日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

2005年キャラクター創造力研究会報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


キャラクター創造力研究会第4回(2005年9月1日)
発表者:船曳建夫氏
テーマ:「自身、化身、分身、そしてヘンシーンとしての変身」
 
●文楽の鑑賞家として
 本研究会では、前から考えたいと思っていた人形について取り上げる。本研究会の主旨に応えるところがあるかもしれない。ただ前から発言しているようにキャラクターという物が良く理解できない。多くの場合、アニメの登場人物で生けるがごとく実体化して人々の関心を集めているものを指して意味するようだ。試しにネット検索していて、スタジオジブリの宮崎・高畑作品に出てくるキャラクター人気投票サイトを見た。『天空の城ラピュタ』のパズーというキャラクターがあった。みんな相当に詳しいようだ。加えて、大きな産業だということ以外に、どんな新しい意味があるのかが、よく分からない。人気者とか、人間でない加工された登場人物だから新しく面白いのかといえば、昔の小説にもそういうものはあった。けれども、人気テレビ番組の『電車男』を見ていると、キャラクターに関係するフィギュアーを多くの人が非常に好きであることに気付く。みんなが、それを集めて並べているのを見ると、文楽というものを長い間見続けているものとして、人形に関連付ける辺りで、キャラクターの創造力研究に何か貢献出来るのではないかと思った。それで野崎さんのお勧めに従って研究会に入った次第。
 
●人形
 文楽は、それこそ半世紀に近くなるほど見てきた、といっても人形よりむしろ人形浄瑠璃が好きで、さらに浄瑠璃のほうがやや専門である。とは言っても見に行けば人間がそこで人形を遣っているし、大学生のころに文楽の大道具関係に出入りして以降頻繁に人形浄瑠璃鑑賞に行き続けているので、文楽に関しての知識はアマチュアとしては十分だと思っている。
 文楽に関して長年抱いている疑問は、人形使いの人と人形との関係である。人形を人間が動かして、あたかも生きているかのように見せる単なる技術だとすれば、何となく分かる。しかし実態はそうではない。文楽の舞台は、3人の人間が右往左往しながら人形を手前のところでこう遣って、実に人間が邪魔な芸術に見える。そして主遣いの人は、黒子の場合もあれば、立派な衣装で表に出る場合もある。昔の鑑賞者や批評家は、表に出ることを批判したものですが、どうもそれは違うと思っている。理由があって、人形遣いは出るべくして出ていると考える。しばしば一番いい場面になるほど人形遣いはすごく立派な裃を着けて「やあっ」と声を出して本人が出てくる。さらにいくつかの演目では、他の2人の人形遣いも主遣いの人と同じ柄の派手な着物と裃を着けて出ることもある。それは演目が近代的なものだからでは全くなく、3人手遣いという演目だからである。長年疑問に思っている事の1つが人形遣いは邪魔になるのになぜ表に出てくるのかということだ。
 次に、人形の動きについてである。これはロボットとか他の問題に関わってくると思うが、人形遣いが動かす人形は人間の身振りを真似ているのではなく、モジュール化している。例えば手だったらいくつか決まった数の右手の動かし方があり、左手も足も首も肩も同様である。つまりいくつかの型を組み合わせることで人形の動きを作る。だから普通の人間の「ええっ」て言う思案の動作を真似ているのではなく、人形には思案の手の形ABCがあって、そのうちの何かを遣う。少なくとも人間の動きを単純に真似るということではなくて、いくつかの分解された動きを組み合わせている。
 また一つの素朴な疑問だが、人形遣いの顔が人形に似てくる。例えば、女の人形を遣うことで有名だった難波掾(なにわのじょう、文五郎という名前の方で知られている)という90歳近くまで生きてた人の場合は、その老人が演じる八重垣姫の顔と同じような顔付きに見えてくる。しかし、文五郎は姫の演技を要求され、期待されているわけではなく、八重垣姫の人形を遣うことを要求されているのだから、その都度姫の気分になって遣っているうちに顔が人形の姫に似てくると考えることもできる。そうすると変なことになる、つまり人間が姫の人形を動かして姫らしくしているというよりは、動かされているほうの姫が人形遣いに影響を与えて、人間のほうが姫から魂を吹き込まれている。さっきの比喩でいけば、人間が人形に魂を吹き込むのではなく、人形のほうが人間に姫の魂を吹き込んで、文五郎という人形使いの顔が、姫のような顔になるということだ。
 当初人形という、魂がなくて動かない、そういう物体を生きている人間が動かして生きたように見せると、考えれば簡単だと言ったが、実は何か逆のことが起きている。みんなが持っている素朴な疑問である。これは人形浄瑠璃を観に行って2回目くらいに、みんな気が付くことだ。武将を使っている人形遣いの顔は何だか武将のように見えてくる。そこに何か、人形遣いだけの問いに答えるだけじゃなくて、人形というもの一般の何かもう少し大きな問題があるのではないかと思っている。
 
