る」ほうの側である。だから反対の乾燥地帯のほうを見ると、アレッと思います。
 こんな話を思いつきます。聖書の中に「我、山に向いて目を挙ぐ。我が助けはいづこより来るか」とあるのを、日本人は助けや救いが山の上から下りてくるのを待ち望んでいると思って読みます。
 しかし、イスラエルの現地に行ってみると、山はハゲ山ばかりで、現地の人の考えでは、これは絶望状態を表す一文だそうです。助けはどこからもこないという意味だそうです。自然状態が人々の思想や宗教にも影響するという例になるかと思います。日本人は救いは必ずあると思い、また天地自然は人を救うと思いますが、砂漠の民にはそんな甘い考えはないのです。このへんが一神教と多神教の違いが生ずる所以(ゆえん)かもしれません。
 
日本は世界有数の歴史の長い国
 それから次は歴史の長短です。日本は歴史が長い、他国は短い。これは世界史を習えば分かるのですが、日本人はあまり気にしませんね。自分と同じように世界各国も長いのだろうと、なんとなくそう思っている。
 しかし、それは大間違いです。アメリカにヨーロッパからやってきたのはコロンブスが一四九二年。それから北のほうへ上がってきて、国を建てたのが二二〇年前のジョージ・ワシントン。それまではインディアンをやっつけて、ただ生きるために生きていただけで、アメリカの歴史はその程度の長さです。
 まあ、アメリカについては誰でも短いと言いますが、ではフランスはと言ったら、フランスもたいして長くはない。あそこがフランスになってから何百年ぐらいしかたっていません。かつてシーザーがローマから攻め込んだときは、あの辺はガリア地方と言い、そこに住んでいたのはケルト人で、ケルト語を話していた。これを征服したときに書いたのが『ガリア戦記』ですが、そのとき一部の人は逃げてイギリスヘ行った。逃げないで残った人はローマに征服されて、ラテン語をしゃべるようになった。それからカソリック教徒になった。昔のケルト人のことはもう忘れてしまった。血には残っていますけれども。
 それから何百年もたってから、セーヌ地方のセーヌ語をフランス語とするということにした。みんなこれを使え、小学校ではセーヌ語を教えろとなった。パリとかベルギーのほうで工業が発達しましたから、出稼ぎするとセーヌ語を使わなくてはいけない。というので、仕方なくセーヌ語を覚えたがそれが今のフランス語。逃げてイギリスヘ行った人はそのままケルト語を話していた。だから英語のもとはケルト語。
 さらにフランス人が軍事力でイギリスを征服して、上の人はフランス語で政治をし、裁判をしていた。だからイギリスの支配階級はフランス語。今でもその名残が残っているのは料理の名称です。上の人が牛肉を食べようというとき、皿にのったらフランス語のビーフ。生きているときは英語のオックスとかカウ。豚は生きているときはピッグで、お皿にのるとポークになる。これは上の人が召し上がるわけですね。鶏も生きているときはヘンで、皿にのってごちそうになるとチキンになる。羊はシープとマトンです。というふうにごちそうになるとみんなフランス語になる。これはフランスからきた貴族がフランス語で食べていた名残ですね。
 そういう名残があって、英語にはフランス語がたくさん入っている。ケルト語も入っている。それからノルマンディーのほうからも人が入っていますから、要するに混合物が英語です。
 だから英語はいつできたかというと、だいたい四百年前ごろから英語らしくなってきた。それは聖書を英語に一生懸命翻訳して、広めたからみんながそう話すようになった。ただし最初に聖書を英語でつくった人は死刑です。そういうことをしてはいけないというわけですね。みんなが神様の教えを知ったら、教会は都合が悪い。という時代を経て、いま英語があり、イギリス人がある。あまり歴史が長いとは言えないわけです。
 あるいはイラクはメソポタミア文明発祥の地で楔形の字があります。しかし学のある人は、我々の先祖が使っていたとは言いません。人類最初の文字の発明は楔形文字と言うが、それは場所であって、使っていた人間はもう全部入れ変わっている。あるいはエジプトでピラミッドをつくった人は、もうどうなったか分からない。今いる人はアラブ人ですから、エジプト文明の自慢をする資格がない。五千年前を自慢する資格がない、というふうに世界各地はなっていますが、その点日本はだいたい一万年前から同じ人が住んでいる。血も言語も続いている。そういう歴史の長い国です。
 ここでやっている虎ノ門道場で、イスラエル大使のコーヘンという人が来て話をされたことがあります。コーヘンというのはユダヤ人で、神職の人の名前です。アブラハムから始まった名字がずっと続いているそうです。だからたくさんいる。そしてたくさん学者になっている。
 そのコーヘンさんと食事をしたとき、「私はコーヘンという人を三、四人知っています」と話しました。学生のとき覚えたのは、コーヘンという人が日本へ来てB29による「戦略爆撃調査団レポート」というのをつくった。二二〇の都市を焼夷弾で焼いて、工場も見渡す限り残骸だらけになったのを、コーヘン調査団は全部調べて「工場は半分ぐらいしかやられていない、半分以上の能力は残っていた」とまとめた。それはなぜかというと、石油・石炭がなくて動いていなかったが、その動かない工場を一生懸命爆撃したんだというようなことが、その「戦略爆撃調査団レポート」に書いてありまして、その著者がコーヘンさんです。日本の戦後経済学の出発点はこのレポートで、もうありとあらゆる人が、これを使って「日本はこれだけの工業を持っていたが、戦争でこうなりました。そこから再出発して、ここまで来ました」という、工業発達史が最初に使う本です。
 それから中国で法律づくりを指導した人もコーヘンさん。中国は「我々は法治国です、これだけ法律があります」と言うが、あれはだいたいニューヨークの弁護士のコーヘンさんが書いた法律です。ユダヤ人が書いたから、中国の法律とは言いがたいところが探せばあるでしょう。
 というような話をしたら、「当然である」という返事でした。「コーヘンというのはユダヤ人の中では一番多い名字です。鈴木とか田中とか、そのくらい多い。これは名誉ある名字だからずっと伝わっている。このまえ遺伝子調査をして、世界中にいるコーヘンの遺伝子を調べたら、ちゃんと共通性があった」と言う。アブラハムから数えて六千年ぐらいたっても、ちゃんと遺伝子が続いているという。彼はそれに続けて、世界でこれだけ長いのは、天皇とコーヘンと二つしかない、と日本の顔を立ててくれた(笑)。
 これはユダヤ人が血筋を守ってきたからですね。守らなかった民族は、その場所にその子孫はいないという状態になっています。歴史の長短、日本は長い、他は短いというあたりをもっと真剣に考えるべきだと思っています。
 こういう歴史の長短からくる風俗、習慣、伝統、文化の違いが反映して、日本の思想とか、日本の精神があるわけですね。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,432位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
964

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
9.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
18.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
19.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
20.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
21.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
22.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
23.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
24.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
25.日越関係発展の方途を探る研究
26.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
27.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
28.日本にとっての難民・避難民対策の研究
29.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
30.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
31.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
32.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
33.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
34.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
35.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
36.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
37.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
38.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
39.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
40.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
41.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
42.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
43.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
44.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
45.地域金融と地域づくり
46.南・北朝鮮、同時崩壊か?
47.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
48.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
49.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
50.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
51.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
52.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
53.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
54.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
55.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
56.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
57.SYLEF The First Twenty Years
58.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
59.2005年キャラクター創造力研究会報告書
60.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.2007年度犯罪被害者に対する直接的支援活動の普及と定着
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から