日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > 音楽.舞踊 > 成果物情報

AGE OF STRADIVARIUS

 事業名 演奏会の開催
 団体名 日本音楽財団 注目度注目度5


諏訪内晶子
 
篠崎功子
 
漆原啓子
 
千住真理子
 
樫本大進
 
竹澤恭子
 
宗倫匡
 
矢部達哉
 
戸田弥生
 
 2002年9月、横浜みなとみらいホールでサカリ・オラモ指揮、バーミンガム市交響楽団と諏訪内晶子さんがシベリウスのヴァイオリン協奏曲を演奏した直後、「初めて、あなたの演奏に惚れたヨ」と話しかけると、「それは楽器の所為(せい)ネ」と笑っていた。彼女とはモスクワでのチャイコフスキー国際コンクールで優勝した折も一緒で、あの時はサントリー音楽財団より貸与された楽器を弾いた。現在それを神尾真由子が使用していて、1727年製である。でも彼女の演奏のどこかに冷たいものを感じ続けていた。それがまるで様変わりして、優しく惚れ惚れとした音色をホール一杯に充ち溢れさせていた。弾いた楽器は名ヴァイオリニストのハイフェッツが使っていた名器1714年製「ドルフィン」だった。その他、海外で活躍するソリストたちの中で、竹澤恭子さんが使っているのは1707年製「ハンマー」。川久保賜紀さんも同じ1707年製「カテドラル」。戸田弥生さんは1694年製の「スギチェリ」。庄司紗矢香さんが1715年製「ヨアヒム」と名器を奏でている。
 日本では浦川宜也さんが1713年製「レディ・レイ」、徳永二男さんが1720年製の「ロチェスター」を弾いている。最近では漆原啓子さんは1667年製、豊嶋泰嗣さんが1719年製、矢部達哉さんが1685年製と、相次いでストラディヴァリウスを手にして、音楽がずっと豊饒になった。ストラディヴァリウスは名手の技をより熟成させる不思議な力を秘める“魔法の楽器”で、300余年の歴史がそれぞれの楽器に染みこんでいて、その魂が演奏家と呼応しているからだ。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
128位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
99,231

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.Isaac Stern Memorial Benefit Concert
2.Lisa Batiashvili New York Concert
3.Stradivarius Cello Concert
4.会報 第22号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から