日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


◆戦略上の目標は「生き残り」と「対南の解放」
 日本でもアメリカでも大きな誤解があるが、北朝鮮は地域覇権を求めているのではない。つまり金正日はサダム・フセインではない。彼の関心は朝鮮半島に限定されている。ノドン、テポドンの目的は、軍事的には朝鮮半島有事の際、日米からの韓国への支援、とりわけ米軍の展開を遮断することにあるのである。
 北朝鮮の戦略上の目標は二つある。一つは自身の「生き残り」、つまり軍事的な安全を確保したいということである。通常戦力では韓国に勝てないことははっきりしている。そこで非対称戦略、つまり一方で核やミサイル、他方では特殊部隊やゲリラ戦という両極端に戦略の重点を置いているわけである。
 もう一つの戦略目標は「対南の解放」である。これについてはわれわれが考えているよりはるかに真剣で、しかも、後述するようにそれが不可能ではない、という彼らなりの論理をもっている。テポドンの問題は実はこの「防御」と「攻勢」の二つの戦略目標と密接にからんでいる。つまり北朝鮮はミサイルを交渉の武器にして一気にゲームの局面を転換するチャンスをさぐっているということなのである。
 したがって、ある日突然、日本列島にミサイルが飛んでくるということはない。換言すれば、朝鮮半島が平和であれば日本だけが攻撃されることはありえない。第二次朝鮮戦争が発生したとき、ミサイル攻撃の可能性が生まれるのである。これは北朝鮮問題を考えるときの重要なポイントである。日本の安全を確保するために最も重要なことは、朝鮮半島に安定的な平和体制を構築することなのである。
 では、北朝鮮が考えている局面の転換とは何か。それがいま彼らが要求しているアメリカとの「平和協定」であり、「米朝国交正常化」にほかならない。
 彼らは米朝間が正常化すれば、日本は必ずついてくると考えている。そうすればそれなりの「賠償」が入ってくるから、資本や技術によって経済危機も一段落するという期待がある。
 しかし、それ以上に重要なことは、日米との関係が正常化すれば韓国が大混乱に陥ると見ていることである。私はこれまでに三回北朝鮮を訪問しているが、彼らも自分たちより韓国のほうがはるかに経済的に発展していることは承知している。しかしその理解の仕方は独特である。韓国が繁栄しているのは日米が援助しているからであり、自主性をもった自分たちが日米と国交を正常化すれば植民地的な体質をもつ韓国はすぐに崩壊してしまうと考えているようである。
 したがって彼らにとっての最大の問題は、どうすればアメリカと平和協定を締結し、国交を正常化できるかということであり、そのための最大の手段が核やミサイルの開発なのである。
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
494,853

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から