日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 家政学.生活科学 > 成果物情報

保育界(平成16年3月号)

 事業名 保育活動の推進
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


誌上研修「人材育成」(27)
「保育と人生」を豊かに生きるヒント集 第97回
激変している雇用環境
人材開発コンサルタント
塩川正人
 作家の村上龍さんの書いた「13歳のハローワーク」という本が、今ベストセラーになっています。内容は「仕事」「職業」の大切さを語り込んだ本です。その中で村上さんは、自分の専門力を「売り」にして生きる時代になったと語っています。
 保育士、看護師、調理士など保育界に生きる人は皆、専門職です。しかし雇用形態は多様化し、「正職員だから雇用は安定している」という甘えは通らなくなります。この大きな変化が今、株式会社に現われています。
 下の表は、ある会社の人材構成の現実です。一昔前は「正社員」ばかりでした。しかし今は、一つの会社のなかで同じ仕事をしていながら正社員、出向社員、契約社員、派遣社員、パート社員、業務請負社員、アルバイト、フリーターと「混在」しています。
 その理由は人事採用戦略が、直接雇用を減らして、間接雇用を増やす戦略に転換しているためです。「雇用の安定」はハッキリと過去になりました。「自分の仕事」をして、「仕事に見合った報酬」を自力で稼ぐ時代へ移行している現実をここに見ます。
 保育園は、株式会社と全く異なり「子どもの命」を預かる非営利機関です。あえて株式会社に襲来している荒波をご紹介した理由は、人を大切にする雇用関係を築くための、話し合いのヒントになればと思って作成しました。
 
多様化した雇用環境







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,585位
(35,650成果物中)

成果物アクセス数
3,488

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年3月18日

関連する他の成果物

1.保育界(平成15年6月号)
2.保育界(平成15年7月号)
3.保育界(平成15年8月号)
4.保育界(平成15年9月号)
5.保育界(平成15年10月号)
6.保育界(平成15年11月号)
7.保育界(平成15年12月号)
8.保育界(平成16年1月号)
9.保育界(平成16年2月号)
10.保育界(平成15年4月号)
11.保育界(平成15年5月号)
12.平成15年度 保育所保育・保健推進セミナー(東京)テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から