日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

2005年キャラクター創造力研究会報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


キャラクター創造力研究会 第3回(2005年7月28日)
清谷信一氏「機と字とキャラクター―何故無機質なものにシンパシーを感じるのか」
 
 今日は、なぜ二足歩行のロボットに我々はシンパシーを感じるのか。なぜ日本でアスキーアートが発達したのか。二つの違ったテーマを関係付けて考察してみる。
 
1 機械(ロボット)に対する愛着
 昔から男は機械や乗り物(Vehicle)に対して非常に愛着を感じる。これは女性や動物に対する思い入れに近い。軍歌、「愛馬行進曲」に歌われた馬との一体感を持つ感情などがその好例である。また、戦闘機に単にF6FやF-4Eなどの無味乾燥な記号的な機種名だけではなく「ヘルキャット」「ファントム」、日本陸軍の「隼」など強そうな愛称をつける傾向は強い。更に米軍などではノーズアウト(機首部分)に絵を描くのも、第二次世界大戦のころからあった。爆撃機や輸送機には機体固有のキャラクター例えば、大砲を持っている赤い悪魔、アニメキャラクター、ピンナップガールなどを描く。戦闘機の場合は、シャークマウスといってサメの口を描いて強さを強調することもある。いずれも機体を単なる機械、モノではなく、自分たちの仲間という意識が働いている。これはある種、いまの戦闘ロボットものに通じるものを持っている。いわゆる乗り物の擬人化だ。
 日本では1980年代以降、ロボットは産業用そしてホビー用として発達したが、世界的では、ロボットのほとんどが兵器という形、もしくは軍事利用という形で発達している。日本は、二足歩行する人間に近い形のロボット開発など当面実利には結びつかない、いわば夢を追う研究も先行して多く行われている。日本のロボット市場は結構大きく、しかもほとんどが民間用だ。最近、ホビー用のラジコン式の鉄人28号が35万円で発売され、完売した。またソニーのAIBO(アイボ)は、40万〜50万円にも関わらず爆発的に売れた。こういう市場を開拓できるのが日本の特徴である。対して海外では、いままさにイラクやアフガニスタンなどでロボット兵器が使われているという現実があるように、軍用が中心だ。高度な知能を持つ完全自律型のもの、つまり自分である程度判断して行動できるロボット兵器が増えている。知能という意味から言うと非常に高度なシステムだ。フランスが未来歩兵用に開発している小型ヘリ型UAV、全長90センチくらいの大きさで、分隊、小隊レベル即ち、10人から30人程度の部隊と一緒に行動して偵察などを担当する。さらに高度な有人の戦闘攻撃機に代わる無人戦闘攻撃機も、アメリカやフランスが中心になって開発している。また、イスラエルでは港湾などの警備に使う水上を動く無人機を開発している。こういう軍事用ロボットには、任務遂行のため合理性を追求しており人型の外見を追求することもなく、日本の民間需要用ロボットのようなキャラクター性は、全く感じない。
 日本最初の有名ロボットは鉄腕アトムであろう。アトムは、いわゆる完全自律型の擬人化されたロボットで、ドラえもんも同じカテゴリーに入る。アトムやドラえもんなどは、ロボットという設定でもなくても話は成立する。じつはおばけでも妖怪でも宇宙人でもよいのだ。ロボットのイメージがより強いのは、工学的にいえばもっとプリミティブな操縦する大型ロボットである。始めに登場したのは、鉄人28号とかジャイアントロボなど外部から音声なり操縦機で、ロボットに動きを命令するタイプである。次いででてきたのがマジンガーZやボルテスVなど、主人公がロボットに乗り込み、ロボットと一体になって操縦するタイプである。これは一種ののりものであり、自動車や航空機の延長線上にある。だが人型の外観にファンは強いシンパシー、キャラクター性を感じる。
 「ゲッターロボ」は3台のゲットマシンに3人の主人公が乗って、合体して巨大ロボットになるが、ゲットマシンにキャラクター性を感じる者はいない。それが3つ結合してゲッターロボになって、初めてキャラクター性を感じる。同じようにガンダムでも、ガンダム構成するパーツであるコアファイター(小型戦闘機)にはキャラクター性を感じないが、ガンダムというロボットに対してはキャラクター性を感じる。
 人型ロボットには乗り物としての一体感と、ロボットのキャラクター性持ち合わせた存在であり、操縦している主人公に自分を重ね合わせた一体化するようなイリュージョンを持てるような存在なのである。ガンダム以前は、ロボットというのはカスタムメイドで、マジンガーZというロボットは1台、唯一無二の存在であった。ところがガンダムあたりからはこれが量産品、即ち工業製品としての性格が強くなってくる。いままでは唯一のマジンガーZ、唯一のゲッターロボに対してキャラクター性を感じていたが、ガンダム以降はモビルスーツであるとか、『超時空要塞マクロス』のバトロイドとかの量産のロボット(もしくはそのプロトタイプ)が主流となってくる。工業製品であるから新型がでてきたり、スペアが存在したりする。より乗り物に近い存在になってきたわけである。
 この辺りからファンの意識が次第に違ってきて、量産ロボットであるにも関わらずシンパシーを感じ、キャラクター性を感じはじめる。ビークルの進化形である、人間が乗り込んで動かすロボットに対して、シンパシーを感じるというマンガ、アニメは、他の国であまり例がない。しかし、これが日本だけの話かというとそうではなく、『グレンダイザー』が『ゴールドラック』という名前でフランスで放映された時に、爆発的に人気が出たように、主人公が乗り込んで動かす巨大ロボットものは海外でも普遍的に人気がある。日本に限らず他の国にも同じような感情があるのではないかと思う。
 辞書でロボットを引くと人造人間とでてくるが、それは古い観念で、いまアニメやマンガで主流のロボットは人間の形をしていないロボット、ビークルというか、人間が乗り込んで操縦するロボットになっている。もちろん人々はアトムのような完全自律型ロボットにも感情移入はあるが、それはピノキオに対して持つのと同じような隣人に対する愛着的感覚だと思う。なぜ巨大ロボットにこれだけ人気があるかというと、人型のロボットに自分が感情移入している主人公が乗り込んで動かすことに対して一体感とかシンパシーとかを持つからではないか。もう一つ、これらのロボットは操縦者が完全に制御できるということもある。アトムなど完全自律のロボットは自分の制御外で、友達にはなれるけれど、ドラえもんのように、のび太の要求を拒否することもある。つまり彼らとのつきあいには「人間関係」がつきものとなる。でもマジンガーZやガンダムは、単なる機械であり、自分の思った通りに操縦できる。完全に自分と一体化している。ある意味では愛馬とか愛犬みたいな感覚もあると思う。
野崎―信頼感ですかね。
鎌田―信頼感よりも、生き物感だと思う。だから擬人化と言ったのはひとつの適切な表現だ。日本人はそこに生きているもの、アニマを感じる。そうするとそこに名付けがあり、一緒に生活している、生きているという親近感や信頼感がある。
 
