日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

中国主要海運企業の概要と事業展開に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3 中国長江航運(集団)総公司
China Changjiang Shipping (Group) Company
 
所在地:湖北省武漢市漢口沿江大道89号
Address: No.89 Yanhe Road, Hankou, Wuhan, China
郵便番号:430014
Tel: 027-8276-6114
Fax: 027-8284-8304
E-mail: csc@china-csc.com
 
創立:1996年
資本形態:国有大型企業集団
業務内容:揚子江の海上運送、ターミナル運営、貨物運送代理、旅客輸送等
法人代表:劉錫漢
総経理:劉錫漢
 
従業員数:5.95万人
陸上 1.55万人
海上 4.4万人
 
船舶保有量(2003年1月現在)
  保有船 借用船 共同経営 合計
隻数 1881 14 0 1895
積載トン数(万DWT) 308.7 17.8 0 326.5
注:コンテナ総数は4,079TEU
 
財務(2001年)
登録資本金:26.2億元(約401.6億円)
売上高:68.8億元(約1,054.7億円)
売上総利益:11.7億元(約179.4億円)
固定資産:48.3億元(約740.4億円)
営業利益:-1.2億元(約-18.4億円)
当期純利益:-1.68億元(約-25.75億円)
 
会社概要:
●中国内陸河川最大の大手運送集団企業。中国で最初の試験的企業集団57社のうちの1つ。また、中央大型企業工委管理の大型企業集団180社のうちの1つ。
●揚子江流域の江蘇、安徽、江西、湖北、湖南、四川、上海、重慶等6省2市の主要都市及び深、珠海経済特区に19の子会社を有する。揚子江流域に充分な販売、資材供給、情報提供、通信、航路標識、技術研究、教育等のサポート・システムを設置。揚子江流域の貨物取扱量のシェアは70%。
●沿海主要港湾及びアメリカ、ドイツ、日本、シンガポール、オーストラリア、韓国、インドネシア、香港、台湾等の国・地域への輸送業務を取扱う。
 
グループ組織図
 
3.1 企業概況
3.1.1 沿革
1950年      華中航政管理局を中心に長江区航運局を創立し、初めて「長航」と称す。
1965年      移管された港湾、航路、造船所及び地方運輸企業を統合して、長江航運公司を
   設立。
1975年      社名を長江航運管理局に改称。
1984年      長江航運管理局を改革、港湾と航路を分離し、交通部長江輪船総公司を設立。
1991年      社名を中国長江輪船総公司に改称。
1993年3月   中国長江輪船総公司を中心に中国長江航運集団を結成。
1996年1月1日 社名を中国長江輪船総公司から中国長江航運(集団)総公司に変更。
1997年     登録資本金を11.25億元に増資。
1999年     登録資本金を18.54億元に増資。
2000年2月   「重慶−上海」のコンテナ輸送を開始。
2000年     法人代表を李宗奇から劉錫漢に変更。
2001年     「中石化」と「長江航運集団」が共同出資し「中石化長江燃料有限公司」を設立、
   石油製品の物流業務を開始。
2001年     登録資本金を26.18億元に増資。
2001年10月  子会社の武漢客運公司が揚子江の中・下流の旅客輸送航路を中止。
2002年9月   「北京−杭州」大運河で輸送業を行っている揚州興洋船務有限公司及び江蘇徐
   州港務集団州港有限公司と協定を締結、共同出資で揚州長航物流有限公司
   を設立。
  揚州長航物流有限公司の投資総額は5,000万元。年間運輸能力は150万トン。
 
3.1.2 経営者及びその経歴
 
表3-1 総経理の経歴
名前 劉錫漢
役職 総経理
性別
生年月日 1955年
学歴 修士
職歴 期間 勤務先 役職
  1993年〜1994年 長江輪船海外旅游総公司 総経理
  1995年〜1999年 武漢長江輪船公司 総経理
  2000年〜現在 中国長江航運(集団)総公司 法人代表、総経理
 
表3-2 その他主要責任者の名前及び役職
名前 役職
副総経理
沈光漢 副総経理
喬昌詩 副総経理
熊陶 副総経理
姚栄建 副総経理
姚平 副総経理
鐘傑 総会計師
姜彙源 副総経理
周毅凡 副総経理
蔡駆 党総書記
劉鋒 宣伝部部長
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
451位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
22,042

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2003
2.中国造船業の概要<2002年>
3.中国造船業の概要<揚子江流域>
4.2003年度 欧州造船政策動向調査
5.中国主要造船企業の概要と事業展開に関する調査
6.国際海事情報シリーズ76 タイ国におけるフェリー網整備に関する調査
7.国際海事情報シリーズ77 米国における次世代水上交通システム構築に関する調査
8.国際海事情報シリーズ78 米国における舶用ベンチャーの事業化支援制度に関する調査
9.国際海事情報シリーズ79 欧州における航海機器のシステム化の現状と動向に関する調査
10.国際海事情報シリーズ80 天然ガスの新たな輸送方式に関する調査
11.国際海事情報シリーズ81 欧州の国家造船業を支援するEUの諸政策
12.国際海事情報シリーズ82 欧州舶用関連企業による対中国戦略に関する実態調査
13.国際海事情報シリーズ83 太平洋諸国(オセアニア諸国)における新規造船需要と経済協力に関する調査
14.国際海事情報シリーズ84 欧州造船業を巡る知的財産権とその保護-英国を中心として-
15.国際海事情報シリーズ85 最近の米国の海洋政策策定の動向
16.国際海事情報シリーズ86 東南アジアにおける内航船の安全・環境規制に関する調査
17.国際海事情報シリーズ87 アフリカ諸国造船需要動向調査
18.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から