日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第4章 艤装工事要領
4・1 工事用材料及び部品
4・1・1 材料及び部品の概要
(1)ケーブルの布設材料
 ケーブルの布設材料は、大きく区分して支持材料、電線貫通金物及び固縛材料に分けられる。
(a)支持材料
 ケーブルを支持するためのもので、布設するケーブルの本数や場所によって種々の形状のものが使用される。
 一般的にケーブルの本数が多い場合にはケーブルハンガ、トランク、ダクト等が使用され、本数の少ない場合には電線馬(サドル)、電線管等が使用される。
 材料は振動に強く、加工のしやすさや接地等から軟鋼製*1のものが多く使用される。
*1:一般にJIS G 3101のSS41Pに亜鉛メッキ塗装を行ったものを使用する。
(i)ケーブルハンガ
 単独ハンガと組立ハンガ(通称ハシゴと呼ぶ)とがあり、取付方法により、ねじ止式と溶接式が、また、ケーブル固縛方法により巻バンド用と押さえバンド用とがある。その一例を図4・1に示す。
 
図4・1 巻バンド式ケーブルハンガ
 
(ii)ケーブルダクト及びトランク
 ケーブルダクトは、図4・2に示すようにハンガと比べて布設作業が容易なように、軟鋼板(JIS G 3302等)をコ字形にしたものにケーブル固縛用の孔を明けたものである。
 ケーブルトランクは図4・3に示すように、軟鋼板をロ字形にした全閉構造のもので金属管の代用となる。
 
図4・2 ケーブルダクト
 
図4・3 ケーブルトランク
 
(iii)電線馬
 フラットバー(帯鋼)、形鋼によるコ字形、T字形、L字形等があり、その一例を図4・4に示す。
 
図4・4 各種電線馬
 
(iv)電線管
 暴露甲板、貨物倉、機関室等で機械的損傷を受けやすい場所や水、油等がかかりやすい場所に、ケーブル保護のためガス管(JIS G 3452)、電線管(JIS C 8305)、プリカチューブ等を使用する。その一例を図4・5に示す。
 
図4・5 プリカチューブ







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
118,091

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
9.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から