日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

競艇沿革史

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


競艇沿革史の発刊を祝して
 
全国競艇施設所有者協議会
会長 小笠原 光忠
 
 このたび全国モーターボート競走施行者協議会が、法制定十五周年を記念して雄大なる構想のもとに、競艇沿革史の編さんを計画され、三年有余の長年月に亘る労苦が結実して、ここに発刊の運びに至りましたことは、まことに慶賀に存じますと共に、刊行に際し多大の努力を傾注された関係者の皆様に深甚なる敬意を表するものであります。
 顧みれば昭和二十七年四月、九州長崎県の大村湾頭にモーターボートレースが呱々の声をあげてより早くも十八年の歳月を経て、この間業界にあっては、正に苦悩の連続であったと言えましょう。
 厳しい風雪に堪え、血の滲むような困難な時期を鉄束の団結によって守り続け今日の殷賑の基を築かれた先輩並びに関係諸賢の筆舌に尽し難いご苦労を思う時、まことに感概深いものがあります。
 最近の各地の近代的施設を見るとき将に隔世の感があるその中に苦悩の歴史の足跡が、そこかしこに偲ばれます。
 十八年の伝統の上に我々の先人が刻んだ尊い過去をふり返り、この史実を科学的に理解し、新時代の担い手としてスクラムを組んで前進し、限りなき業界の興隆と充実に尚一層の努力を続けたいと念願するものであります。
 斯界の前途は憂慮すべき諸問題がその躍進を阻み、真に多事多難であると言えます。かかる時期に本沿革史が貴重な資料を網羅して編集されたことは、これ自体まことに重要な文献であり、業界の指針として光彩を放ち、広く利用されるであろうことを信じて疑いません。
 おわりにこの編さんに携った方々のご苦労をねぎらい、一言お祝いのことばといたします。
 
競艇沿革史の発刊に寄せて
 
全国競艇主催地議会協議会
会長 丸亀市議会議長
香川早則
 
 このたび施行者協議会が、モーターボート競走法の制定十五周年記念事業として「競艇沿革史」を発行されますことは、まことに時宜を得た意義あるものとして、満腔の賛辞を贈るものであります。
 この「競艇沿革史」には、題名の示すとおり、おそらく、過ぎこしもろもろの出来事を、余すところなく網羅するでありましょうから、ここで喋々の煩は避けますが、創設以来幾多の試練に耐え、難関を突破して今日に及びましたことは、これひとえに関係官庁をはじめ、全国二十四ヵ所の同志が一丸となって、相互に切磋琢磨した長年の成果にほかならないと存じますと同時に、この競艇事業が近時とみに隆盛をきわめ、その本旨とするところの地方財政および海事思想の向上に、大きく寄与しておることは、まことにご同慶にたえないところであります。
 いうまでもなく公営ギャンブルをとりまく世論は、必ずしもあまいものではありません。われわれとしてはあくまでも大衆の健全娯楽の場としての環境を整備いたしつつ、万全の運営を期することにより、本来の使命を全うすべき決意を新たにいたしたいのであります。
 時あたかも懸案の収益均てん化問題も一段落を告げ、転機を迎えた今日、唇歯輔車の関係にある施行者また私たち議会ともどもに、この競艇事業の限りない発展を、切にねがいつつ、一言もってごあいさつにかえさせていただきます。
 
発刊に際して
 
全国モーターボート競走施行者協議会
専務理事 多田壽夫
 
 モーターボート競走法制定十五周年の記念事業として着手した「競艇沿革史」が、関係各位の打って一丸となっての協同作業により、ここに千頁になんなんとする一本として、みごと、発刊の運びとなりましたことは、まことに喜ばしいことでございます。
 ここに至るまでの間、編さん主務者として、当初の企画から編集の細部まで、終始、不断の熱意を傾注せられた埼玉県都市競艇組合塩原助役さんのご苦労ならびに、原稿執筆を担当された関係各位のご努力に対し、深甚なる謝意を表する次第でございます。
 この沿革史は、競艇事業に関係される施行者・競走会・施設会社の、それぞれの沿革史の集大成であり、競艇の今日の隆盛の最大の因は、創設初期の逆境に打ち勝って、ひたすら事業の伸長に努力された先輩諸氏の意思の強さにあることを示す、意義深い資料であります。
 私どもは、業界の意志疎通、連絡の機関として、この出版を機会に、競艇事業の節度ある健全な発展を期すため、更に一層の努力を続ける所存でございます。
 以上、簡単ではございますが、所懐の一端を綴って、沿革史発刊のご挨拶といたします。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
49位
(32,376成果物中)

成果物アクセス数
193,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年6月27日

関連する他の成果物

1.ブログ道場 -ブログは社会を動かす情報発信ツール(対談:川北秀人・久米信行)-
2.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
3.ブログ道場 -ブログ講座(入門編)-
4.ブログ道場 -ブログを活用したこれからの情報発信-(上岡 裕氏)
5.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-(第3回)
6.ブログ道場 -ブログ講座(入門編 其の二)-
7.テレビCM・福祉車両/介護編
8.こども未来会議しながわ 1
9.こども未来会議しながわ 2
10.第6回 ブログ道場  -シニア団塊の世代向けブログ講座-
11.第6回 ブログ道場  -「公益ブログの今がわかる」事例紹介-
12.第11回 ブログ道場 ご講演 脇坂先生「団体の信用度を上げる会計手法とは?」
13.第11回 ブログ道場  「CANPANのこれから」 講演 日本財団/町井則雄
14.第1回 企業・NPO協働推進セミナー −CSRの考え方とその手法を学ぶ−
15.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!−NPOの信用創造機能とは? Part1
16.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!−NPOの信用創造機能とは? Part2
17.CANPAN道場13 ご講演 吉田先生「メルマガを使ったマーケティング力UPとは?」
18.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 CANPAN挨拶及びそらべあトークセッション
19.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 石原可奈子演奏及びトーク
20.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 田中正敏&プチパヴィヨン演奏、田中正敏トーク及び石原可奈子&プチパヴィヨン演奏
21.NPO・企業パートナーシップセミナー/基調講演「元気な地域づくりと信頼される企業」
22.NPO・企業パートナーシップセミナー/パネルディスカッション「元気な地域づくりと信頼される企業」
23.NPO・企業パートナーシップセミナー/CANPAN CSRプラス紹介「元気な地域づくりと信頼される企業」
24.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞式
25.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞者パネルディスカッション
26.第2回 ブログ祭り 基調講演-笹川陽平-
27.第5回 ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
28.第5回 ブログ道場 -ブログ事例発表-
29.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第1部] ご挨拶/笹川陽平(日本財団 会長)
30.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第3部] CANPAN CSRプラスの概要・機能説明/町井則雄
31.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第4部] パネルディスカッション「CANPANでCSRはこう変わる」
32.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第2部] 基調講演「今、CSRにプラスすべきこと」川北秀人
33.ブログ道場特別版 -ブログ祭り-(第4回)
34.競艇と日本財団 ―公営競技は社会悪か―
35.全施協50周年記念誌
36.CANPAN道場15 林雄二郎先生のご講演
37.CANPAN道場15 CANPANについてのご案内
38.第16回CANPAN道場 「教育と海を考える」鹿児島県南大隈町立大泊小学校
39.第16回CANPAN道場 さおりとまいの東京旅行記(2007年8月11日 )
40.CANPAN第2回ブログ大賞
41.CANPAN第1回CSRプラス大賞
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から