日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

競艇沿革史

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


◇第一回の売上成績(別記)
 この売上成績のうち、第一日四、〇五五、二〇〇円は先ず先ずの辷り出しを示し、第二日四、二五六、一〇〇円、第三日に到って七、五四五、六〇〇円と急昇し、三日間の平均五、二八五、六〇〇円となった。津市自身はもとより運輸省、連合会その他競艇に関心を有するすべての方面からその成績如何と、疑心と不安と期待との交錯した眼で注目されていたので、これで払拭されたといえる。当時競艇を開設しようと計画されていた或る自治体は、津市の程度の安値な施設とその立地条件の下でこの成績をあげられることを見て大いに自信を得たと語った。四百五万という数字は記念すべき数字として誰にも強く記憶された。当時の助役中西甚七氏は、開設準備時代の建設をはじめ、モーターボートの獲得など、ほとんど競艇開設事務一切を任されていたので、最も苦労した一人である。
 
(別記)第1回の売上成績
投票別 発売額 返還額 売上額 払戻額 払戻金補足額 端数切捨 収入額
7月4日 千円
220.1
千円
9.6
千円
210.5
千円
158.84

1,125

160

52,625
347.8 13.8 334.0 249.38 940 2,060 83,500
3,815.0 304.3 3,510.7 2,632.37 1,170 1,825 877,675
4,382.9 327.7 4,055.2 3,040.59 3,235 4,045 1,013,800
5日 205.2 2.2 203.0 151.71 180 720 50,750
303.8 6.1 297.7 222.92 775 1,130 74,425
3,901.3 145.9 3,755.4 2,815.58 1,250 2,220 938,850
4,410.3 154.2 4,256.1 3,190.21 2,205 4,070 1,064,025
6日 259.0 2.2 256.8 192.56 650 690 64,200
507.3 5.1 502.2 378.97 3,075 755 125,550
6,989.5 202.9 6,786.6 5,093.71 6,850 3,090 1,696,650
7,755.8 210.2 7,545.6 5,665.24 10,575 4,535 1,886,400
総計 16,549.0 692.1 15,856.9 11,896.04 16,015 12,650 3,964,225
 
◇レース事故発生(27・8・13)
 昭和二七年八月一三日、第四回レースの第一日は東の風強く波浪のため第二レースは中止した。第三レースより第七レース迄の間において欠場三、失格四件を出した。第八レースは不成立となり全額返還した。第九レースにおいて、二隻は欠場となり、残り四隻のうち二隻は第一マーク迄の間にエンジンが停止して失格となり、残り二隻のうち四号艇石本登選手は正常の航走により3分53秒で入着したが五号艇池村判選手は第一マークを過ぎる頃より片肺となって鈍航していた。
 投票場においては四号艇ゴールインの通知を受けてよりすでに七分を経過したので、単式のみ成立と判断して払戻し及び返還を開始した。当時執行委員長室には志田市長始め増田課長等多数いたが、五号艇の敢闘状況を見て、時間をかけても入着せしめるべきであるとの意見が強かったので12分24秒してゴールのチェッカー旗を振らし4-5の確定板を掲げた。連勝及び複勝不成立として返還を受けた観衆の騒擾が当然起って、遂に審判部と投票所の入口は群衆でとり囲まれるにいたった。このためファン代表と折衝の結果一人五〇〇円を支払うこととし四三万円の出血によって沈静したが、第十レース以後は中止した。
 
開設当時の観覧席全景
 
◇津競艇内規の改正(27・9・10)
 八月一三日のレース事故に鑑み、競走監督官及び連合会よりの指示があったので、県競走会からの申入れにより次の通り内規を改正しこれを場内に掲示した。
一 最初のコースにおいて先頭艇がスタートラインの延長線を通過するもいまだスタートしない艇は欠場とする。
二 先頭艇がゴールイン後3分間をもって終了する。
 
◇レース開催日程の調整
 日程を決定する上で考慮を要する事項の第一は、干満の差の少ない小潮又は中潮の日を選ぶことである。次は、松阪及び四日市競輪との競合を避けることであった。これがために三者の日程調整会議をもった。その他当初は琵琶湖競艇にマキュリーを出場させることも考慮に入れる必要があったので、日程の決定は極めて困難な事項であり、委員会に諮る場合には潮位表に基づき審議したものであった。
註 三者日程調整会議は27年10月以後取り止められた。
◇飛行機による宣伝(28・4・1)
 伊勢新聞社が“セスナー”機一基を中日本航空からチャーターし、これに津競艇、オーデン、玉屋の三者が合同で広告宣伝ビラの散布を申込み、明野飛行場からそれぞれ一人宛同乗しビラ10万枚宛を県下一円に散布した。一回の飛行時間一時間、三回の飛行を行なった。
 
