日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

2005年キャラクター創造力研究会報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


キャラクター創造力研究会第1回(2005年5月26日開催)
発表者:牧野圭一氏
「アニミズム、脳機能からのアプローチ」
 
1 鍋文化とリテラシー
 日本で最初の、マンガとアニメに関する本格的なフォーラム『日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム』(2000年東京財団主催:牧野圭一座長)から5年経った。マンガ・アニメの啓蒙活勤は世界的にも成果をあげている。東大にアニメ研究セミナーができ、京都精華大学はマンガ学科を学部にし、大学院を設置した。京都造形芸術大学でもアニメコースができた。本当に驚くほどの進展があった。今回の研究会では啓蒙活動を脱し、キャラクター創造力の背景にある思想哲学を研究する。
 5年前のフォーラムにおいて、この現象は本当に我が国独自の性格に起因するのかどうかというような質問をしたところ、日本独自と考えるのは身びいきだという話もでたが、一方で、これは極東に弓なりに伸びている日本列島が受け皿となり、大陸や半島からやってきた文化の吹きだまりとなって蓄積された文化が発酵し、独自の文化を生んだのだという説明にも非常に説得力があった。言ってみれば、鍋料理のようにさまざまな食材を投げ込んで1つの味を出していく「鍋文化」の1つとして、マンガ・アニメーションを説明して下さった。
 また「リテラシー」という言葉も1つのキーワードになった。世代によってマンガの読み取り速度、読み取り能力、読み取りの質が違うのではないか。マンガの読み取り能力において、日本は非常に優れているのではないかということだ。
 日本のマンガ作品は非常に特徴的で、描線で描かれているし、かなりのスピードで読んでいける。一方、フランスの作家エンキ・ビラルの作品を見ると、油絵調で描かれた作品もあって、1コマ1コマの完成度が非常に高く、思わず見入ってしまう。日本の漫画にももちろんデッサンの効いた素晴らしい作品はたくさんあるが、そもそも日本のマンガとヨーロッパやアメリカのマンガとは、似ているけれどもどこか基本的なところで違うようだ。それは何だろうか、という議論もあった。
 日本のマンガは、文字のような性格を持っていて、象形文字のように読み取られている。養老孟司先生は、「マンガはルビのある漢字」であるとおっしゃっていた。吹き出しの中の文字がルビで、マンガの絵が漢字に相当する。しかも、国語教育の中で小さいころから漢字仮名まじり文を読んでいるため、それを読み取る脳の部位、脳の活動がマンガの読み取り能力に非常に影響しているのではないか、というお話だった。そして、失読症の例を挙げられた。脳には漢字を読み取る部分と仮名を読み取る部分が別々にあって、だから日本人の失読症には漢字だけ読めない人、仮名だけ読めない人もいて、これはアルファベットで教育された人々とは違う。そういう脳の働きからしても日本人のリテラシー能力の特異性が証明できるのではないかというようなお話だった。
 
2 なぜ、マンガに理屈をつけるのか
 私は、もともと読売新聞で政治マンガを描いていたが、いまは精華大学でストーリーマンガを含むマンガ全般に関わり、マンガを一番愛好している若者たちの描く姿、読む姿に日常的に接している。また、大学院にはドクターコースができているが、マンガのドクターというのはまだおらず、ドクターコースの学生をどう評価するかという問題も抱えている。マンガの描き手や描き手の卵たち、研究者、読者といった、一番エネルギッシュな人たちのすぐ側にいることから、現場から見た切り口を引き出すことが、本研究会での私の役目でもあると解釈している。単にマンガ・アニメは大変な文化であるという啓豪の域にとどまらず、何ゆえにマンガがこれほど大勢の人々に受け入れられているのかということを説得力のある形で提示していきたい。それを若者だけではなくて、マンガの研究者にも説明しなければならない。先日、マンガ学会のカトゥーン部会が関西大学で行われた。マンガを描く学生、社会学やその他多様な分野の学生がマンガを介して自分の研究を深めようとか、自分の研究を通してマンガ・アニメとは何なのかを賢明に考えようとし始めている。これは、5年間の非常に大きい変化だ。マンガ学会にもマンガ研究のそうそうたるメンバーが集まっているが、マンガの論文と評論との違いをどう定義するべきか、悩んでいる。従来はマンガ集団とかマンガ協会といった、マンガを描くことに関しては大家、巨匠と言われる方々と、いざ理論を詰めようとすると返ってくる言葉は、「マンガは理論じゃない、面白くなくちゃいけない」「理屈をこねようとするから、マンガが面白くなくなる」というふうに拒絶するものばかりだった。しかし、昨今のマンガの経済効果とか、海外における日本のマンガの評価とかから、いままでマンガ・アニメに着目しなかったような方たちの関心をひくようになってきた。韓国には400の学校にマンガのコースがあるそうだ。大学だけではなく専門学校なども含めた数字だと思うが、いずれにしても大統領令で日本のマンガ・アニメ産業に追いつけ追い越せと大変力を入れている。
 