●ロラン・バルト『表徴の帝国』における問題提起
 ロラン・バルトというフランスの文芸批評家が、その著書『表徴の帝国』の中で、日本に関して鋭く分析している。この本は、フランスやヨーロッパのさまざまな書き手や知識人が、自分の得意なところについて絵入りの、写真入りの本を作るという豪華なシリーズで、小説家は必ずしも小説を書くのではなくて、僕の好きなルクレジオという小説家は南米のインディオのところに行った経験を写真で出したりしている。この本は、ロラン・バルトが書いたということと、皇居を日本の中の偉大なる中心の空虚であると書いたということで有名だ。この本の記述を孫引きというか、引用して「天皇は日本の中では実体というよりも空虚な場所であって、自転車のスポークの集まるところのようなもので、日本という国の統治にはいい」とかしゃべっている人はいるが、本自体をまともに議論した日本人はいない。でもこの本は少なくともロラン・バルトという人の恐ろしき勘の良さというのを表しているところでは奇書というべき本だと思い注目している。例えば、天ぷらを作っているところなんか、ふざけて書いていると思わせるところもあるが、ふざけて書いているにしても、彼の直観力があり、見事なパロディで文章が出来上がっている。本書の様々な着眼点の中に、文楽についての記述が10ページ程ある。文楽を何回観たのか知らないが、文楽を長く見ている僕があっと驚ろく、彼の直観力の鋭さを感じる。例えば以下の2つを挙げる。1つは「身振りと行為の両方が舞台の上にあらわになる」、つまり身振りというのは例えば大星由良之助という忠臣蔵の人(大石内蔵助であるが舞台では大星由良之助という名前になる)を人形遣いが遣った時の、人形である大星由良之助の身振りのことだ。ところが人形遣いは人形遣いとして一生懸命大星由良之助を演じるという行為をしている。シェークスピアでいうと、ハムレットらしい体の動きが身振りで、はまり役としてうれしい身振りをしている、仲代達矢が演技しているのが行為である。
 例えば、3歩あるいてパッっと振り返ると30年前の主人公に変わるという有名な『セールスマンの死』という劇がある。3歩あるいてパッと振り返ると「おお、ボブ」とか言って、18歳のボブをアメリカンフットボールで鍛えようとする若い頃の父親になる。その3歩あるいて振り返るのが、いわば役者としての行為だけど、観客はそこに『セールスマンの死』の主人公の身振りを観ている。簡単に言えば演劇の場合には行為を感じさせてはいけない。観客は、仲代達矢が右左右左って3歩あるく行為ではなく、ハムレットが悩みながら歩んでいる身振りを観なければいけない。ところが文楽の場合は身振りと行為の両方があらわになる。つまり人形遣いがこうしている行為の時、人形のほうはどうなっているかというと後ろ向きで男のつれなさを恨めしく思ってこんなふうに身振りしている。行為と身振りの両方が出てきて、観客が両方を見るのはおかしい、こんな演劇は知らないぞとロラン・バルトは言っている。ふつうの人形劇では、なるべく操っているほうは隠す。つまり行為があらわにならないように隠す。文楽の場合は身振りと行為が舞台の上にあらわになる。
 もう1つは「魂のないものに魂を吹き込んで生かしていると思いがちだけど、そうではない」、当たっているかどうかは判らないが、中々いいところをついている。つまり生けるがごとく人形を遣うのであれば、生けるがごとく人形を動かせばいい。しかし人形のサイズは小さいし、人形の足なんかも見えないし、人形は人形の動きしかしていない。大星由良之助の人形が大星由良之助をやっているのが見えていて、本当に生きている人間のように見えるわけではない。つまり最初からそれを狙ってないと、ロラン・バルトは書いている。これは、本研究会の問題になると思うが、魂の問題にヨーロッパ人は引っかかっている。私は、日本というローカルな地域に住むカトリックだから割とよくわかるが、例えばコッペリアというバレエで、コッペリアという人形がしばしば本物の人間になってしまうところがちょっと恐ろしい。つまり、魂は神だけが与えられるはずなのに人間が魂を吹き込んでしまうのは冒涜である。例えばソニーのアイボやホンダのアシモくんが、動けば動くほど、こいつらは無意識に魂を吹き込もうとしているんじゃないか、と思いがちだが、実際はそういうことをしてない。つまり魂のないものに魂を吹き込んで生かすことはしていないと言っている。
 この2つとも僕の考えと近いから、偉いと誉めている。つまり先ほど言ったように「人間だと思ってたよ、間違えちゃった」ということは絶対にない。それは元々意図してない。
 人形が、分解された動きの組み合わせをやっているのを見て、大星由良之助を見たという気がしているだけだ。大星由良之助がそこにいたとか、人間が大星由良之助を演じていると思ってだまされたということは絶対にない。魂を吹き込もうという気はないのだから。
 どういうことをしているかと言うと、西洋的な魂とは違った意味で、人形遣いは明らかに生けるものとして、私たちと同じような人間として、汗振り乱しながら何かをやっている。魂なきものとして動いているのだけれども、日本的に言えば性根の座った大星由良之助という人間の性根を読み取って、そして大星由良之助を見せている。魂を吹き込んで人間にしようとは思ってないが、性根を入れて大星由良之助に見せようとはしている。人間を作ろうとしているのではないけれども架空の大星由良之助を作ろうとはしている。これは本研究会のキャラクター創造力に関する考えに使えるとのではないかと思う。
 
