日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書(原寸型・定規)

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


(拡大画面:84KB)
表5.1.19' 曲り外板ブロック板継仕上寸法表
 
 さきに手作業ベースの方法を[図5.1.8 中央フレーム基準マーキン]で説明したが、数値現図適用でのコストパフォーマンスの高い曲り外板システムのみを先行導入するときや、数値現図に切り替えても組立工程は慣れた方法がよいとする場合は、これまでの中央フレーム基準に置き換えるとよい。
 [図5.1.20 曲りブロック基線変換]に、その基本を示す。
 さきに説明した[図5.1.15 曲りブロック基準格子]の基準格子線から、中央フレームの弦と弧を追って縦基線とし、この弦の垂直2等分線を見透線兼横基線と置けばよいのである。
 形状確認は、この中央フレームと見透線を縦横基線として[図5.1.21 曲りブロック形状確認(中央フレーム基準)]の要領で行い、仕上マーキンは同じく[図5.1.22 曲りブロック仕上マーキン(中央フレーム基準)]のようにガース長を追うのである。寸法表項目も、さきの定盤基準と同じで、内容は基線が異なり、結果寸法数値が変わるのみ。仕上がりは同一となる。中央フレーム基線は、弦と弧のどちらでもよいが、バックセットのない弦の方を主にしている。
 
図5.1.20 曲りブロック基線変換
 
図5.1.21 曲りブロック形状確認(中央フレーム基準)
 
図5.1.22 曲りブロック仕上マーキン(中央フレーム基準)
 
演習題:−
 曲りブロックの仕上マーキン定規で、定盤基準と中央フレーム基準では、どのような形態上の差違が生ずるか?
  







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
100位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
129,575

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.アルミニウム合金船の設計・建造の要点
2.平成14年度通信教育造船科講座受講者募集のご案内
3.平成14年度通信教育造船科講座のしおり
4.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)実施要領
5.船殻設計
6.船殻設計(学習指導書)
7.平成14年度通信教育造船科講座添削問題
8.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング試験問題
9.通信教育造船科講座正解集(平成14年度)
10.船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究 成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から