日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


イカ漁(出漁)
 
 
撮影:昭和40年
 
 
■イカの全盛期―昭和15〜40年の記録―
 泊の前沖は、三陸海岸第一の豊漁地で、7月〜12月頃まで、午後3時半頃、イカ釣り漁船がエンジンの音を響かせ、いっせいに出港しました。
 男性は船に乗り、女性、子供、老人はオカで見送りました。
 イカ釣り漁船には1000kw以上の電球が何十個もつけられ、泊の前沖は何百隻のいさり火で明るく照らされました。エンジン、ラジオ、無線の音が交わり、その情景は一大歓楽街に例えられました。
 一晩漁をした船は、夜明けとともに大漁旗をなびかせ、家族の出迎える港へ帰ります。普通は朝4時頃戻りますが、運良くイカの群れに当たると、出漁から2時間くらいで戻ることもありました。船が港に着くと、エンジンの響きやかけ声が騒然となり、急にあわただしくなります。百姓でも関係なくみんな手伝いに浜に集まりました。中学生も女性も重要な労働力で、リヤカーや背負いかご(もっこ)で船からイカを荷上げし、家まで運びました。
 昭和40年頃までは、中学以上の男子はほとんどが船に乗り、一家の経済負担を担っていました。
 
 
港の様子
撮影:昭和48年
 
 
撮影:昭和46年
 
 
 港がまだ整備されていない頃で、現在のように船を海に係留しておくことができず、基本的に浜に上げていました。なぎの時には、夜の出漁まで、日中ずっと海に浮かべたままにしていました。
 船に縄をかけて、コロを敷いて、人力で、カグラサン(ろくろのようなもの)で浜に上げる作業は1時間以上かかる大変な仕事でした。
 このころは、ほとんどの船が、陸上げするのに都合がいいように、スクリューが上げ下げ出来る造りようになっていました。(上下装置付きの船)また、台ずりするので、船の底の部分がすり減らないように、固いカシの木のスベリを取り付けました。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,056位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
4,519

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
5.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
6.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
7.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から