●仮面
 仮面に注目する。何故かというと、人間はいろいろな形で自分以外であり、自分であるようなことをしたくなるから、様々なことを発明してきた。自分が成り代わるためだけではなくて、人間が使う道具、装置として発生してきた2大発明品が人形と仮面ではないかと思うからだ。これは論理的考察というよりも、経験的な考察によって、そう思っている。だから仮面も人形も、自分以外の何かにならなきゃ成立しない演劇では使われるわけです。船曳建夫が船曳建夫として出ていくのは演説会場ではいいが、ハムレットや大星由良之助になる、つまり船曳が船曳でないものになるには、演技のうまさの他に方法として道具を使う。そこで人間が発明した大きなものが人形と仮面だろうと思っている。ヨーロッパで人形、即ち魂を吹き込む行為は恐れられている話をしたが、仮面は意外に恐れられてない。まだ良く勉強してないが、仮面は人形ほど恐れていなくて、多く論じられているようだ。人形には、ユダヤ・キリスト教では偶像崇拝という何か過ちに導くという感覚、魂のないものを人間化するということは神の本質を見誤ることだという意識が、常にあって恐れられている。だからユダヤ・キリスト教では偶像崇拝は忌避されている。モスクに偶像は存在しないし、ギリシャ正教も偶像崇拝を禁止していた。中世でもしばしばそれがある。
 一方、仮面は偶像と違う形でギリシャ神話以来から様々なところで議論され、使用されて来た。宗教的な場面以外のところでずっと生き残っていて、ペルソナが人格という言葉に移ったように、仮面に関してヨーロッパ人はこれまで長く考え続けているらしい。『仮面の解釈学』という本で、坂部恵さんが「仮面はリアリティーであるところの素顔を隠すものではない」と書いている。ロラン・バルトも坂部さんも「何とかではない」を発見することが多い。だから例えば私、船曳建夫という素顔がいて、仮面を被ると船曳建夫の素顔や人物ではなくなるという単純なことではない、という哲学が今や常識になっている。つまり、船曳建夫が船曳建夫であるということ自体を疑ってかかる。船曳建夫であるためには船曳建夫という実体が最初から最後まで絶対あるという自己同一性は無いというのが哲学の常識になっている。
 他人にとっての船曳建夫と妻にとっての船曳建夫は当然違う。私であるという実体は他人との関係の中で決まるが、私は常に変わらない実体としてあり続けるという自己同一性などはないという訳だ。従って、船曳建夫が鬼の仮面を被ると船曳建夫はなくなって鬼になるということはないのだ。更に説明を加えると「おもては意味されるもののない意味・・・」、つまり私が鬼の仮面を被っても、私が鬼にならないので鬼ということを意味されるものではない。でも私が鬼の仮面を被れば何かを意味するということだ。坂部氏はさらに「みずからの<分身>であり<他者>である影」という面白いことを言っている。影は光がつくる黒い影の他に、日本では面影、心の暗い影、水面や鏡に映る自分の顔の影などを合わせて我々は影と言っている。多くの場合『私』が映されたもの、『私』というのが何であるかわかるという意味をもつ。坂部氏はそこのところを大変難しい言葉で「かげはうつしうつりあうもの・・・人と夢のごとく」表現している。大まかに紹介すると、夢の中のものが本当か、いまこうしているのが本当かということ、我々には、幼少のころから実体というものがないというようなこと、そんな19世紀以降の話を仮面と影のところで書いている。こういう仮面と影の話は、本研究会で人間を考える時にいいと思っている。「みずからの<分身>であり<他者>である影」という辺りが面白い。つまり人間があり、自分を映す水面とか鏡とか光の後ろの影とかがある。自分があるということがその影によって分かる。それを分身と考えたら、それは仮面というより人形のほうに近いのかな、キャラクターに近いのかなと思っていた。坂部さんの本にもそう書いてあったので引用させてもらった。何れにせよ坂部さんも僕も同じようなことを考えている。
 自己同一性の実体の論理は失われた云々というのは、我々がいつも言っていることだし、言葉は難しいが、我々がいま現代の中に生きている感覚の上で、結構そういう実体験をしている。「先立つ他者との差異性の中にしか確立できない私」と坂部氏の哲学論文には書いてあることが、次の事例と見事に対応する。ある学生が18歳で東大に入学し、うつ病になった。原因はキャラが立たなかったからだ。彼らにとって最初の1、2ヶ月ぐらいでクラスの中の自分のキャラを立たせることができるかどうかということが非常に重要な問題である。キャラが立たないと、クラスに溶け込めず居場所がない。多分これは中学、高校でも同じだ。面白い奴とか、どんなキャラでも構わないのだが「キャラが立つ」ことを非常に気にしている。要するに他人に自分が何であるかをはっきり認めてもらう。その結果、コンパにも呼んでもらえるし、飯の誘いも受けられる。影が薄いとクラスの中で段々忘れられて居場所がなくなる。つまり、前は自分が何であるかという以前に先立つ他者に対して、「おれはおれだ」という考え方、19世紀的な自己同一性があった。自己同一性の考え方の上では、いろいろな情況に対応できないので、その後そうでない逆の考えが出てきたこと、日本の少年が自分について悩むことと見事に一致している。だから「おれはおれだ」以前に他者が「おれ」をどう考えるか、どのように振る舞って「おれ」の実体を認めさせるかということを非常に気にしている。
