日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 哲学 > 心理学 > 成果物情報

新規範発見塾 Lecture Memo vol.28

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


第120回 日本精神にあるもの、ないもの
(二〇〇七年二月十五日)
自分で自分はわからないもの
 今日は日本精神という題です。その二、その三、あるいはその四となるのか、これまでも日本精神については何度か話してきました。
 さて「精神」はわかるが、「日本精神」となるとよくわからないですね。特に日本人自身ではわからない。外国人が言ってくれるほうがいい。
 そういう自分ではわからないことについて、思いつくことを言いますと、先週一週間ベトナムヘ行ってきました。三谷産業がベトナムで工場をやっています。二十歳前後のベトナムの若い人がいっぱいいて、これがほんとうによく働く。目がよくて精密検査器などはなくても、視力三とか四とかで仕事をする(笑)。賃金は安いし、ということだそうです。
 話を聞いていると、ベトナムでは猫は首に縄をつけて置いておくそうですね。犬はほったらかし。それはなぜですかと聞いたら、「知りません。それが当たり前です、わけなんか知りません」。
 自分が昔からしていることに、理由はない。「日本では反対なのですか、なぜですか」と聞かれると、今度はこちらが困る。
 だいたいそういうふうになるものです。
 国立民族学博物館の人がこんなことを言っていました。アフリカヘ行って、いろいろな民族の民具を買ってきて並べて展示する。これはマサイ族の槍であるとか、何とか族の鍋とか。そう書いておけば済んでいたのが、最近は国際化の時代になって、本人のマサイ族の人が見に来るようになった。すると「私たちはマサイ族ではない」と言って怒るという。マサイを挙げたのは仮にですが、「では、あなたたちの名前は何だ」と聞くと、「名前なんかない、私たちは人間だ」と言うそうです。それは当たり前のことですね。では博物館がどうしてマサイと書いたかというと、周り中聞き歩いたら「あそこにいるのはマサイだ」と言ったわけです。そうかと思って書いておいた。ところが隣の人がつけた名前というのは、だいたい悪口なんです(笑)。「だから本人は怒り出すので困る」と言っていました。
 そういうことはたくさんあります。アイヌ人と言いますが、アイヌ人は「我々はアイヌではない、ウタリだ。ウタリと呼んでくれ」と言っています。アイヌというのは我々という意味であって、それ以上の意味ではない。エスキモーも近頃はイヌイットと言いますが、アイヌとイヌイットは同じで、おそらく我々という意味なのでしょう。
 他所者が聞けば「我々」と答えた。他所者はそれを名前にしてしまった。しかし本人は「そんなのは知らない」と言う。すると思い出すのは日本を「倭の国」という、あれは中国人が悪口でつけた名前です。漢字は悪口ですが、しかし倭という発音はもしかしたら、「あなたがたは何だ」と聞かれたとき、日本人が我々と答えたからかもしれない。「わい」とか「わて」とか「わっち」と言ったのでしょう。それにあん変な字を当てたから日本人は腹が立って、聖徳太子のころになると「ここは日の本である」とか、「大和である」と言い出した。これは中国に言うために言い出したのであって、もともと自分で自分に名前をつける必要はなかったはずなのです。
 
