日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書(原寸型・定規)

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


5.3.2 曲げ条材:Curved Section
 条材の曲加工には3要素がある。すべて含まれるのが、曲り外板付きロンジ・フレームで、以下このロンジを例として説明する。
 3要素とは[図5.3.4 ロンジの曲げ加工]に示した:−
●ロンジの平面曲り:ウェブの面内曲げ+フランジの面外曲げ
●ロンジの側面曲り:ウェブの面外曲げ+フランジの面内曲げ
●ロンジの捩じれ:断面全体の捻り
であり、この3要素が混じり合った加工になる。加工手順としては:−
1)平面曲げは、横押しプレス(フレーム・ベンダー)で冷間成形をおこない
2)側面曲げと捩じりは、撓鉄定盤上で線状加熱で同時に成形する
のが、一般的である。この作業の便宜のためとして、曲げ条材に限って腹マーキンにする造船所が多いようである。
 
(拡大画面:10KB)
図5.3.4 ロンジの曲げ加工
 
 [図5.3.5 曲フレームー品図]に2例を示す。いずれも、別冊『現図展開』で説明した「逆直線曲げ」によっている。
 上の例は型鋼:200ピッチ割り込みの2本逆直で、逆反り。平面曲りのみ。
 下はビルトアップ:フレーム位置の逆直1本で、正反り。捩じりあり。
 この捩じり加工のため[図3.2.9 ロンジ捩型治具]でセットする[図5.3.6 ロンジ捩じり型]が、曲り外板の展開図に曲型のように、この一品図に付属する。
 
(拡大画面:72KB)
図5.3.5 曲フレームー品図
 
(拡大画面:20KB)
図5.3.6 ロンジ捩じり型







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
101位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
125,324

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.アルミニウム合金船の設計・建造の要点
2.平成14年度通信教育造船科講座受講者募集のご案内
3.平成14年度通信教育造船科講座のしおり
4.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)実施要領
5.船殻設計
6.船殻設計(学習指導書)
7.平成14年度通信教育造船科講座添削問題
8.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング試験問題
9.通信教育造船科講座正解集(平成14年度)
10.船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究 成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から