 僕はゼミの面接の時に突然にこう聞く。「君はどういう人ですか?」すると、女の子は気にせずに「私は〜」って答える。男は何か引っかけていると疑うのか、そういう質問を受けたことがないのか「僕が答えていいですか?」「先生は君のことを知らないのだから君が答えてよ」って言うと「みんなは面白いやつって言います」って言う。「みんながどう言うかじゃなくて君はどういう人だと思っているのか君が答えてよ」と聞くと「僕ですか?考えたことないですけど面白いやつだと言われているから?」と来る。そういうやりとりの中に「先立つ他者の差異性の中にしかいない私」という坂部さんが難しく言っていることが事実として表れている。キャラクター研究会との関係性を言うと、つまり、「キャラ」として自分を他者の中に置くことで自分の存在価値が認められる。だから「おれはおれだ」とは居直れない。本研究会の「キャラクター」と「キャラが立つ」というのは重なっていて面白いということになる。
 「感じない男」という本が出版された時、大ヒットする予感があったがダメだった。自分が世の中ではマイナーな人間だからかなと思ってちょっと悲しかった。その本には色々なことが書いてあった。どうして男性はセーラー服好きなのかっていうと、セーラー服の少女になりたいからだ。自分自身がセーラー服の少女になって、愛される体になりたい。14から15歳の時以降、自らの体を汚いということでしか認識できなくなっている人が多くて、40歳の男になってもセーラー服好きだったりする。自分の体を汚いと思って自分を好きになれない、自分が一番愛される体になるのはセーラー服である。同時にセーラー服は「愛される体」であり、「愛された体」ではない清純な体であるというイメージがある。セーラー服をある人たちが好きかというと、そういう意味があるらしい。その時にやはりある意味で「キャラが立つ」とか「先立つ他者の差異の中にしかいない私」とか「魂のないものに魂を吹き込んで生かす」ということ、そして人形浄瑠璃で人形を遣うようなことと同じような状況があるのではないかと思う。つまりセーラー服の少女になるというのは妄想で、もしくはセーラー服を買って着る、どちらにせよセーラー服の少女になるのではなく、その身振りをする。完全に行為を消してセーラー服の少女としてその身振りだけで外に出かけていくことを、本当は期待しているのではない。セーラー服の少女の身振りをするのは家の鏡の前か、これが重要なことですが「あなたと私」の世界の中でその身振りをするのではないかと、私は理解している。「あなたと私」の世界というのは、コミケみたいなところでいろんなキャラクターの格好をしていく世界で、これは皆さんの方が詳しいと思います。男の人でもセーラー服で行く、美少女キャラクターに似てなくても気にせず、その姿をして行く、それで良いんだと思う。つまりバレバレでも良い。なぜなら「あなたと私」の世界での事柄で、あなたと私は互いに身振りと行為の両方があらわになっても良いと、許され合っているからだ。もし第三者が、例えば道を歩いている時にセーラー服の格好をした男性に遭遇すると「あなたと私」の相互理解がないのだから、その行為が目から消えなくて「あ!男がセーラー服着て歩いている!面白いな!気持ち悪いな!」とか「なんだろう?」と言うだろう。しかし全員がオタクという世界では「あなたと私」の中で、身振りと行為が両方あらわになっても良いと許されている。つまり人形に魂がなくても良いし、セーラー服の少女の体は本当の少女の体じゃなくても良い。キャラクターの世界について門外漢の私としては、キャラクターというものはそれに似た解釈、鏡の前か「あなたと私」の2つの世界で成り立って、完結していくという気がしている。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,493位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
6,057

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
9.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
18.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
19.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
20.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
21.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
22.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
23.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
24.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
25.日越関係発展の方途を探る研究
26.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
27.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
28.日本にとっての難民・避難民対策の研究
29.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
30.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
31.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
32.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
33.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
34.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
35.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
36.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
37.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
38.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
39.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
40.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
41.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
42.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
43.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
44.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
45.地域金融と地域づくり
46.南・北朝鮮、同時崩壊か?
47.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
48.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
49.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
50.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
51.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
52.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
53.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
54.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
55.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
56.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
57.SYLEF The First Twenty Years
58.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
59.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
60.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.28
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.参加校募集チラシ 表面
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から