長く住んだ外国人は日本を褒めている
 今までの話は前置きのまくらです。これから日本精神の本題について話します。何か急に、こういうことに関心が集まっている。自分で自分のことを話題にするのは、みんな楽しい。話題の中心になりたいわけです。
 これをやりだすと、まず出てくるのは江戸時代か、そのもっと前にやって来た宣教師が、日本について書いた文献です。あるいは明治になってから、イギリスの公使やアメリカの公使や領事が書いたものが出てくる。「日本というのはこんな国だ」と、だいたいはなかなか褒めている。
 考えてみますと、宣教師は神様の教えを広めに来て、日本に骨を埋めるつもりで、暮らしながら見ている。それからその頃、公使は任期十年、二十年が常識でした。行ったら十年、二十年はそこで外交官をするから、日本のことをよく勉強したらしい。これは外務省に当てこすって言っています。外務省の人はみんな任期が二年ぐらいでパッパッと変わってしまう。後がつかえているからと追い出される。だから大使は相手の国のことをあんまりよく知らない。ある人が言っていましたが、機密費をたくさんため込んで、やめてからの小遣いにしようとか。何か急に文化が好きになって、日本文化の自慢をするための予算をとるとかで、相手国の人脈に食い込むような活動はしていない。そういう大使が一二〇人もいるのはおかしい。いりませんね。
 私の経験でも、大使、公使は相手の国のことをよく知りません。その点、民間人は仕事をしていますから特定分野は詳しい。政府関係の調査団などで大使館へ行きますと、「この国は」と言って渡してくれるプリントの説明文が、JTBの旅行案内と同じです。ほんとうにそうなのです。人口はいくら、面積はいくら、GNPはいくらなどと、そんなことは誰でも知っている・・・、知らなくても簡単に調べられる。どこにでもあるデータをくれるだけで、大使が持っているインフォメーションは一体どこに、どれだけあるのか。ましてやその上のインテリジェンスはしゃべらない。もっと上のインスピレーションも絶対にしゃべらない。多分ないからでしょう。と悪口を言っていますが、それが私の印象です。そういう印象を持たれないように、これからやっていただきたいですね。
 さて、江戸時代や明治時代に関して外国人が書いたものはいろいろある。まずは「あべこべ物語」というのがある。これはなかなかおもしろい。みんな知っているでしょう。のこぎりは日本では引くが、向こうでは押すんだとか。そういった、あべこべ物語。
 それから「日本人の心の奥底はこうではないか」というところまで見て書いたのがある。だいたいは「礼儀正しい、相手のことを思いやる。争いごとにならないように折り合いをつける暮らし方を、ここの国の人は全員が共有している」と述べています。たいへん感心して「こんなすばらしい国が世界の中にあったのか」と言う人もいます。それを言った有名人では、例えばアインシュタインが「こんなすばらしい国は世界でずっと永遠に残っていただきたい」と言ったという。これは日本では有名な話ですが、世界中で有名かどうかはわからない。行く先々で言ったかどうかもわからない(笑)。思い当たるのは、彼はユダヤ人です。日本は普通に待遇したが、ユダヤ人は普通にしてもらえたらうれしい、などと後からの勘ぐりをしております。
 