3 八百万の神々と先端科学の習合
 日本のマンガキャラクターは、種類が非常に多い。端的な例がアンパンマンで、2,000とも3,000とも言うが、やなせたかしさん自身がいくつかわからないぐらいキャラクターを作ってしまった。ポケモンなども、非常にたくさんのキャラクターが生まれている。それから、1人の作家が、幼児マンガから少女マンガ、少年マンガ、大人のマンガ、劇画調のものまで描いてしまう例がある。手塚治虫さん、赤塚不二夫さん、石ノ森章太郎さんなどがそうだ。乱暴な結論かもしれないが、これも日本人の感性と結びつくのではないかと思う。八百万の神々というか、たくさんの神様仏様、心霊現象も含めて、受け入れている。ただ神々が多いというだけであればヒンズー教もあるし、ギリシャ神話もそうだが、日本において独特なのは、それが最先端科学と同居しているところではないか、と私は考えている。
 ここにいくつかのフィギュアを持ってきたが、京都精華大学の学生たちのデスクにはこういったものがたくさん置いてある。これらを手にとって見ると、その非常な精巧さに驚く。私の世代(67歳)が知っているのはグリコのおまけだが、それとは比較にもならないぐらい高精度のものになっている。こうしたフィギュアを作るには、その原型師の力量が非常に優れている。ロボット系のいわゆる金属キャラにしても、金型を作る技術が非常に優れている。それを考えていくと、江戸の根付までいくのではないか。根付は、象牙、珊瑚、漆などあらゆる素材を使って、これでもかというぐらい小さな世界の中に当時のキャラクターを彫り込んでいるが、そういった世界と相通ずるものがあるのではないかというのが、職人である私の直感的な見方だ。
 1つのキャラクターを描き込んでいくときに、作家は様々なものを頭の中で考える。私が何十年も前に描いた幼児もののキャラクターを例に挙げると、これは初めからターゲットがあったのではなく、頭の中に様々なイメージが混在していて、それは動物であったり坊やであったりメガネであったりするのだが、その中から1つを引き出してくるというプロセスがあるわけだ。ほとんど脈絡がないような想念といったものがどの作家の頭の中にも渦巻いているわけだが、そこから何か1つの目的を持ってキャラクターを生み出そうとする。そうして生まれて、世界的なヒットになったキャラクターも、そうならなかったキャラクターも、作家の頭の中では脈絡のないものが闇鍋のように渦巻いていて、そこからある何らかの要因によって形になっていく。日本の場合、キャラクターを作るのに、ほとんどタブーがない。どんな国でも宗教とか政治とか社会習慣などで、かなりの縛りがある。日本でも皇室をマンガにすることにはかなり厳しい面があるが、それ以外はほとんど縛りがないと言っていいような中で私たちは仕事をすることができる。そこに大変優れた読み取り能力のある、層の厚い、質の高い読者がいて、マンガそしてキャラクターを育てているのではないか、と私は考えている。
 
