日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


カッコ制作
 
 平成10年に、泊の船大工、舘喜代松氏が制作したカッコです。(当館依頼による)
 制作工程は、目代氏が写真に記録しました。
 今回制作されたムダマ(船底部材)は、接ぎ合わせのないものです。普通は材が足りない為、左右2枚を接ぎ合わせたり(チョウアワセ)、両端に材を付け足したり(ツケギ)します。
 1枚のムダマは大変貴重です。
 
 
 
主要目
全長560.0cm、全幅82.0cm、高さ41.0cm
 
材料
■ムダマ・・・ブナ材
■カイグ(タナイタ)、ミヨシ、トダテ、トコ、化粧板、イタゴ、タカマ・・・スギ材
■シパント(アバラ)・・・ヒバ材(根まがりの材)
■クルマガイ・・・ヒバ材
 
材料の準備
 カッコの標準的な大きさは、ムダマの長さで15尺で、船によって2〜3寸の大小があります。
 他の地域で使われる船より、比較的船幅が狭いので1本の原木を中央で割り、2枚のムダマをとる方法が一般的です。このときムダマの幅が少し足りないと、両端に付け木(ツケモノ)をします。
 今回のムダマは、接ぎ合わせがなく1枚です。
 
 
 
チョウナダテ(儀式)
 現在、ムダマの原木は船大工が用意しますが、昔は漁師自身が山取りし、船大工の仕事は、アラドリしたムダマを仕上げることから始まりました。
 その名残で、ムダマの整形前にこの儀式が行われます。船大工自身が供え物をして行います。
 
 
 
ムダマの整形
 チョウナとモッタで内側を掘ります。
 曲面を掘りやすくするため、道具の柄は湾曲しています。
 
 
 
ムダマの底部分を整えます。
 まず余分なところを、マサカリで荒く削り落とします。
 







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,056位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
4,519

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
5.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
6.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
7.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から