昭和27年度津競艇売上成績一覧表
開催月日 日数 入場人員 発売金額 返還金額 売上金額 1日平均
1 7/4〜6 3
15,904
千円
16,549.0
千円
692.1
千円
15,856.9
千円
5,285.6
2 7/15〜17 3 14,284 13,232.8 542.7 12,690.1 4,230.0
3 7/29〜31 8/1〜3 6 27,806 30,556.3 2,189.2 28,367.1 4,727.8
4 8/13〜15 3 12,568 15,368.1 1,548.8 13,819.3 4,606.4
5 8/26〜31 6 21,271 36,583.8 1,793.6 34,790.2 5,798.3
6 9/12〜15 4 12,272 26,185.4 1,767.5 24,417.9 6,104.4
7 9/27〜30 10/1 5 17,220 31,648.8 1,617.4 30,031.4 6,006.2
8 10/12〜16 5 15,499 24,555.7 2,629.4 21,926.3 4,385.2
9 10/24〜27 4 12,581 22,198.9 1,031.5 21,167.4 5,291.8
10 11/8〜11、11/13〜16 8 25,584 44,628.4 1,696.1 42,932.3 5,366.5
11 12/21〜28 7 16,396 32,005.2 1,152.9 30,852.3 4,407.4
1 28年1/9〜15 7 21,506 42,757.4 1,505.7 41,251.7 5,893.1
2 2/25〜28 3/1〜2 6 16,415 34,086.6 2,525.7 31,560.9 5,260.1
3 3/21〜27、3/29 8 18,960 42,246.6 1,413.6 40,833.0 5,104.1
合計 75 248,266 412,603.0 22,106.2 390,496.8 5,266.6
 
◇一周年記念レース開催(28・7・4〜8)
優勝旗 三重県知事 連合会長 津市長
カップ 三重県競走会長 津市議会議長
その他全レース(54レース)に副賞を出した。
ファンサービス
 一周年記念レース中のスベリ券30枚をもって選手名鑑と福引抽籤券一枚を進呈した。一等 御園座30名、二等 記念風呂敷200名、その他記念マッチ二万個、記念鉛筆手帳三千五〇〇冊。
 
◇競走場登録条件未定の点につき県競走会より照会(28・7・27)
◇競走場登録条件に関する件回答(28・9・16)
◇常滑競艇初開催(28・7・10)
 常滑競艇とはサービス会社設立発起時代より相互扶助の密接な関係にあり、その初開催に当っては依頼を受けて職員と女子従業員十数名を派遣して協力した。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
211,550

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 CANPAN挨拶及びそらべあトークセッション
2.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 石原可奈子演奏及びトーク
3.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 田中正敏&プチパヴィヨン演奏、田中正敏トーク及び石原可奈子&プチパヴィヨン演奏
4.競艇と日本財団 ?公営競技は社会悪か?
5.テレビCM・福祉車両/介護編
6.こども未来会議しながわ 1
7.こども未来会議しながわ 2
8.NPO・企業パートナーシップセミナー/基調講演「元気な地域づくりと信頼される企業」
9.NPO・企業パートナーシップセミナー/パネルディスカッション「元気な地域づくりと信頼される企業」
10.NPO・企業パートナーシップセミナー/CANPAN CSRプラス紹介「元気な地域づくりと信頼される企業」
11.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞式
12.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞者パネルディスカッション
13.第2回 ブログ祭り 基調講演-笹川陽平-
14.全施協50周年記念誌
15.第5回 ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
16.第5回 ブログ道場 -ブログ事例発表-
17.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第1部] ご挨拶/笹川陽平(日本財団 会長)
18.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第3部] CANPAN CSRプラスの概要・機能説明/町井則雄
19.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第4部] パネルディスカッション「CANPANでCSRはこう変わる」
20.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第2部] 基調講演「今、CSRにプラスすべきこと」川北秀人
21.ブログ道場 -ブログは社会を動かす情報発信ツール(対談:川北秀人・久米信行)-
22.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
23.ブログ道場 -ブログ講座(入門編)-
24.ブログ道場 -ブログを活用したこれからの情報発信-(上岡 裕氏)
25.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-(第3回)
26.ブログ道場 -ブログ講座(入門編 其の二)-
27.第6回 ブログ道場  -シニア団塊の世代向けブログ講座-
28.第6回 ブログ道場  -「公益ブログの今がわかる」事例紹介-
29.第11回 ブログ道場 ご講演 脇坂先生「団体の信用度を上げる会計手法とは?」
30.第11回 ブログ道場  「CANPANのこれから」 講演 日本財団/町井則雄
31.第1回 企業・NPO協働推進セミナー ?CSRの考え方とその手法を学ぶ?
32.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part1
33.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part2
34.CANPAN道場13 ご講演 吉田先生「メルマガを使ったマーケティング力UPとは?」
35.ブログ道場特別版 -ブログ祭り-(第4回)
36.CANPAN道場15 林雄二郎先生のご講演
37.CANPAN道場15 CANPANについてのご案内
38.第16回CANPAN道場 「教育と海を考える」鹿児島県南大隈町立大泊小学校
39.第16回CANPAN道場 さおりとまいの東京旅行記(2007年8月11日 )
40.CANPAN第2回ブログ大賞
41.CANPAN第1回CSRプラス大賞
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から