日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

競艇沿革史

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


昭和四十二年
美祢市ほか一市二町競艇組合開催 二月二十七日
 下関競艇場において美祢市ほか一市二町競艇組合の競走を開催することとなる。
第三十八回臨時総会 十一月二十二日
役員補欠選任
 十月二十五日、競走会創立当初より陰に陽に御活躍された専務理事河野良雄氏は、健康上会の激務に徹しえないので競走会発展のため後進に途をと勇退され、その後欠員となっていた専務理事及び去る四十年十月十八日急逝された常務理事立野静夫氏の補欠選任を行ない
専務理事 吉田 進
常務理事 崩田槌雄
 〃 古冨琢造
 の三氏が各々選任された。因に崩田、古冨両常務理事は職員からの四人五人目の昇格者であり、奇しくも専務理事以下常務理事は職員出身者で占めることとなり、職員間に将来への希望と励みを与えることとなったが、同時に全国関係者の注目する処となりモデルケースとしての重責を負うことになり、役職員一同心を合わせその重責の全うに努力を続けている。
内規改訂研究委員会発足 十二月一日
 法の恒久化に即応した諸内規の改訂整備により、内部統制の一層の確立と受託業務の円滑な完遂を期するため委員会を設け研究することとなり、委員構成は競走会指名委員三名職員互選委員三名で構成
委員長 林 勇
委員 揖斐良夫 高田 進 大森凡彦 河原善次郎 山崎軍一
 の六名で研究の結果を答申し、四十三年九月十九日第五十八回理事会において、審議され、現在の改訂内規が誕生した。
昭和四十三年
選手宿泊所用地選定委員会発足 二月八日
 選手宿泊所に関しては徳山、下関共に比較的全国に先がけて建設したが、木造のため老朽はなはだしく建替えの必要を生じ、その建設用地選定のため委員会を設けることとなった。
委員長 渡辺貞剛
委員 吉田 進 近間義輔 友広 環 浜本新介 山本 清
第四十回通常総会 五月十五日
役員改選
会長 村田四郎 専務理事 吉田 進
常務理事 崩田槌雄 亀井時男 古冨琢造
理事 篠崎久治 林 定治 村上 実 近間義輔 山本 清 義永峰治郎 渡辺貞剛
監事 内田茂夫 河上屋千代槌
徳山選手宿泊所建設用地地鎮祭 六月十四日
 宿泊所用地選定委員会の答申に基き、徳山市大字大原に用地を買収造成工事に先立ち地鎮祭を行なう。
敷地 二、二二二・二九平方米
造成工事費 二、四七三、〇〇〇円
工事概要
構造 鉄筋コンクリート造一部三階
建築面積 一、三三九・四五平方米
工事費 六五、七〇〇、〇〇〇円
竣工予定 昭和四十四年一月二十五日
施行業者 徳山市 和泉建設株式会社
 
開設当時の主審判台
 
新装の主審判台
 
あとがき
 想えば昭和四十二年春未だ浅き三月、全国モーターボート競走施行者協議会の御企画により、競艇沿革史が編さんされることとなり、当時山口県競走会においては不肖筆者にその執筆編集を命ぜられたものの、競走会創設当時の詳細な経緯を知らざるため、なす術を知らず途方にくれたものであります。
 顧みれば一年有余の日時を費したにもかかわらず本日ここにでき上ったものは、誠にもって簡単、平凡な拙文にして筆者がその任でなかった非才を慙(は)じると共に、期待に応じ得なかったことをここに深くお詫び申し上げる次第であります。当初執筆にあたっては、競走会創設当時の複雑な紆余曲折や苦難の途を拓いた経緯を史実に則り記述致したいと考えたものの、再三にわたる事務所の移転、或は台風災害による資料の紛失により思うに任せられなかったが、多くの人々から思い出による貴重な資料の提供等数数の御援助を戴きましたことに関し、深甚なる感謝の意を表するものであります。
 しかしながら折角御援助を賜わりながら、筆者の浅学非才浅慮により本沿革史においては重要な事項の脱落或は記述等不備な点が、多々あるかと思いますが、これらの誤りについては、関係者各位の筆により直して戴き、山口県モーターボート競走会沿革史として整備され、将来の歴史の資料として残せるならば、執筆者の望外の喜びとするところでありますので御協力、御指導の程よろしく御願い申し上げます。
 終わりに臨み今回の執筆に当っては文中は勿論のこと資料の蒐集等において、各方面に敬意を失し或は非礼に渉ったことを重ねてお詫び申し上げ、稿を終わることと致します。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
210,662

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 CANPAN挨拶及びそらべあトークセッション
2.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 石原可奈子演奏及びトーク
3.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 田中正敏&プチパヴィヨン演奏、田中正敏トーク及び石原可奈子&プチパヴィヨン演奏
4.競艇と日本財団 ?公営競技は社会悪か?
5.テレビCM・福祉車両/介護編
6.こども未来会議しながわ 1
7.こども未来会議しながわ 2
8.NPO・企業パートナーシップセミナー/基調講演「元気な地域づくりと信頼される企業」
9.NPO・企業パートナーシップセミナー/パネルディスカッション「元気な地域づくりと信頼される企業」
10.NPO・企業パートナーシップセミナー/CANPAN CSRプラス紹介「元気な地域づくりと信頼される企業」
11.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞式
12.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞者パネルディスカッション
13.第2回 ブログ祭り 基調講演-笹川陽平-
14.全施協50周年記念誌
15.第5回 ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
16.第5回 ブログ道場 -ブログ事例発表-
17.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第1部] ご挨拶/笹川陽平(日本財団 会長)
18.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第3部] CANPAN CSRプラスの概要・機能説明/町井則雄
19.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第4部] パネルディスカッション「CANPANでCSRはこう変わる」
20.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第2部] 基調講演「今、CSRにプラスすべきこと」川北秀人
21.ブログ道場 -ブログは社会を動かす情報発信ツール(対談:川北秀人・久米信行)-
22.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
23.ブログ道場 -ブログ講座(入門編)-
24.ブログ道場 -ブログを活用したこれからの情報発信-(上岡 裕氏)
25.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-(第3回)
26.ブログ道場 -ブログ講座(入門編 其の二)-
27.第6回 ブログ道場  -シニア団塊の世代向けブログ講座-
28.第6回 ブログ道場  -「公益ブログの今がわかる」事例紹介-
29.第11回 ブログ道場 ご講演 脇坂先生「団体の信用度を上げる会計手法とは?」
30.第11回 ブログ道場  「CANPANのこれから」 講演 日本財団/町井則雄
31.第1回 企業・NPO協働推進セミナー ?CSRの考え方とその手法を学ぶ?
32.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part1
33.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part2
34.CANPAN道場13 ご講演 吉田先生「メルマガを使ったマーケティング力UPとは?」
35.ブログ道場特別版 -ブログ祭り-(第4回)
36.CANPAN道場15 林雄二郎先生のご講演
37.CANPAN道場15 CANPANについてのご案内
38.第16回CANPAN道場 「教育と海を考える」鹿児島県南大隈町立大泊小学校
39.第16回CANPAN道場 さおりとまいの東京旅行記(2007年8月11日 )
40.CANPAN第2回ブログ大賞
41.CANPAN第1回CSRプラス大賞
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から