日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

競艇沿革史

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


初開催とファン誘致の運営
 昭和三〇年、府中市営第一回モーターボート競走は、東京都営より引継いだ大森競艇場において、九月二〇日より二五日までを第一節、同月二七日より一〇月二日までを第二節として一二日間を開催し、この回の入場者は二五、七四九人(一日平均二、一四六人)で売上高は六三、五一二、二〇〇円(一日平均五、二九二、六八三円)という成績であった。
 初開催の運営については大森競艇の施行で、なぜ欠損を生じたかについて充分な検討を行なった結果、その主なる原因はもちろん、競走の実態(他種競技にないフライングスタートは関東のファンに馴染めず)にあったが、先ずファンを誘致して売上げを伸ばすことが先決問題であったので、当市の施行方針として、開催日程については単独で競艇本位に組むことを前提に、地元大井の競馬、オートとの同時開催を極力さける、無料バスを出して、サービス宣伝等には枠を設けず、最大の経費を当ててファンの吸収に努める等の大綱を決定し、開催について慎重な配慮が行なわれた。
 また宣伝等について一例を挙げれば、スベリ券サービスとして、今日においては幼稚なことであったが、当時としてはファンを誘致することに手段を選ぶ、ゆとりがなかった。その目的は早期入場者の増加を計ると共に、入場者を一〇レース終了まで、レース場に足止めし売上増加を計った。方法は一レースから三レースまでのスベリ券一五枚と引換えに投票券一枚を贈呈する。投票引換券は、当日限り第一〇レースのみ投票有効とし、窓口にて各自好みの投票券(舟券)に投票可能とする。窓口は投票引換券一枚を一〇〇円の金券とみなして発売し、当日終了後、直ちに事務所に集計枚数を呈示して現金と引換えることとする。スベリ券と投票引換券との交換は、第九レース発売終了までに限定し、以降の交換は原則として行なわない。
 以上のほか入場料の還元サービスとして、有料入場者に抽せん券引換券を交付し、毎日一〇レース終了後、抽せんにより当日の入場料相当額の賞品をもって、ファンに還元した。また節間をとおして最終日に抽せんを行ない一等賞品として、テレビ、カメラ等の高級品を提供したこともあった。
 
左:土盛スタンドの近景
右:土盛スタンドの全景
 
 このようにファン誘致については積極的に宣伝費を投入したが、肝心かなめのレース内容は、モーター不調による興味半減のレースが続出し、折角高価な宣伝費を投じて、固定ファンの獲得に努力しても、地についた運営ができなかった。その原因は監督庁より指摘されたが、最近の大森競艇の現状は、モーター老朽のため一ヵ月中にエンジン故障が一〇四回もあり、その事故回数は大体江戸川の三倍、多摩川の二倍となっており、折角順調な成績を辿りつつある大森競艇のため、甚だ遺憾であり、このままで推移すれば、競艇ファンの人気を失墜する原因の要素を含んでいるので、予算のともなうものであるから強制はできないが、早急にモーター老朽の対策を講ぜられたいと示達があり、業界からも全国各地の競艇場の記録からみても、新モーターを購入した場合には、必ず売上げが増加している、戸田競艇も近々モーター補強による安定感あるレースを行なう準備ありと聞くが、バテたモーターを使用してレースを行なっている現状では、いかにファンを集めても、結果においては信頼性なく、面白くないと言う声と共に、逆効果となるのではないかと批判があり、施行者としてファン獲得の最大の要素は、興味ある充実したレースを行なうことが実質的な宣伝であるということで、強硬な申し入れを再三にわたり行なった。
 今日では夢のような話であったが、当時、台所の苦しいオーナー(施設会社)は、モーター新調は大変なことであったようである。
 また初開催より競技面において、レースコースの単調さを、おぎなうため、関東においては当競走場のみ七隻立(但し都営当時は八隻立も実施した)レースを実施してきたが、同枠、本目、返還等で、トラブルの原因になる要素が多くなったので、その後、昭和三三年三月開催まで続けて実施してきたが、この年度に七隻立レースを廃止し、以後は今日まで六隻立で実施している。
 東京都より施行を引継いだ新しい府中市としては、難問題が次から次と山積したが、昭和三〇年度を無事終了し、その年の競艇事業収益は七ヵ月間開催し(八四日)三、三〇〇、〇〇〇円の収益をあげたが、同時に、この年の競輪事業収益が二ヵ月(一二日)開催し、収益総額三三、五〇〇、〇〇〇円をあげ、うち当市の配分額一一、七五〇、〇〇〇円が入ったが、両事業を比較した場合、競艇事業の前途は多難であった。
 引続き行なわれた昭和三一年度の競艇事業は、総括して大局的に大した伸展もなく、その間モーターの不調と合わせ、競走水面へのゴミの流入による、エンスト事故の多発に対する掃海対策問題、レース場対岸の住民に対するモーターボートの騒音防止対策等、当レース場独自の問題について研究対策が講じられた。
 この年度の収益は、わずかに前年度を上回ったが、競輪の収益がなくなったことは当市としてはマイナスであり、将来に大きな希望を継いでたゆまぬ努力が続けられた。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
210,662

