日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


37 オーソバ
ORSOVA(イギリス)
1954年建造・28,790総トン
 オリエント・ラインのイギリス〜オーストラリア間定期客船として建造され、P&Oラインのオーストラリア航路船アーカディア Arcadiaと同じ日に進水した。この種の大型船でマストを撤廃した最初のもの。1974年に解体された。
(1987年6月15日作画)
 
38 オリアナ
ORIANA(イギリス)
1960年建造・41,915総トン
 従来のオリエント・ライナーの速力を5ノットも上回る高速をもって、イギリス〜オーストラリア間の所要日数を大幅に短縮することを目的に造られた客船。イギリス客船として初めて球状船首をもち、サイド・スラスターを装備するなどの新機軸を備えていた。特異な上部構造は、完成当時に大きな話題を呼んだ。
(1972年11月6日作画)
 
39 クイーン・エリザベス2世
QUEEN ELIZABETH II(イギリス)
1969年建造・65,863総トン
 全長294メートルの巨大客船はスコットランドの造船所で建造されたが、海運国イギリスが誇る世界最大の豪華客船で、クルーズと大西洋横断航路の両方に使えるように設計されている。船内はレストラン、社交場、劇場、プールなどが配置され「浮かぶホテル」といわれるように設備が整っている。
(1978年4月作画)
 
40 スピリット・オブ・ロンドン
SPIRIT OF LONDON(イギリス)
1972年建造・17,370総トン
 もとの設計では傾斜型であったマストと煙突が、直立式に直され、全体的に流線感を少なくするように修正された。北米西岸を起点として、メキシコやアラスカ方面のクルーズに従事している。
(1977年10月6日作画)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
981位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
11,029

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
6.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
7.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から