日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


なぜ通信使は始まったの?
 
 
 
 
 豊臣秀吉は全国を統一すると、次に朝鮮や中国(明)に目をつけ、1592年から2度にわたって15万人の兵を朝鮮に送りこみました。この侵略戦争で、朝鮮の多くの民衆の命をうばい、数万人の人を朝鮮から強制的に連れて帰りました。この事実を今も悲しく語る“耳塚”が京都に残っています。
 この侵略戦争によって、それまで友好関係にあった日本と朝鮮との関係は絶えました。しかし、江戸幕府は朝鮮との国交を回復しようと、朝鮮に近い長崎県の対馬藩に仲立ちを頼んで国書を送り、1607年に第1回の朝鮮通信使が実現しました。
 この使節の正式な名前は「回答兼刷還使(かいとうけんさつかんし)」といいます。「回答」は日本からの国書に対する返事で、「刷還」とは「送還」のことで、日本に強制連行された朝鮮人をふるさとへ送り帰すということです。第3回の使節までは、こうした戦後処理の目的で日本を訪れています。この3回の使節団によって故郷に帰った人は5,000人から7,000人といわれています。しかし、帰ることもできずに日本の各地に残る人も多くいました。その中には焼物の陶工もいて、有田焼・薩摩焼・萩焼などを開きました。有田焼の祖である李参平の記念碑が佐賀県有田町に建っています。
 そして通信使が回数を重ねるごとに、日本と朝鮮は江戸時代をとおして友好関係を深めていったのです。
 
 
李参平 発見之磁礦地記念碑(有田町)
 
 
耳塚(京都市) 残酷なことですが、日本の兵隊は戦功のしるしとして朝鮮の人々の鼻や耳をそぎ、塩づけにして日本へ持ち帰りました。そして秀吉の命令によってこの「耳塚」に埋められ、供養されたといわれます。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,361位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
7,742

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
6.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
7.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
8.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.Shipbuilding and Marine Engineering in Japan 2003
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から