日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 家政学.生活科学 > 成果物情報

保育界(平成15年5月号)

 事業名 保育活動の推進
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


 第三号議案は平成十五年度収支予算案について=一億二千三〇万円(対前年比三千八九八万二千円減)。日本財団助成事業特別会計は一千九三〇万円。収益事業特別会計は二千三〇万円。国庫補助事業特別会計(I)「保育所保育士研修事業会計」は五千八七四万七千円(対前年比四四万八千円増)となっている。国庫補助特別会計(II)「企業委託型保育サービス事業等会計」は二億六千三七二万九千円(対前年比二千四六二万二千円増)。「子育て支援基金助成事業特別会計」は七二三万三千円(対前年比七六八万四千円減)。「保育士登録事業特別会計」十二億六千一八四万一千円(対前年比十一億五千一八四万円増)となっている。
 
理事会で佐々木理事長が選出
 
 
斎藤十朗日保協会長
役員会のあと懇親会で挨拶
 
 第四号議案は理事の選任について=黒木理事長が病気療養中であり、三月十七日付で辞任届けが出されたことにより、新たに佐々木典夫氏が理事候補として推せんされ、評議員会で了承された。(評議員会のあと、十五時から理事会が開かれ、新理事長に佐々木典夫氏が平成十五年三月十七日付けで選出された。)
 報告事項((1)国会請願について=本誌二月号十一頁参照。衆・参あわせて一五二万四一二七人の署名をいただいた。(2)保育士登録について。(3)日本保育協会創立四〇周年記念事業について。(4)保育士賠償責任保険制度等について。(5)こどもを守る総決起大会について。(6)その他−最近の保育の動向について)について説明があった。
 
高井保育課長
 
 なお、評議員会の開会前に厚生労働省の高井保育課長より挨拶があり、「次世代育成支援対策推進法案及び児童福祉法の一部改正案は十四日に閣議決定され国会に提出される。十五年度は具体的な準備に入り十七年から施行したい。国では六月に向けて各種の会議で意見を集約し、経済財政運営と構造改革に関する基本方針をまとめるスケジュールを打ち出している。日本の将来を担う子ども達の健全育成のため、現場の皆さんの意見が一番大事だ」と述べた。
 
ご挨拶
 
佐々木典夫(ささきふみお)
理事長
 
昭和四十一年東京大学法学部卒業。同年四月厚生省入省。滋賀県庁婦人児童課長、社会局老人福祉課長、薬務局企画課長、社会保険庁総務課長、大臣官房総務審議官、児童家庭局長、社会・援護局長等を経て、平成八年社会保険庁長官。平成十年退官後、医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構理事長を経て、平成十四年十月より財団法人船員保険会会長。
 
 このたび、はからずも、日本保育協会理事長にご選任頂きました佐々木でございます。わが国の保育事業の発展に大きく寄与してきている伝統に輝く日本保育協会の理事長にご選任頂き、大変光栄に存じますが、同時にそれ以上に、私にこの大事な団体の理事長の重責が務まるのかと、大変緊張を覚えておりますのが率直なところであります。
 と申しますのも、昭和四十一年に社会人となり、厚生省に入省して配偶されたのが、児童家庭局企画課兼母子福祉課でした。そして、何かとお世話をお掛けした最初の上司の企画課長が、ほかでもない二十二年にわたり日本保育協会の理事長を勤められた上村一先輩であります。また、前後三代の歴代理事長さん方も大先輩ばかりであるからであります。
 私の保育とのかかわりは、入省最初の児童家庭局と滋賀県庁の時代、そして平成六年に最初のエンゼルプランをまとめた児童家庭局長時代のご縁ていどであり、そう多くはありません。今後、皆様方からも率直なご指導を賜り、保育問題への感度を高めていきたいと思います。
 おりしも、保育を巡っては、規制改革や地方分権の観点などから幼保一元化の問題や保育所運営費の財源のあり方が大きな議論になっております。また、昨年創立四十周年を迎えましたが、今年は日本保育協会にとって極めて重要な保育士の登録事務が始まります。保育に関する正しい理解を得る努力とともに、協会の事業の適正にして着実な執行を期して、日本保育協会への信頼をさらに確かなものとしていかなければなりません。
 このように、ことのほか重要な時期の理事長就任で、まことに身の引き締まる思いがいたしております。ご縁を頂戴いたしました以上、大変微力でございますが、斎藤会長の下で、皆様方のご指導とご協力を賜り、日本保育協会が、期待される役割をしっかり果たし、わが国の保育事業の発展に今後とも寄与していけますよう、一所懸命努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
日本保育協会人事異動
三月三十一日付・退職( )内は前職
・福田博美(登録管理部長)
・青柳柾子(事業部事業課長)
四月一日付( )内は前職等
・登録管理部長 羽深英男(財団法人こども未来財団調査役)
・総務部振興課(総務課併任) 源真紀子(総務課)
・登録管理部経理課 藤井陽子(登録管理課)
・企画情報部企画情報課〈総務課併任〉 岩村典子(振興課兼企画情報課)
・登録管理部経理課 比嘉裕(新規採用)
・登録管理部登録管理課 神部紀子(新規採用)
・総務部総務課 岡本奈緒(新規採用)
・嘱託〈登録事務処理センター〉 福田博美
・嘱託〈事業部〉 青柳柾子
・嘱託〈登録事務処理センター〉 小林幸男
・登録事務処理センター 北谷豊(日本興亜損害保険株式会社より出向)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,391位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
7,506

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.保育界(平成15年6月号)
2.保育界(平成15年7月号)
3.保育界(平成15年8月号)
4.保育界(平成15年9月号)
5.保育界(平成15年10月号)
6.保育界(平成15年11月号)
7.保育界(平成15年12月号)
8.保育界(平成16年1月号)
9.保育界(平成16年2月号)
10.保育界(平成16年3月号)
11.保育界(平成15年4月号)
12.平成15年度 保育所保育・保健推進セミナー(東京)テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から