日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

平成14年度(2002年)研究報告

 事業名 医学医療に関する研究助成
 団体名 笹川保健財団  


間欠的鎮静 間欠から持続鎮静へ移行 初回から持続鎮静
61.6% 24.6% 13.8%
(n=610)
図1 鎮静の種類
 
表1 対象患者の背景因子 (n=852)
性別(人) 男性 368
  女性 484
平均年齢(歳)   63.9±12.7
  男性 64.8±12.9
  女性 63.0±12.5
原発部位(人)    
  140
  大腸 139
  137
  乳房 104
  41
  39
  食道 36
  卵巣 33
  頭頚部 32
  子宮 25
  その他 263
 
表2 沈静の理由
呼吸困難 36.2%
全身倦怠感 23.6%
不穏 せん妄 35.9%
疼痛 8%
嘔気 嘔吐 2.3%
痙攣 1.8%
 
表3 輸液の種類と鎮静の有無
  鎮静施行群(n=98) 非鎮静群(n=92)
非輸液群(n=55) 26 29
輸液施行者群(n=135) 72 62
電解質輸液(n=75) 32 43
高カロリー輸液(n=60) 40 20
(n=190)
 
表4 輸液施行群、非輸液群における鎮静の理由
  非輸液群
(n=26)
電解質輸液群
(n=32)
高カロリー輸液群
(n=40)
呼吸困難 65.4 24.3 25.6
全身倦怠感 15.4 4.9 18.0
不穏 せん妄 3.8 46.3 33.3
疼痛 0 14.6 17.9
嘔気 嘔吐 0 7.3 2.6
痙攣 7.7 0 2.6
(%)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
88位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
139,150

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.病院概況表(補助金申請用)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から