日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書(原寸型・定規)

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


(拡大画面:78KB)
図5.1.6 定点治具図
 
 並べる板継枚数はD×E×Sの3枚で、板厚はいずれも10.0([図5.1.4 ピン治具上端]の図のHがA点なので、この量で治具高さを近似的に補正する)。
 シームとバットの交点は、□内に記された最短位置定点からの±シフト値で示され、その点の高さ=Hで与えられている。
 
 ピン治具を採用せず、つど支持材を準備するのであれま、配置を定点とする意義はなく、直接シーム位置支持とする方がよい。
 この在来方式を[図5.1.7 シーム治具]に示す。
 縦位置(イ)(ハ)(ホ)がシームで、(ロ)(ニ)は板央の補助位置、(ロ)位置は治具定盤の基線を兼ねている。横位置はフレーム線が選ばれ、支持点は基線からの追い寸法で指示される。
 支持高さは、その近傍に( )内に示され、その数値を眺めてみると、組立姿勢は首端が低く尾端が高い。いわゆる「正面ナリ」、つまりに平行の定盤面で採寸しているのが判る。
 このように外板全体の傾きが均されていず、組立サイドに立てば、いささか不都合であるが、フレーム面が定盤に鉛直で解りやすく、手作業現図では、この程度が実際的であろうか。
 
 ちなみにブロック建造法初期の曲り外板板継支持は、どうしていたか。
 ブロック板継全体を一枚の外板と見做した見透曲型に相当する大きな治具型を組付けていた。外板面は削り合わせでなく、当然に角出し(つのだし)だった。
 
(拡大画面:53KB)
図5.1.7 シーム治具
 
 この型を組立定盤上に立揃えて、空間に外板面を仮想できるようにし、それに合わせる適当な支持材を整備したものである。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
101位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
126,050

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.アルミニウム合金船の設計・建造の要点
2.平成14年度通信教育造船科講座受講者募集のご案内
3.平成14年度通信教育造船科講座のしおり
4.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)実施要領
5.船殻設計
6.船殻設計(学習指導書)
7.平成14年度通信教育造船科講座添削問題
8.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング試験問題
9.通信教育造船科講座正解集(平成14年度)
10.船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究 成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から