日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

2005年キャラクター創造力研究会報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


キャラクター創造力研究会 第2回(2005年6月30日)
発表者:相原博之氏
テーマ:「キャラクターは現代人のお守りか?」
 
●生活者(消費者)意識から分析できること
 前半で、キャラクターと生活者意識についての簡単な指標を提示したい。2004年12月に実施した調査では、キャラクターに対する好意度は全体で9割を超え、50代以上でも高い数字が出ている。キャラクターの所有率は8割を超えている。キャラクターはオタクっぽいとか、恥ずかしいというような、いわゆる否定的な見解は2割程度である。キャラクター所有動機についての調査では、キャラクター商品によって得られる効能は、「安らげる」(56%)がトップになっている。2番目に「やさしくなれる」が続き、「さびしさがまぎれる」という回答も上位にあって、現代の日本人が心理学的な効能をキャラクターに求めていることがわかる。2000年の同じ調査でも1位は安らぎだった。年代別に見ると、あらゆる年代で安らぎがトップにある。小学校高学年の男の子で「リフレッシュ」がトップになっているぐらいだ。
 キャラクターの市場規模は、4〜5年前が頂点で、2兆円以上であった、今は1兆7000億円ぐらいになっている。その4年前の調査と比較しても、基本的に大きな変化はない。効能に関しては、2000年に比べるとより安らぎに特化してきている。2000年には「安らげる」と「気分をリフレッシュできる」が2大効能だったが、2004年には「気分をリフレッシュできる」が大きく下がり相対的に「安らぎ」が強くなっている。バンダイキャラクター研究所では、キャラクターの効能について大きく、癒し系、活力系、自己確認系の3つに分けているが、癒し系の比率が最も多く、4年前に比べてさらに増加している。小中学生がバックにぶら下げるぬいぐるみのキャラクターは、かつては新しいものをどんどん付け替える傾向にあったが、最近は汚れても、古くなっても、大事なので捨てられないという、絆や愛着が強まっている。
 コミュニケーションとの関係を調べると、コミュニケーション欲求度が高い人たちのほうがキャラクター好意率も所有率も高い。キャラクターが何らかコミュニケーションの媒体として機能する、あるいはコミュニケーションの代替物になっているようだ。コミュニケーション欲求度が高い人ほどキャラクター商品へのある種の依存度、キャラクター商品を通じた自己表現の意識が高い。実際のコミュニケーションレベルは問うていないが、より人間関係を強めたい、コミュニケーションをとりたいと強く思っている人ほど、いつもキャラクターを側に置いておきたいとか、キャラクターに友達との絆を感じるという傾向がある。人間同士のコミュニケーションで得られない部分をキャラクターで代替していると言えるかもしれない。キャラクターと、記憶、思い出、経験とのつながりが顕著に見られる。例えば「おばあちゃんに買ってもらったので捨てられない」というような、キャラクターそのものの価値というより、キャラクターに付随する記憶がキャラクターの価値を増殖させる形になっている。本当にキティが好きだから捨てられないのか、買った時のシチュエーションが大事だから捨てられないのか、混ざり合う形になっている。最近の小学校高学年の女の子たちはどんなキャラクターを持っているのか。ナルミヤ・インターナショナル(アパレルメーカー)のナカムラくんというキャラクターが非常に人気がある。いわゆるファンシー系のキャラクターに大量に囲まれて暮らしていて、そこに幸せを感じている。中学生から大学生は昔ほどキャラクターに興味はないが、小学生とその母親にあたる30代〜40代の女性がキャラクターに強い関心を持っている。母娘のコミュニケーション・ツールにもなっているのだろうが、サンリオのシナモンロールやウサハナ、ディズニー、ミッフィーなどファンシー系キャラクターを中心に大量に消費している。かつてキャラクターは子どものもの、玩具中心とみなされていたが、この10年ぐらいでオールターゲット、オールジャンルに広がって、今の日本では子どものものという認識はほとんどなくなっている。ジャンルは、雑貨、アパレル、家電、飲料、菓子などのほか、最近ではホテルでもキャラクターを使う。USJができた時に、大阪の帝国ホテルが部屋のベッドカバー、歯磨き粉、クッション、カップなど、全部スヌーピーという企画をやった。医療機関は、袋や診察券に使うなどかなり浸透している。認知症とキャラクターとの関わりも研究されているので、老人ホームなどでの利用も今後広まるのではないか。学校などは、もともとキャラクターのついたものは持ち込まないようにという規制があるので、なかなか入りにくい。キャラクターの定義にもよるが、そもそも制服を着ていることがキャラクタライズしていると言えなくもない。最近は大人がキャラクターを買う傾向が強まっている。仮面ライダーやキティちゃんなど、親が子どものころ好きだったものをコレクションして子どもに伝えていく形で2世代化する構造がある。少し前にチョコエッグの動物のフィギュアが大当たりしたときには、不況、リストラ、家族の乖離などで寂しい思いをしているおじさんたちを癒してくれる道具として機能したとも言われた。ガシャポン(ガチャガチャ)も、以前は子どもしか買わなかったが、いまは大人でも買うので、高いクオリティのものになっている。ガンダムは、オタク・キャラクターのナンバーワンと言えるが、プラモデルだけで100億円以上売っている。第一次ガンダム世代がいま社会の中心層になっており、再びブームが広がってきている。かつてガンダム好きだった子どもたちは、どちらかというと教室の隅っこにいるような子だったが、彼らはガンダムを生きる支えのようにして育ってきたので、ガンダムへのブランドロイヤリティが極めて高い。発売から6、7年になるプリモプエルというおしゃべりするぬいぐるみ型のロボットは、当初は若い女性向けに作ったものの全然当たらず、50歳代の女性の間に口コミで広がって、昨年から大ブームになっている。子や孫の代替物として機能しているようで、かつては考えられなかったような盛り上がりだ。家族や友達に話せないこともプリモなら話せる、自分のことを一番わかってくれるのはプリモだ、と真顔で言うファンがたくさんいる。4年前の調査で、小学校高学年(4、5、6年生)のストレスの強い子どもたちがキャラクターに求めるものを調べたところ、「自分を見守ってもらえる」「いやなことを忘れられる」「自分をわかってもらえる」などが上位で、本来は友達や家族に求めるものをキャラクターに求める傾向が顕著に見られた。また、以下の四つの選択肢から一番安心できるものを尋ねたところ、ストレスのない子どもは、母、父、親友、キャラクターという順番だが、ストレスの強い子どもは、母、キャラクター、父、親友という順番だった。我々がキャラクターに求めるもの、あるいはキャラクターが我々に提供しているものは、単に楽しい、面白い、可愛いというだけではなく、心理的な絆の部分のほうが強そうだということがわかる。
 
