日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


◆やむなく「現状」承認
 もちろん、北朝鮮のこれらの新しい方針は、いずれも事前の態度表明の域を出るものではない。とりわけ後者については、核燃料再処理工場を含む原子力施設に対する査察の「全面的な実施」に伴う問題が残されている。北朝鮮としては、この問題をめぐって、改めて対米直接交渉を試みたいところである。したがって、在韓米軍の核撤去などの前提条件が取り下げられても、すべての問題が解決されたわけではないのである。
 しかし、突然の政策変更は、昨年九月に訪朝した金丸・田辺代表団への対日「早期国交樹立」提案で経験済みであり、それ自体を異とするに当たらない。われわれはすでに「北朝鮮の公式見解よりは、パワーポリティクスの論理を重視して、今後の事態を観察するべきである」(本誌・昨年一〇月二三日号)との貴重な教訓を得ていたのである。今回の政策変更でも部分的にしろ、北朝鮮はやむを得ず「国際政治の現状承認」に踏み切ったとみてよいだろう。
 事実、国連同時加盟についていえば、今年こそは単独ででも加盟を申請するという韓国の決意が固く、国際的にもそれを阻止することが不可能な情勢に追い込まれていた。また、IAEAとの保障措置協定についていえば、それなしには日朝交渉が進展せず、米朝関係の改善もあり得ないことが明白になっていた。これ以上前提条件に固執すれば、IAEA理事会で特別査察を要求する北朝鮮非難決議さえ採択されかねない。
 他方、仮に北朝鮮が核燃料再処理工場を含む原子力施設の全面的な査察を受け入れれば、テロリズムや人道問題が事実上棚上げされ、日朝交渉が急速に進展する可能性もあり得なくないのである。そうなれば、米朝関係も大幅に改善され、中韓関係がそれに続くことになる。日朝交渉の垣根が高められてきた結果、今や日朝交渉の障害がほとんどそのまま、米朝関係改善の障害になっているからである。
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
494,853

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から