日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 建設工学.土木工学 > 成果物情報

船大工考

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


 戦時標準型は舵金物が鋳鋼(后で鋳鉄)です 眞鍮、銅は弾薬となって無い訳です。この型式は戦后余り復活しておりません。然し舵筆洗部の有る形は無くなり、舵芯が鋼となり、舵柱の下部も鋼となり舵凾は鋼管となりやがて舵板も鋼となりました。現行の木船でも鋼舩と殆んど変わりません。
 
 話が先に飛んで終いました。洋型船は摺合せが少ないので水止の為に色々の所に柔材の木栓を打ち込みます(桧、杉)。主要部の要領を説明します。場所は、キール、ステムとキールの接手、・部の外板との交点・・・などで、大体2種の方法が有ります。(一点の木栓と二点の木栓でその間をコーキングの法)
 
 
 合せ目は、海水がその接面を伝って容易に浸水するので之を止めておかなければ永久に続きます。
 
キール
 
 
 どの様な木栓でもそうですが、必ず木目が通っていないと打込む時に折れます。(折れたら取替)又ハンマーで経の廻りを少しずつ叩いて、経を小さくつぶし、打込后に海水に浸って経が膨れて、更に密となるように考慮します。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
203位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
57,252

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.平成14年度 社会貢献者の記録
2.平成14年度 社会貢献者表彰式典
3.第1回「こども読書推進賞」推薦募集
4.社会貢献者表彰推薦募集
5.修繕箇所写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から