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 CANPAN挨拶及びそらべあトークセッション
2.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 石原可奈子演奏及びトーク
3.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 田中正敏&プチパヴィヨン演奏、田中正敏トーク及び石原可奈子&プチパヴィヨン演奏
4.競艇と日本財団 ?公営競技は社会悪か?
5.テレビCM・福祉車両/介護編
6.こども未来会議しながわ 1
7.こども未来会議しながわ 2
8.NPO・企業パートナーシップセミナー/基調講演「元気な地域づくりと信頼される企業」
9.NPO・企業パートナーシップセミナー/パネルディスカッション「元気な地域づくりと信頼される企業」
10.NPO・企業パートナーシップセミナー/CANPAN CSRプラス紹介「元気な地域づくりと信頼される企業」
11.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞式
12.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞者パネルディスカッション
13.第2回 ブログ祭り 基調講演-笹川陽平-
14.全施協50周年記念誌
15.第5回 ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
16.第5回 ブログ道場 -ブログ事例発表-
17.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第1部] ご挨拶/笹川陽平(日本財団 会長)
18.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第3部] CANPAN CSRプラスの概要・機能説明/町井則雄
19.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第4部] パネルディスカッション「CANPANでCSRはこう変わる」
20.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第2部] 基調講演「今、CSRにプラスすべきこと」川北秀人
21.ブログ道場 -ブログは社会を動かす情報発信ツール(対談:川北秀人・久米信行)-
22.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
23.ブログ道場 -ブログ講座(入門編)-
24.ブログ道場 -ブログを活用したこれからの情報発信-(上岡 裕氏)
25.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-(第3回)
26.ブログ道場 -ブログ講座(入門編 其の二)-
27.第6回 ブログ道場  -シニア団塊の世代向けブログ講座-
28.第6回 ブログ道場  -「公益ブログの今がわかる」事例紹介-
29.第11回 ブログ道場 ご講演 脇坂先生「団体の信用度を上げる会計手法とは?」
30.第11回 ブログ道場  「CANPANのこれから」 講演 日本財団/町井則雄
31.第1回 企業・NPO協働推進セミナー ?CSRの考え方とその手法を学ぶ?
32.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part1
33.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!?NPOの信用創造機能とは? Part2
34.CANPAN道場13 ご講演 吉田先生「メルマガを使ったマーケティング力UPとは?」
35.ブログ道場特別版 -ブログ祭り-(第4回)
36.CANPAN道場15 林雄二郎先生のご講演
37.CANPAN道場15 CANPANについてのご案内
38.第16回CANPAN道場 「教育と海を考える」鹿児島県南大隈町立大泊小学校
39.第16回CANPAN道場 さおりとまいの東京旅行記(2007年8月11日 )
40.CANPAN第2回ブログ大賞
41.CANPAN第1回CSRプラス大賞
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から