一神教と多神教、大陸と中国
 さて、そういうのを読んでいると、「ということは逆に、あなたがたの世界は日本と違うらしいね」という話になります。
 つまり対比なんです。何かと対比しなければわからない。対比論ならできるが、対比論なしに日本だけというのは、「昔からこうだからしようがないだろう」で終わりになってしまう。
 さて、日本人もだんだん無理やりかどうか国際化されまして、外国とつき合うようになって、対比論が大好きになりました。
 対比論のとき、どう対比するかについて、一神教の国と多神教の国というのはよく使われます。とてもわかりやすい。あるいは、農業をする人と狩猟をする人は根本が違うぞというのもそうです。狩猟民族は略奪を悪いと思っていない。攻撃を悪いと思っていない。お互いに攻撃し合ってその上にバランスがあるという考え。だから相手が防御に回るならやっつけてしまえばいい、勝てるものなら勝ってしまえばいいのであって、それのどこが悪いんだ、と向こうの人は考えている。ところが農業の人は、辛抱強く待っていればそのうちいいことがあるさ、そのうちまたお天気の日があるよという、そういう生き方がもう身についている。そういう対比がよく使われます。
 あるいは大陸と島国ではこんなに違う、というのもおもしろいですね。大陸では人間が歩いてどこまでも行ってしまう。悪い政治をすると、歩いて逃げてしまう。中国人の歩く力は、ほんとうにすごい。長江という南京や上海のあたりで政治が悪いと、かつての満州まで歩いて行くのですからね。天津のほうまで、歩いてでもやってきます。あるいはロシア人はツァーに虐待されると、シベリアヘ、昔のことですから歩いてきた。カムチャツカ半島まで来てこのへんであきらめるかと思ったら、ベーリング海峡を渡ってアラスカへ渡って、まだそれからサンフランシスコまで歩いて行った。
 歩く力はすごいものです。日本人もこの前の戦争のときに、一番たくさん歩いた部隊は北京のあたりにいたのが、突然南へ行けと言われ、どんどん歩いて香港のあたりまで来て、さらにベトナムまで行けと言われてそれを全部歩いた。その間、五〇〇〇キロか六〇〇〇キロでしょうか。
 一番大事だったものは何ですかと聞いたら、靴だったそうです。それから石けんです。朝出発するとき、靴ずれ防止のため靴下に石けんを塗っておくというのが兵隊みんなの心がけであったと、こんな話を聞かせてくれました。
 それから思いついたのは、日本中にゴルフ場が約二〇〇〇ある。もっと多かったが、つぶれてしまいました。それでざっと二〇〇〇。一八ホールは六千数百メートルです。だから一日歩いて、約七キロ。すると、日本中のゴルフ場二〇〇〇あるのを全部歩いてやれと誰かが決心したとする。土日は一年に百日ありますから、一年に約七〇〇キロ歩ける。だから十年あったら七〇〇〇キロ歩ける。二十年で一万四〇〇〇キロメートルですから、ゴルフ場の全ホールめぐりが完了する。
 地球一周で四万キロぐらいです。東京から一番遠いところというとブラジルとかニューヨークで、二万キロですからその気になれば歩けます。ニューヨークでも歩けないことはない。靴さえ取りかえて行けば足のほうはもつんです。
 人間の足はすごいものだ、と思います。どうしてこんな能力がついているのか。きっとそれは先祖が歩いたのでしょうね。アフリカからスタートして全世界に広がった。歩けない人はそこで置いていかれた。人間が今日こうなっているのに対する、自然淘汰の一番大きいのは足かもしれない。だから人間は歩くのが好きなんです。マラソンというと、わざわざ自分から申し込んで熱心に走るでしょう。あれはうれしいんですよね。
 と思っていたら、養老孟司さんが言っているのは、もっと前にすごい淘汰があった。それは言語による淘汰です。ネアンデルタール人はなぜ滅びたか。言葉を使わなかったからだ、と養老さんが言っています。ほんとうかどうかは誰も見たことがないからわかりませんが、しかし言語による淘汰というのは、それはまあ、あっただろうなと思います。だから今でも口のうまい人が出世する(笑)。これをまだやっているのが欧米。日本はそんなものは卒業したんですね。口がうまい人が出世するのを見ると、その上役が愚かだと思われる。周りはみんな知っているぞ、というわけです。
 だから日本では「評判」が一番最高の自然淘汰です。評判で世の中が動いていくというのが一番うまくいく方法だと日本は発見して、それをやってきた。
 ところがアメリカは寄せ集めだから、評判が立つ前に何とかうまいことを言って、先に儲けてしまったほうが勝ちなんですね。そういう違いがありますが、これはやっぱり大陸と島国の違いから来るのかもしれない。島国の中は同じ顔ぶれで、特に日本の場合は文字ができてから二千年、文字ができる前から言えば一万年前から、だいたい同じ顔ぶれが住んでいる。だから評判でいいわけですね。同じ言葉を話しているというのが、日本の大きな特徴であり、島国の特徴でもあるわけです。
 日本は言霊の国だという認識は中国から文書による文明、文化が入ってきたとき、それとの対比で日本人が気がついた自己認識でしょう。我々はおしゃべりと詩歌でコミュニケーションができるので便利だと自慢しているのです。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,432位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
964

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
9.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
18.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
19.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
20.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
21.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
22.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
23.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
24.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
25.日越関係発展の方途を探る研究
26.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
27.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
28.日本にとっての難民・避難民対策の研究
29.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
30.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
31.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
32.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
33.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
34.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
35.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
36.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
37.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
38.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
39.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
40.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
41.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
42.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
43.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
44.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
45.地域金融と地域づくり
46.南・北朝鮮、同時崩壊か?
47.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
48.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
49.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
50.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
51.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
52.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
53.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
54.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
55.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
56.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
57.SYLEF The First Twenty Years
58.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
59.2005年キャラクター創造力研究会報告書
60.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.2007年度犯罪被害者に対する直接的支援活動の普及と定着
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から