日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 生物科学.一般生物学 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


(2)ヤドカリのくらし
ヤドカリとイソギンチャクはなかよし
 ヤドカリは、貝殼(かいがら)をせおっていても大きな魚やタコなどにかみくだかれ、食べられてしまうことがあります。そのような敵(てき)から身(み)を守る(まもる)ため、毒(どく)をもったイソギンチャクをはさみや貝殻につけるヤドカリがいます。別々(べつべつ)の生きものどうしが互い(たがい)を必要(ひつよう)としながらくらしていることを「共生(きょうせい)」とよびます。はさみにイソギンチャクをつけて共生している種類(しゅるい)には、トゲツノヤドカリがいます。貝殻にイソギンチャクをつけて共生しているヤドカリとして、イボアシヤドカリやケスジヤドカリなどが知られています。貝殻にイソギンチャクをつけるヤドカリの仲間は、引っ越し(ひっこし)するとき、いままでせおっていた貝殻についたイソギンチャクをじょうすにはがし、新しい貝殻につけかえます。
 
トゲツノヤドカリ Diogenes edwardsii とヤドカリコテイソギンチャク Pycnanthus paguri (矢印)
 
イボアシヤドカリ Dardanus impressus ベニヒモイソギンチャク Calliactis polypus (矢印)
 
ケスジヤドカリ Dardanus arrosor とヤドカリイソギンチャク Calliactis japonica (矢印)
 
貝殻(かいがら)に入らないヤドカリ
 ホンヤドカリ科(か)のヤドカリの中には、貝殻(かいがら)をせおわない種類もいます。カンザシヤドカリの仲間(なかま)がそれです。この仲間は貝殻のかわりに、ゴカイのなかまがつくった、岩にはりついているかたい管(くだ)(棲管(せいかん))に入ります。ふだん、管の先端(せんたん)から顔やはさみを出してくらしています。他のヤドカリのようにいろいろなところを歩きまわることが少ないため、このなかまは小さな羽(はね)のような毛がたくさんついた触角(しょっかく)をふりまわし、流れてくる小さな餌(えさ)を集めて(あつめて)食べます。
 
ニシキカンザシヤドカリ Paguritta gracillipes (写真提供/鷲見美穂)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
993位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
11,103

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
6.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
7.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.海のウルトラ生物?イカのびっくり博覧会? 助成事業完了報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から