日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

初級講習用指導書(電気装備概論編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2・3 船体の区分け
 船の種類により一定はしないが、一般的に次のとおり大別される。
(1)操船・航海用諸室
(2)居住区域
(3)機関区域
(4)船首倉・船尾倉
(5)貨物倉(貨物船、貨客船等の場合)
(6)旅客室(旅客船、貨客船等の場合)
(7)魚倉、魚獲物の処理場(漁船の場合)
(8)船底部(二重底又は単底)
 これらの区画は、船の長さの方向に隔壁で区切りされ、上下の方向では甲板で区切りされている。更に、これらの区画は必要に応じて、小区画の倉庫、室等に区切りされ、これに通ずる通路、入口及び扉等があり、貨物倉庫等の上部甲板には、貨物等の積降ろしのためのハッチが設けられる。
 次に貨物船の一例について以下簡単に述べる。
2・3・1 諸室、倉庫、通路等
(1)操船・航海関係室
 操舵室、海図室、無線室、かじ取機室等がある。
(2)居住区域
 船員常用室として船長、船員の専用する寝室、食堂、食器室、糧食庫、洗面所、浴室、便所、病室、医務室、賄室等とこれらに通ずる通路がある。
(3)機関室
 主機関、ボイラー補機関等が設置されるが特殊なものとしてここから後部中間軸に沿って軸路及びここから上甲板に通ずるエスケープトランク(逃げ出し通路)等がある。
(4)倉庫類
 貨物倉(cargo hold)は積荷の種類に応じて内部の設備は異なる。船首尾倉は名称のとおり船首及び船尾端に設けられ清水等を入れる。船首倉と接して錨鎖庫がある。また、小室の倉庫として甲板用諸器具、滑車類、救命具及び索類を格納する倉庫等がある。
2・3・2 隔壁、甲板等
(1)隔壁(bulkhead)・水密隔壁(watertight bulkhead)
 隔壁には部屋の単なる仕切りのものから、船体強度強化と浸水防止の役割も有する水密隔壁があり、その主要なものの名称は(3)に示すとおりである。
(2)甲板(deck)
 甲板の名称は、大型船の一例であげれば(3)に示すようなものがあるが、小型の船になれば種類はもっと少なくなる。
(3)隔壁・甲板の名称と配置概要図
(a)隔壁
(い)船首隔壁 (ろ)倉内隔壁 (は)機関室隔壁 (に)船尾隔壁
(b)甲板
(イ)コンパス甲板 (ロ)航海船橋甲板 (ハ)端艇甲板 (ニ)遊歩甲板 (ホ)船橋楼甲板 (へ)船首楼甲板 (ト)船尾楼甲板 (チ)上甲板 (リ)第二甲板 (ヌ)第三甲板
 
(拡大画面:20KB)
図2・7 隔壁・甲板の名称と配置概要図(大型船の一例)
 
2・3・3 防火構造上の仕切りと区域
 船舶防火構造規則(2・9・6、消防設備参照のこと。)に次の仕切り、区域が定められている。
(1)A級仕切り(2)B級仕切り(3)C級仕切り(5)制御場所(6)居住区域(公室を含む。)(7)業務区域(8)貨物区域(9)機関区域(10)特定機関区域(11)車輛区域等
2・4 船の断面とその説明(貨物船の一例)
 図2・8−1及図2・8−2で見るとおり、船は船殻を構成するいろいろの部材で建造され、これらは前述の規程や規則に基づいて、安全、保安の面から十分力学的に計算されたものである。また、その船の使用目的に応じて使いやすく適当に艤装品を配置し、船の運航にあたっては経済性も考慮されている。
 外板は船の最外殻で最も主要な部材であって、船底には単底と二重底とがある。二重底の場合は坐礁等の損傷浸水をある程度防ぐことができる。各部の水密隔壁は竹の節の役目をし、変形に強く、また、船首隔壁は衝突の際倉内浸水を部分的に制限して船全体を助ける意味がある。上甲板は縦応力に対し力学的に主要部材であるとともに、波浪や暴風雨に耐える十分の強度にしてある。船倉、機関室囲等はそれぞれ貨物、機関等を受入れ、振動衝撃に耐えうる構造にしてある。船尾骨材はプロペラの振動と応力に耐える構造としてある。その他アンカー、荷役装置並びに行先を表す国旗、自国の国旗等を配置し、夜間航行時は海上衝突予防法によった航海灯(マスト灯、げん灯、船尾灯)がかかげられ、レーダー、無線方位測定機、無線機等のアンテナ等が適当に取付けられている。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
256位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
45,246

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.初級講習用指導書(電気機器編)
3.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
4.中級講習用指導書(電気計算編)
5.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
6.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
7.中級講習用指導書(試験検査編)
8.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
9.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
10.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
11.航海用レーダー等 装備技術者の特別講習用指導書
12.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
13.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
14.船舶電気装備資格者名簿
15.しおり(資格制度と特定のサービス・ステーション等の制度)
16.平成13年度 危険物の海上輸送時の事故対応策の研究報告書(その1)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から