日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海上保安国際紛争事例の研究 第3号

 事業名 周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5
2 領海と外国船舶の通航権
(1)東南アジアの海賊・武装強盗の問題を考えるとき、その大半の犯罪行為は沿岸国の内水又は領海で行われている。しかし、沿岸国がこれを取締り、処罰することができない場合、結局、その犯罪行為は放置され、抑止効果を持たないことになる。この種問題に、国際法はどのような枠組みを備えていると考えるべきであろうか。この点について若干考えてみたい。
 
(2)領海に関する海洋法上のルールは、領海に対する沿岸国の主権と外国船舶の通航権との調整を図ってきた。領海においては沿岸国が領域主権を有し、そこでは沿岸国による排他的権能の行使が認められているが、他方、そこでは外国船舶は無害通航権を享受するものとされ、そのかぎりで沿岸国の権能行使は国際法上の規律に服することになる(国連海洋法条約第2条及び第17条)。そこでの主たる論点は無害と有害との区別であり、沿岸国は無害通航を妨害してはならないとされ(国連海洋法条約第24条(1))、沿岸国は自国領海内の外国船舶の通航を受忍しなければならない。無害通航権を行使する外国船舶に対して沿岸国が干渉しないことにより、通航権を保障するという枠組みであった。それは、消極的意味における通航権の保障であったということができる。
 それに対して、外国船舶の通航権を確保するために、沿岸国は積極的対応が要求されるのか、が問われなければならない。領海内における外国船舶の通航の安全を確保するために沿岸国に具体的、積極的措置をとる義務の問題である。この点に関する海洋法のルールをたどっておくことにしたい。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
190位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
67,012

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.平成13年度 貿易手続簡易化特別委員会報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]



この成果物について語り合う


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から