日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 家政学.生活科学 > 成果物情報

保育界(平成15年8月号)

 事業名 保育活動の推進
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


誌上研修「人材育成」(20)
「保育と人生」を豊かに生きるヒント集 第90回
お互いが認め合う、もっとオープンな保育園になろう
人材開発コンサルタント
塩川正人
 「あの人の思いが分からない」こんな関係が職場にありませんか? 相手の思いが分からないと、結局マイナス思考になり、邪推や陰口が横行します。職場の人間関係で一番大切なことは、お互いがもっとオープンになることです。オープンにすれば、他の人ともっと親しくなれます。下の表にオープンな自分を語り、お互いに交換し合いませんか。
 オープンにすること、そして認め合うことが「人が育つ保育園」のノウハウです。私は8月の岩手県日保協の総会で下のカードに書き込んで、お互いに交流する研修を行ないます。園内研修でこの紙切れを皆で作成し、オープンにし合います。全部の紙切れを使わなくてもいいです。一部を使い、何回もやるうちに、だんだん効果が現れてきます。
 
 
 
 
――レポート――
幼稚園の窓から(37)
保育園の公設民営とチャータースクール
片岡進
「月刊・私立幼稚園」編集長
公立学校再生への切り札
 このところ幼稚園、保育園関係者の間から「チャータースクール」という言葉がよく聞かれます。ご存知のようにチャーターとは飛行機、船、バスなどを一定の契約で借り切ることを意味しますが、チャータースクールとは公立学校の運営を民間の組織や会社に委託するもので、つまりは学校の借り切りです。オランダなどヨーロッパの一部で古くからあったシステムを応用して、アメリカが一九九〇年代初めから導入したことで注目されるようになりました。
 昨年夏、ビルゲイツ財団から多額の補助を受けたことで知られる代表的チャータースクール、ミネソタ・カントリースクールの校長が来日して開かれたセミナーはどこも満員盛況で、その中に幼稚園経営者の姿を何人も見つけることができました。また(社)日本仏教保育協会(上村映雄理事長=東京都・ほぜんじ幼稚園園長)は総会と併せた今年春の園長研修会で、同制度に詳しい文教学院大学の鵜浦裕教授の特別講演を行い、多くの参加を集めました。
 なぜアメリカはチャータースクールを導入したのか。それはあちこちの公立学校で学校秩序が破綻したからです。学校が荒れると、その学区の住民はわが子を荒れた学校に通わせたくないので他の学区に引っ越して行きます。学校の崩壊は地域社会の崩壊につながるわけです。何とかして学校を再生しようとしても、従来の公立学校行政では、荒れた学校を廃止することはできても再生させる力はありません。そこで株式会社を含む民間組織に運営を任せることにしたのです。
 (1)授業料を無料にする、(2)生徒を差別しない、(3)特定の宗教を奨励しない、という合衆国憲法で定められた公立学校の基本三条件を満たしていれば、教育方法も生徒募集も自由です。アメリカの公立学校は、生徒一人にいくらという単純掛け算で教育経費が支給されますので、多くの生徒を集めれば、それだけ経営余力が生まれます。看板は公立学校でも実体はかなり個性的な私立学校と言えます。ただしチャータースクールを維持するには厳しい条件があります。生徒の学力が平均レベルを超えていることと、教育コストが従来の公立学校より安いという「ベター&チーパー」の結果を出すことです。これが認められないと直ちにチャーター契約が打ち切られ、他の民間組織に移行するとのことです。
 この波は日本にも押し寄せ、学校自由選択制、校長の民間人登用、国立大学の独立法人化など国公立学校を活性化させる方策が着々と進んでいます。しかし考えてみると、保育園の公設民営化はまさにチャータースクールの思想にぴったりあてはまるもので、波はすでに日本列島を洗っていると言えます。
 「卒園した子ども達が立派に育っていく様を自分の手で確かめたい。できれば幼稚園附属の小学校をつくりたい」という思いは多くの幼稚園経営者が持っています。保育園経営者も同じだと思います。その思いが、公立小学校のチャータースクール化という形で実現する時代が、すぐそこまでやって来たということです。
 「幼稚園の力じゃ無理だよ」「日本の教育風土の中では考えられないことだ」と思ってはいけません。その気概を失った幼稚園、保育園は時代に淘汰されることになりかねません。地域の幼稚園、保育園が協力すれば大きな力が生まれるのです。幼・保の連携は、その新しい夢に向かっての大事なステップであると考えるべきだと思います。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
677位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
15,962

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.保育界(平成15年6月号)
2.保育界(平成15年7月号)
3.保育界(平成15年9月号)
4.保育界(平成15年10月号)
5.保育界(平成15年11月号)
6.保育界(平成15年12月号)
7.保育界(平成16年1月号)
8.保育界(平成16年2月号)
9.保育界(平成16年3月号)
10.保育界(平成15年4月号)
11.保育界(平成15年5月号)
12.平成15年度 保育所保育・保健推進セミナー(東京)テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から