●本研究会のためのいくつかの視点を提示する
(1)否認意識とキャラクター
 いまの子どもたちは生まれながらに否認され、あるいは不安のまなざしで親から見られている。子どもたちは安心感を求めるが、いまの社会では家族や友達からそれを得られない。キティに代表されるようなキャラクターは、ただそこに居るだけで裏切ったり余計な話をしたりしないので、安心感を覚えるのではないか。幼い子どもが母親から独立していく過程で、ライナスの毛布のような手放せないものを持つことがあり、それを移行対象物と言う。いまの大人たちも何らか移行対象物を持っていないと不安で、キャラクターが代替しているのではないか。自分のことをわかってくれるのはキャラクターだけ、と言う人が多い。
(2)ストレス社会とキャラクター
 いまのオフィスでは、女性が自分のデスクの周りを好きなキャラクターのフィギュアで固めているのがよく見られる。好きなキャラクターを置くことで、安らぎの環境を作っているのだろう。
(3)コミュニケーション不全とキャラクター
 本来は友達や家族とコミュニケーションをとりたいが、人間関係や家族関係の変質によってそれができない環境であるため、代替物としてキャラクターにコミュニケーションを求めている。
(4)キャラクターとお守り
 カバンや携帯電話にキャラクターをたくさんぶら下げて、特に具体的な機能を得られるわけではないが、とりあえず安心する。これは、お守り的な位置付けでキャラクターが機能していると言えるかもしれない。
(5)アニメとキャラクター
 キャラクターを大きく分けると、マンガ・アニメの登場人物のキャラクターと、そうではない新生キャラクター、つまり背景を持たないキャラクターとがある。マンガ・アニメのほうは物語の世界観も含めてキャラクター性ができあがっている。しかし、ファンシー系のキャラクターはそうした背景を持たず、純粋にキャラクター造形だけに共感する。キティはその代表で、年間3,000億円のマーケットがあると言われている。ただの猫の絵に、日本人が3,000億円も払うのは、なぜか。外国でもキティは大人気だが、背景を持たないがために軽く国境を越えていく力を持っているのかもしれない。ある種のシンボルとして機能していると考えることもできるかもしれない。
(6)真性キャラクター=むひょキャラ
 ファンシー系のキャラクターを真性キャラクターと呼ぶ。顔が無表情なので「ムヒョキャラ」とも呼ぶ。ディズニーのキャラクターなどは、目や口が大きく、顔の表情も非常に変化に富んでいて、喜怒哀楽がよくわかる。キティに代表される日本のファンシーキャラは、無表情、無感情、背景の世界観もわからない。キティは口すらない。そういうムヒョキャラだからこそ、逆に感情移入ができる部分もあるだろう。高ストレスの子どもたちがキャラクターに依存するのも、キャラクターが安心のシンボルとして機能しているとも考えられる。
(7)サブキャラ
 最近のキャラクターの特徴の1つにサブキャラブームがある。「ポケモン」や「ムシキング」が代表的だ。「ポケモン」は、いまや何匹いるのかわからないほど膨大なサブキャラが存在しており、それらを収集していく形でキャラクターと関わる。「ムシキング」は、あれをキャラクターと呼べるのかどうかという議論もあるとは思うが、やはり同じパターンだ。このようにサブキャラを含めた集合体としてのキャラクターの支持も、1つのテーマとして考えておくべきだと思う。
 
 


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,486位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
5,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
9.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
18.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
19.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
20.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
21.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
22.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
23.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
24.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
25.日越関係発展の方途を探る研究
26.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
27.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
28.日本にとっての難民・避難民対策の研究
29.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
30.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
31.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
32.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
33.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
34.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
35.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
36.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
37.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
38.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
39.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
40.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
41.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
42.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
43.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
44.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
45.地域金融と地域づくり
46.南・北朝鮮、同時崩壊か?
47.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
48.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
49.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
50.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
51.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
52.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
53.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
54.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
55.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
56.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
57.SYLEF The First Twenty Years
58.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
59.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
60.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.28
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.参加校募集チラシ 表面
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から