4 脳内イメージの可視化
 マンガのキャラクターは、劇画のように実際の人物と同じプロポーションのこともあるが、概ね3頭身、ときには2頭身だったり2頭身以下のものまである。アンパンマンなどがそうだ。やなせさんという作家の頭の中で、先人たちが描いたスーパーマンやアトムというようなものがあり、そこからアンパンの擬人化によるスーパーマンという非常に奇妙なものができた。アンパンがスーパーマンになって空を飛ぶという発想は、プロでさえなかなか受け入れられなかったと聞いている。最初のアンパンマンは3頭身半ぐらいのプロポーションだったが、だんだんと胎児型プロポーションになっていった。すると、1歳に満たない赤ちゃんが絵本のアンパンマンを見て反応したという。この丸と点という図章に反応しているというのだ。これは養老先生も指摘されていた。例えば、ふくろうの顔は、丸の中に黒い点が2つあるが、そういったものを顔として認知するということがある。キャラクターというのは方程式があって描くのではなくて、星雲状態のもやもやとしたものの中から何かがぽっと生まれる。アンパンマンが、突然、生まれてくるということだ。やなせさんご自身が「69歳のブレイク」と言っているが、その前に15年間ぐらいの時間があったのだ。そして、キャラクターが2頭身に縮まり単純化されて、いわゆる「かわいらしい」状態になってきたこと、テレビという媒体が使われたこと、そういういくつかの要因が一点に集まった時にブレイクしたのだと思うが、ブレイクが起こる前はそれを扱っているプロでさえわからなかった。
 ずっと昔のダッコちゃんというキャラクターのときもそうだった。おもちゃ業界は、おもちゃは、赤、黄、青、緑が混在しているような派手な色彩でないとヒットすることはありえないと言っていたが、真っ黒なダッコちゃんが日本中を風靡した。その後には、オバQという真っ白なキャラクターが日本中の人気者になって、業界の常識は破られた。業界はこういうものが売れるはずだという方程式で考えているが、客のほうは自分の感性で買っている。流行るには時代の背景とか様々な要素があると思うが、モノクロームであるがゆえに大人にも受け入れられたというようなことがあるかもしれない。
 キャラクターが作家の頭の中で星雲状態で生まれるときには、これは絶対に売れるぞといった物差しは一切ない。キャラクターは、あらゆるものが投げ込まれた星雲状態で整合性もない頭の中に、何らかの理由で1つの焦点が結ばれてポンと生まれてくる。これは脳の活動の可視化ではないか。作家の頭の中にモヤモヤっとしてあったものに形が与えられ視覚化された。場合によっては触覚まである。これはコーラのおまけに付いていたイチロー選手の素晴らしいキャラクターだが、まず原型師がいる。この原型を作るには、相当の彫刻の技術、工芸の技術を持っていないとできない。さらに量産するには、素材開発を考えなければならない。これだけ細密なものを抜き出すためには金型を作る技術も必要だ。これは中国で彩色するのだが、目はきちんと描いてあるし、ヒゲまで描かれている。1つ1つ間違いなく細密な彩色が施されていて、ユニフォームのシワまで作り込んであるし、文字もきちんと書かれている。これが目の前に置かれたとき、誰もがすごいと感心させられる。「可視化」という言葉は関西原子力研究所上島研究員が論文で触れていて、見えないものを見せるということだ。―原子の形とか紫外線や赤外線という見えない光までを映像として見せるようなことも含まれている―マンガにおいては、様々な雑多な要因、作者ですら説明不能であるようなものまでを可視化する。それがマンガであり、キャラクターではないかというのが、描き手の側からの提示だ。理論ではなく、そういうふうに思える。私だけではなく、同僚のマンガ家や学生たちの苦闘している姿を見るなかで繰り返し感じ取っているものだ。
 言ってみれば私は臨床医の立場であって、この島ではこういう熱病が流行っているけれども原因が分からないので、専門医の先生方に「これはどうしてでしょうか」と提示してお見せする役割だ。5年間にマンガを取り巻く環境は変わってきたが、その中でもなお変わらぬものがあるとしたら、それは何か。様々な情報を皆様に生のままで提示してご意見を伺い、深めていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
 


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,488位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
5,992

