日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


3・3・4 ケーブル及び電路の布設
 図3・17に示すような無線システムの機器間を接続するためのケーブルの選定及び布設経路は、その装置の機能を十分に発揮できるように計画しなければならない。
(1)ケーブルの選定
 ケーブルの選定にあたっては、機器メーカーの総合結線図などの指示に従うと共に機器の配置や他の設備との干渉を考慮して決定する必要がある。
 一般的なケーブルの選定については第4章4・1・2を参照することとし、ここでは電源回路等の導体の大きさを決定する場合の考慮しなければならない事項について述べる。
(a)ケーブルの定格電圧は、0.6/1kV級と250V級の2種類があるので機器メーカーに電圧を確認すること。なお、機器の配電電圧が250V以下であっても、高誘導回路には0.6/1kV級を使用しなければならない場合があるので、機器の性能を熟知した上で選定する必要がある。
(b)使用するケーブルは、回路の連続最大負荷電流以上の許容電流をもったものを選択すること。なお、ケーブルの許容電流は、負荷の使用条件(連続使用、短時間使用、間歇使用:短時間及び間歇使用の場合は許容電流を低減できる)、ケーブルの布設条件(同電路の条数又は層数あるいは異種絶縁ケーブルの影響による許容電流の増加)、周囲温度条件等を考慮して決定する。
(c)ケーブルに連続最大負荷電流を流した場合、回路の電圧降下は規定値以内とすること。
 無線システムの電源回路などで、ケーブルの導体抵抗による電圧降下を算出するには、以下の計算式による。特に、直流24Vの予備電源回路(蓄電池回路)などにおいては、ケーブルによる電圧降下が大きく影響するので注意が必要である。
 電圧降下の計算にあたっては、無線機器メーカーに関連する機器の最大消費電流を確認し、布設される電源回路用電線の長さを計測した上で電圧降下計算を行い、それが定格電圧の5%以下となるように電線の断面積を決める。
(イ)導体の抵抗
導体の抵抗値R20〔Ω/m〕=抵抗率〔Ωmm2/m〕/導体断面積(mm2
R20: 20℃での電線1mあたりの導体抵抗値
(参考)軟銅線の20℃における抵抗率=1.724×10-2〔Ωmm2/m〕
硬銅線の20℃における抵抗率=1.777×10-2〔Ωmm2/m〕
(ロ)導体抵抗率の温度補正
 導体の抵抗は温度により変化する。銅線の場合は、t(℃)の抵抗値Rt(Ω/m)が分かっていてT(℃)の導体抵抗値RTを求めるには、次の式による。
RT=Rt×{1+(T-t)/(234.5+t)}
RT: T(℃)における導体抵抗値
Rt: t(℃)における導体抵抗値
 20℃の導体抵抗値が分かっていて、45℃の導体抵抗値を計算する場合は次のようになる。
R45=R20×{1+(45-20)/(234.5+20)}
(参考)JISC3410船用電線の付表の中に20℃の導体抵抗値R20〔Ω/km〕が記載されているので、これを利用すると便利である。
(ハ)直流2線式の電圧降下
 直流2線式の電圧降下は次の式で計算を行う。
e=2×RT×l×I
e:電圧降下量(V)
RT:T(℃)における導体抵抗値
l:ケーブルの長さ
I:機器の定格電流
 
図3・17 機器間配線図
(拡大画面:98KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
121,765

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
9.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から