2 字:AA(アスキーアート)、顔文字の興隆
 アスキーアートが元々どこで発生したのかは、正確には判らないが、日本のメールマガジンで、量的にも質的にも、大躍進して、一つのジャンルを形成してしまった。メールマガジンは出来るだけ軽いデータにする必要があるため画像などが送れずに全部文字なので、その中である程度読者によりアピールするために文字だけを使って絵を描くという部分が発達し、また、パソコン通信で、顔文字も含めて一緒になって発達してきた。
 特に我が国では世界最大のBBSである「2ちゃんねる」の爆発的ヒットに乗っかって発達した。モナーはアスキーアートのひとつのキャラクターで、2ちゃんねるのマスコット的存在になっている。アスキーアートそれ自体というよりは、モナーが商品化されたので、キャラクターとして認知、成立している。これが面白いのでコピー&ペーストであちこちに貼られて、多くの人間が見ることになった。そうすると今度はじゃあもっと面白いものを作ってやるというモチベーションが沸いてくるということで非常に発達してきた。単一の絵だけでなくて、続き物でセリフを入れてマンガ式にするということもある。アスキーアート、モナーがこんなに浸透し、取り上げられているのは、ほかの国にはない現象である。なぜそういうものができたかというと、(1)日本語が非常に柔軟だからだと思う。漢字、カタカナ、ひらがな、アルファベット、ローマ数字、化学記号なども使える文字が非常に多く、また縦書き横書きが混在しており、これが表現の幅を広げている。さらには「あ゛」といった文字まで作ってしまう。この現象の始まりはおそらく細野不二彦氏が「うにばーしてぃBOYS」の中で「ま゛」と書いたのが初めだと思うが、最近はマンガの中でよく使われている。欧米の現代のアルファベットでは、形を変えることはまずあり得ない(歴史的にであれば別ではあるが)、「あ゛」とか「う゛」とか「ま゛」に相当する文字がどんどん出てくるような柔軟性はない。
(2)日本では大人の文化と子どもの文化が、日本ではあまりはっきり分かれてないことがある。だからOLやサラリーマンが携帯のメールで顔文字で「m(_ _)m(ゴメン)」とか「OTZ(ガックリ)」と使ってもおかしくない。子どもが使ってもいいし、大人も使うというように、キャラクターの創造や使用に世代間、階級間の文化的な壁が少ない。(3)ここ5〜6年、iモードやPCが大きく普及し、絵文字によるコミュニケーションが、普通に、自由に使えるようになった。(4)コミケに代表されるように、もともと絵を描ける人間が外国よりも多い。しかも絵を描くだけではなく、話まで作ってしまう。例えばモナーが出てきて雑談をしながら4コママンガ的なオチまで付いてしまうのは、そういうマンガを描く人口が多かったからである。それにプラス、マンガが既に日本の文化のひとつのベースになっている。そういう社会的な基盤がベースになっているのが非常に大きいと言える。
 
 このような二つの例は、およそ日本以外の国で発生しえなかった特異なキャラクターの発達であると考えられる。
 
 


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,488位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
5,992

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
9.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
18.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
19.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
20.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
21.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
22.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
23.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
24.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
25.日越関係発展の方途を探る研究
26.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
27.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
28.日本にとっての難民・避難民対策の研究
29.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
30.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
31.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
32.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
33.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
34.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
35.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
36.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
37.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
38.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
39.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
40.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
41.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
42.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
43.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
44.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
45.地域金融と地域づくり
46.南・北朝鮮、同時崩壊か?
47.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
48.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
49.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
50.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
51.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
52.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
53.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
54.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
55.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
56.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
57.SYLEF The First Twenty Years
58.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
59.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
60.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.28
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.参加校募集チラシ 表面
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から