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.2001年度『シンポジウム「心に残るこの一冊」』
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第1回“マンガで育つ人間力”?
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第2回“うちの学校ではマンガが正課”?
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ)授業”?
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”?
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第5回“マンガ館の教育的活用・学社融合の要”?
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第6回“NHK子どもがつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”?
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第7回“パソコンでマンガを描こう! 日本の絵筆が世界標準! デジタルコミック展開!”?
9.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」?第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”?
10.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第1.2回“マンガ学科のシミュレーション及びモデルケース”
11.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第3回“マンガ・アニメグローバル戦略と新ビジネス構想”
12.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第6回“マンガ教育論”
13.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第7回“新文化外交論”
14.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第8回“マンガリーテラシー論”
15.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“アニメプロデューサー論”
16.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“産業論”
17.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第9回“マンガ編集論”
18.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第11回“新マンガ時代論・コンテンツ産業論”
19.2003年度「ENTERTAINMAENT GOES POP」
20.マンガ・アニメ造形ビジネス学科設立事業セミナー 第10回“モデル人材論”
21.2005年度キャラクター創造力研究会翻訳
22.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会翻訳
23.SYLEF Newsletter No.15,No.16,No.17
24.日本の知的・文化的国際協力に関する総合戦略
25.日越関係発展の方途を探る研究
26.「日ロ関係打開の手法?好手と禁じ手」に関する研究
27.大学初年次における「自己表現・評価トレーニング」の導入に関する緊急提言
28.日本にとっての難民・避難民対策の研究
29.北方4島「ビザなし交流」専門船の建造と活用法に関する提言
30.ベトナム戦争と文学?翻弄される小国
31.延辺朝鮮族自治州と北朝鮮東部経済に対する日本の政策研究
32.中国の海洋政策と日本 ?海運政策への対応?
33.フィリピン日系人支援の方策についての研究 ?両国におけるアンケート調査を通じて?
34.戦略的広報外交のすすめ ?中国のプロパカンダへの対応を中心に?
35.大都市の危機管理体制(町守同心)のあり方に関する研究
36.小国の地政学 ?秘境・ブータンはなぜ滅びないか?
37.港湾?河川における水上交通創出のフィージビリティーモデル研究
38.民からのローカルガバナンス研究 ?地方再生に向けた政策連携の胎動?
39.文化産業を育成する知的財産に関する調査研究
40.団塊世代をはじめとする市民力の活用による作業所ビジネスの活性化方策研究
41.若手コミュニティ・プロデューサーの実態と活用に関する調査研究 ?若者が育ち活躍する地域のパワーを育てるために?
42.トルコの西ユーラシアにおける外交政策と戦略 ?中東の平和構築における日本・トルコの協力関係を模索する?
43.パラオ共和国における廃自動車適正処理の推進と自動車輸入管理システムの確立
44.次期政権に対する外交・安全保障政策に関する緊急提言
45.地域金融と地域づくり
46.南・北朝鮮、同時崩壊か?
47.日本の難民受け入れ過去・現在・未来
48.「日本人のちから」Vol.32(2006年5月)特集「ご破算力」
49.「日本人のちから」Vol.33(2006年6月)特集「評価力」
50.「日本人のちから」Vol.34(2006年7月)特集「対決力」
51.「日本人のちから」Vol.35(2006年8月)特集「家族力」
52.「日本人のちから」Vol.36(2006年9月)特集「牽引力」
53.「日本人のちから」Vol.37(2006年10月)特集「先手力」
54.「日本人のちから」Vol.38(2006年11月)特集「実行力」
55.「日本人のちから」Vol.39(2006年12月)特集「伝達力」
56.「日本人のちから」」Vol.40(2006年最終号)特集「日下公巻頭言集」
57.SYLEF The First Twenty Years
58.Proceedings SYLEF Program Administrators Meeting
59.2005年度マンガ・アニメ学術的研究会報告書
60.新規範発見塾 Lecture Memo vol.26
61.新規範発見塾 Lecture Memo vol.27
62.新規範発見塾 Lecture Memo vol.28
63.鎖国前夜の海の物語
64.巨大船沈没す
65.海賊 村上一族 盛衰記
66.北前船奔る 日本海自由経済圏を創った男たち
67.琉球の時代 大交易立国の輝き
68.マラッカ海峡 世界が出会う海の交差点
69.波濤の先を見た男 海の民・ジョン万次郎の旅
70.海駆ける千石船 現代の商品経済は江戸の海で始まった
71.黒潮紀行 POWER of TAIWAN
72.完全密着! 海上保安庁24時
73.消える九十九里浜 死に瀕する日本の渚
74.日本をひとつに 流通革命を起した河村瑞賢
75.国境の島・対馬 海峡の攻防二千年史
76.海上自衛隊24時 インド洋派遣と初の戦時下活動
77.検証!北朝鮮工作船
78.サムライたちの小笠原諸島 幕末の外交決断
79.松陰、ペリー暗殺を謀る 黒船来航150年目の真相
80.もう一つの日本海海戦 -アルゼンチン観戦武官の記録-
81.大陸の発想VS島国の発想
82.参加校募集チラシ 表面
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から